俳句

2022年12月 7日 (水)

自句自解55  座布団で足りる・・



実際に見た風景なのか
映画や小説で知った景色なのか定かではないが

野良着の若いお母さんが田んぼの畦に座り込んで赤ん坊にお乳を含ませている
田仕事の休憩時間だろうか。それとも突然赤ん坊が泣きだしたのか

お腹いっぱいになった赤ん坊は、今風に言えば「ベビーバスケット」
たしか「つぐら」と言ったとおもうけど
藁で作った鳥の巣の親玉みたいな籠に寝かされる。
母さんは仕事に戻る。

ああ。きっと、実際には見ていないわね。映画や小説の世界ね。
だって、私が小さい頃には「保育所」がちゃんとあったもの。
なぜ「つぐら」を知っているかといえば、それに見立ててお人形さんごっこをしていたからだわきっと。

 

  座布団で足りる赤ん坊年の暮
(ざぶとんでたりるあかんぼとしのくれ)2012・12月

 

G坊、生後9か月の「子の子」
座布団の対角線にドカリと寝かされて・・そんなサイズだったんだ。
赤ん坊を横目で見ながらバタバタと暮れの支度をしていた頃。

それにしても昔のお母さんは偉かったなあ。


季語・年の暮(仲冬)十二月も押し詰まる。
この世が終わるわけじゃないけれど何か気忙しい気分。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (2)

2022年12月 6日 (火)

自句自解54  身を揺らせ・・



 

  身を揺らせ歌ふゴスペル冬ぬくし
(みをゆらせうたうごすぺるふゆぬくし)2011・12月

 

これはもう、私の偏見以外のなにものでもないのだけど
ゴスペル歌う人って・・・ふっくらさん・・が多い

エンジェル!貴女の事言ってるんじゃない。

亀淵友香さん。そそ「リッキー&960ポンド」の!
亀淵さんのイメージでそう思いこんでいるのかも。
それとも「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグが刷り込まれているからかしら。
決してエンジェルの事を言っているのではありません。

でもいつか貴女が送ってくれたゴスペル仲間の写真ね、全員親戚か?くらいに皆さん似てはった。フォルムが・・
「よく撮れてるね、上から〇段目の左から△人目でしょ?」
と言ったら
「それは男や!」と言ってひどく叱られちった。
あのときはごめんね。
もう20年も前の事やけど・・・

 

季語・冬ぬくし(三冬)は冬暖か(ふゆあたたか)の傍題。冬でもあったい日。それです。
冬と暖をひっくり返して暖冬だと、ひと冬ずっとあったかいという意味ですね。こちらも冬暖かの傍題となっています。
「暖か」だけなら春の季語となります。


声のいい人はふっくらさん暖かい人が多い。
アタクシの偏見。

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

自句自解53  背な丸き・・・



 

  背な丸き象徴天皇十二月
せなまるきしょうちょうてんのうじゅうにがつ)2016・12月

 

2016の作だから、この句の天皇は先の昭仁天皇のことでありまする。
天皇や天皇制を云々するつもりはないですが
どうでしょ、そういう立場の方ってどうなんだろ・・・

他に選びようがない境涯って私ならおそろしいわ。
(裕仁天皇が)神ではなく人だと宣言したのに
人としての権利や自由をを与えられることなく・・・

こんなこと書くとカミソリ送られるかも(;´д`)
「お気の毒」と思うのは赤子の思い上がりですお許し召され。

そんな気持ちに立ったうえでの↑の句です。
リベラルな発言ゆえに(例えば・・憲法に則ってとか)
わたしは、それは当たり前のことを言っておられるだけだと思うけどそうでない考えのひともいるわけ。
まあ。ご苦労の多い30年だったと思います。

ブログに「天皇」というワードを入れただけで不敬罪になる世の中にはまだなっていないので、今のうちに俳句を出しておきましょう。
これでも気ぃ遣うて要らんことは書いてませんねん。
わが身大事やから。

先の天皇さんのお誕生日は12月23日でした。

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

自句自解52  聖菓切る・・・



 

   聖菓切る書類嵩なすオフイスに
(せいかきるしょるいかさなすおふぃすに)2018・12月

 

休日出勤させられた女事務員さんが、山積みの書類を抱えて叫ぶテレビコマーシャルがある。
「昭和かよっ!」
彼女は今では死語となった「OLさん」でバブリー時代の色濃くのこる前髪下ろしのお揃いのベストの制服。

そうなんですね。
今どきこの風景はあり得ない
髪の型ではなく、「紙の書類」なんて・・
帳簿という言葉も死語なのかな。

・・・・・

季語・聖菓(仲冬)
菓ではなく菓。クリスマスケーキのことです。
歳時記に季語として採用していたり、してなかったりのようですが
Xmas=ケーキを食べる日だった昭和のこどもにはビンビンと胸に応える季語なのです。

 

年末の仕事で皆が気ぜわしくワチャワチャしているオフィス。誰かがケーキを買って来た
大きな大きなケーキ。
もしかしたらお得意様のお歳暮代わりの差し入れかもしれない。
山積みになった書類の、その山の天辺にケーキを置く。

しばし手を休めてみんながケーキの周りに集まる。

・・・・・・・・

 

バタークリームで作ったバラの花がカチンコチンだったクリスマスケーキ
なぜか仁丹の小粒のような銀色のものがくっついていた。
ケーキなんて、あ~た。めったに食べられなかった
そんなクリスマスケーキ。ああ昭和。
はやくお嫁に行かなきゃ25日のケーキって言われた

馬鹿にするんじゃないよ!昭和め。

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

自句自解51  ポケットに去年の・・



 

  ポケットに去年のチケット皮コート
(ぽけっとにこぞのちけっとかわこーと)2019・12月

 

今月の兼題が「コート・オーバー」なので調べてみるとこんな句を作っていました。
今どき、レザーのオーバーコートなんて誰も着てません。
でもあたし、持ってるんだよね。
バブルのころ買いました。エミリーと色違いで。
あたしは黒。彼女は茶色
高かったんだよ。30万円!あの頃、あたしお金持ちだった。
とういか、日本国中がお金持ちだった。バブルで浮かれていた。
ハハハハハ(乾いた笑い)

「あれ(コート)、どうした?」とエミリーが訊く
「箪笥の肥やし」と私

何しろあの時代だから、肩パットですよ。肩パット!
笑える。
彼女は専門店にリフォームに出した。7万円もしたって!
当節の世間様に笑われないデザインになりました。
「いい革ですねえ・・・」って褒められたって。
私にも勧めてくれたけど気乗りがしない。7万円あればユニクロでコートが何枚買える??

そんな・・はかない思い出に浸っていないで今月の俳句作らなくっちゃ!

 

 ⇓このコートだよ。
バブリーな頃の肩パットおたまちゃん

 3

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (2)

2022年12月 2日 (金)

自句自解50  もう十八・・



 

  もう十八まだ十八の子日向ぼこ
(もうじゅうはちまだじゅうはちのこひなたぼこ)2005・12月

 

法律が変わって「十八歳」はもう大人なんですってね。

アタシにもあったですよ。十八歳。
そそ。鬼も十八番茶もでばな・・誰が鬼やねん!
クソ生意気でとんがらがっていた自分の十八歳を(恥ずかしすぎて)思い出したくもないのだけど
私のばやい、自分が「大人」だと自覚したのは三十歳を過ぎていたわ(威張ってどないすんねん)

青春ってその真っただ中いる時はそれが何なのかわからない。
青春とはなんだ!と石原慎太郎に訊かれてもねえ。
ラグビーボールを抱えて夕陽に向かって走る。がむしゃらに?

「青春とは徒労の季節だ」と言った作家がいた。石川達郎だっけ?
そこでは何をしてもかまわない。もがいても突っ走っても・・

何をしなくても?何もできなくても?


キラキラして眩しい
と言われた(私を含む私達の事)

でも当人(これは私の事)は苦しかったよね
何の希望も無かった私の十八歳。クスン。

・・・・・・・

 

季語・日向ぼこ(三冬)

俳句では字数の関係から「ひなたぼっこ」を「ひなたぼこ」と使うことが多いんだけど
「ぼこ」って何だろ。とヒマな私は思い悩み
そこでググってみますれば、元々「ひなたほこり」(今でも使うわね)だったのが
ほこり   ぼこり   ぼっこ になり
で、その「ほこり」は「誇り」「惚けり」の諸説がある
とのことでした。
「ぼこ」って方言で「小さな子」を指すこともあるそうで
十八歳に日向ぼっこはよく似合うかもしれない(自画自賛)

自分への不安と不満でもがく十八歳を穏やかな冬の日差しがやさしく包む。

句の中の「子」はうちの子ではありません。

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

 

| | | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

自句自解49  水の秋・・



2週間のご無沙汰でございました。
奥様に置かれましては恙なくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

あたし?
えへへ(〃´∪`〃)ゞ
クリスマスコンサートに向けて猛練習ちうさっ!
ちゅらい!しんどい!腰イワす(壊す)!
歌のグループなのに喉ではなく、腰イワす・・・
ま。ま。そんな日々です。

 

さて今日の俳句は

Dsc03749

もう冬なのに「秋」の句です。
古い写真がでてきたから・・・

 

  水の秋正座に対す多宝塔
(みずのあきせいざにたいすたほうとう)2022・10月

 

有名な寺社仏閣へいかなくても至る所で秋を堪能できるこの辺り。
「密」とは無関係。静かな秋の一日を楽しみましょう
関西圏に住む人の特権だね。といわれたことがあります。
写真のお寺も知っている人は知っているいわゆる「穴場」スポットです。

季語・水の秋(三秋)
秋の水ではなく「水の秋」
水そのものではなく秋の気配を指す広がりのある季語です。

写真の左前方に優雅な姿の多宝塔があり正面の池の水は清らかでした。
その水に光が当たり縁側の天井にきらききらと水紋が反射しています。
「水陽炎」(みずかげろう)っていうのよ。とその時初めて教えてもらいました。

教えてくれたS子さんが写真の人です。
10歳上の姉のような人。
傍らに自作の帽子・・
S子さんはオートクチュールのデザイン画をもとに服やドレスのパターンを起こし縫製までやってしまう人でした。
仕事が正確なのでプロのデザイナーさんに重宝がられていました。

写真はもう十年近く前かもしれません。

 

日本の建物って「直線」なのね。柱・障子の桟・畳の縁などが作り出す縦横の線の美しさ。
ゆるぎない安定感の「正方」
正座をする時の自分の心持ち。

奥様!正座。できない?ひっくり返る?
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (2)

2022年11月15日 (火)

自句自解48  遠吠えや・・



 

  遠吠えや一戸に一個木守柿 

(とおぼえやいっこにいっこきもりがき)2019・11月

 


冬に入り、あんなにたわわに生っていた柿の木に
柿が一個だけ取り残されているのをみかけます
木に対するお礼ような、命を継ぐ祈りのような
餌が少なくなった鳥たちへのプレゼントのような・・

Img_3951

柿は晩秋の季語ですが木守柿は初冬の季語になります。
「きもり」「こもり」どちらで読んでもいいそうです。


鳥獣狩猟の解禁日は毎年決まっているのでしょうか
一般に11月の中頃だと思います。
木守柿が見られるようになると猟期がやってきます

狩猟に連れて行く犬にもその時期がわかるのか
昔、オオカミだった記憶が呼び覚まされるのか・・・

 「軽トラに犬乗せ猟期来たりけり」

猟期も初冬の季語になっています
軽トラの賑やかなエンジン音。前のめり姿勢で運転する猟師さん。
助手席には飼い主にも劣らぬ気力十分の犬。

次次と林の中に入っていくのです。
私の知る猟犬たちは大体中型で、絶対にペットショップでは手に入らないタイプ
精悍な顔つきが、ものすごく、カッコイイです。

 

 

次の更新は12月1日の予定です。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (0)

2022年11月14日 (月)

自句自解47  吾のみが・・



今日は吟行句会で丹波の某所へ行きます
(ブログはいつも当日の朝に書いて、正午の予約投稿にしてますねんよ。知ってた?つーか。どうでもいい?)

 

今月の吟行幹事はアタクシ。きれいなだけの未亡人です。
新蕎麦が食べたい!それだけの理由で「満場一致の賛同」を頂戴し吟行の行き先が決まりました。
本末転倒。

 

 「吾のみが知る蕎麦処櫨紅葉」
(われのみがしるそばどころはぜもみじ)2019・11月

 

季語・紅葉(三秋)
紅葉したハゼの木は本当にきれい。ハゼ紅葉にはちょっとした思い入れがあります。
その昔、和ろうそくを作る町で詠んだ句がちょっと褒められちった(えへへ(〃´∪`〃)ゞ)
生まれて初めての吟行でした。ビギナーズラックっていうやつやな。
吟行といえばBANK。子規庵といえばおうどん屋さんと思っていた頃です。
東京からどかどかといらっしゃった皆さんが。やおら手帳と鉛筆をとりだされるのを
「あの方たち、何してはるのん?」と訊ねたあたくし。

ハゼの実は蝋燭の原料になるのですよ。

もう大昔のことです。

 

で。本日の句ですが「紅葉→秋深まる→新蕎麦」と連想していただければ嬉しいです。
中七・下五が漢字だらけでゴツゴツしていますか?
いいんです。

 

では。いってまいりま~~す。

 

(以下、11月15日追加しました)兵庫県丹波篠山市内

Img_8201 Img_8195 Img_8199 Img_8197

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

| | | コメント (1)

2022年11月13日 (日)

自句自解46  幼名で呼び止めらるる・・



  

  「幼名で呼び止めらるる町小春」
(おさななでよびとめらるるまちこはる)2014・11月

 

母が亡くなってから実家に、実家方面に戻ることもなくなった。
実家と言っても幼いころからそこで育ったわけではなく、都合6・7年をそこで過ごしたに過ぎないのだが、卒業した中学校があり今でも同級生の幾人かは地元に残っている。
友人や顔見知りのおばさんたち(ほとんど鬼籍だけど)は「ちゃん」付けで呼んでくれるし
私も、爺さんになってしまった友人に「〇〇坊」なんて呼ぶ。
結局、地元って家とか建物とかではなく人なんだろうな。


どうしても馴染み切れなかった私の「地元」
今でもあまり地理・地形がよく分かっていない。
(6・7年のうち3年間は京都で暮したせいかもしれない)

だのに友人に「〇〇がなつかしいわ」と言えばちゃんと調べて
「今、こうなってるよ、あのお店はないけど〇〇が残っているよ」
なんて見て来てくれて「今度案内してあげる」と言ってくれる

 

中学1年の2学期。転校生だった私を3人の友だちが代わる代わる自転車の後ろに乗っけて(私は自転車を持っていなかった)町案内をしてくれた。出身の三つの小学校をグルっと廻り紹介してくれた。
あの頃は校区も広かった。
途中で誰それの家へ寄ると、その子たちもついて来て結構な人数になった。

あたし、みんなに優しくしてもらったんだな。
いまごろ気づく。

 

 

季語・小春(初冬)

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧