俳句

2013年5月26日 (日)

さよなら五月



一年で一番美しい五月も残すところ一週間。

まだ柏餅食ってないよ。
グッ坊に兜飾りも出してやらなかったよ。

10日位前からホトトギスが鳴いています。うるさい

もう、夏は来ぬ・・なんだ。

こんなに季節が早く過ぎると、心が落ち着かないわ。
尻は重いのに、心ふわふわ

なんで「五月」やねん!
風邪引いて寝てた!ちゅうねん

え?何に怒ってるかって?

今月の兼題が「五月」ですねん。

 

 「切れ切れに海みえ五月の車窓かな」 

 

先月、姫路に行ったときの風景。
アカン。誰もが作りそうな句やな

008

 

久し振りに公園まで歩いて見ました。

 

モッコウバラが満開です。

 

007 プラタナスの根本に咲いているのは、一八(いちはつ)に似ていますが、外来種のようです。

 

公園はここを真直ぐあるいて、いきます。

 

 

 

 

二年前の春、近くの老人施設の入居者さんたちが、この公園でお花見をされていました。

 

 「花の下明治の人の座り胼胝」
 「ふらここの三人あわせ二百歳」

 

おじいさんと孫らしき小学生の女の子がやってきました。


 「じいさんの逆手懸垂はなふぶき」
 「夕桜逆上がりしてみせくれし」

 

女の子は覚えたての逆上がりを嬉しそうにしていました。

もうすぐ行く今年の春・・・
この公園に来るのも久し振りです。
季節は足早に去っていくのではなくて、受け止める自分がいなかっただけかもしれません。

 

 「白つめ草不意に光れば雀発つ」

 

なんでもないことでも、一瞬の発見はいたるところにあるのですから。

 


 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

美しい本



本を贈呈していただくことがよくあります。
だいたいが俳句関連ですが、知り合いの作家の方が絵本や詩集を贈ってくださることもあります。

その中でも先月届いた一冊はその美しさに感動しました。
中の作品はもちろんのことですが
魅力溢れる美しい装丁に胸が震えました。

ワタクシの俳句の先生のご本です

一周忌にあわせて上梓されました。

その(亡くなられる)一年前に上京してご自宅に伺ったとき、「最後の句集を出したい」と話されていました。
こういう大きさで・・こんな感じで・・

ああ、それはいいですね、それならバッグの中に入りますもの・・
と同人の方も賛成されていました。

あの時、夕刊を取りに行くといい訳をして、わざわざ玄関まで送ってくださいました。
東京でまごまごしていないか、兵庫の山奥から出てきた私の事を心配して、色々手配をして下さっていました。
「○○さんに良くして頂きました」と言ったら「そうですか」とものすごく嬉しそうな顔をされました。

先生のことを「清廉潔白」と誰もがこぞって言いました。

名は体を表す。といいますが
まさにこの本は先生そのもののように思えます。

画像では色・手触り・重さをお伝えできなくて残念です。
日本の伝統色は500以上あるそうですが、外箱は海松色。中は鶸茶色に近いかなと思います。専門家ではないのでよくわかりません。

017 12×16

 

先生。バッグに入りますよ。

 

018 019 020

 

021 ページをめくると若かりし日の写真

 

 

 

ドイツのデザイン財団主催の「世界で最も美しい本」コンクールで日本と中国共同制作の「魯迅の言葉」という本が銀賞を受賞したと新聞やテレビのニュースで見ました。
赤と白の二冊の本だそうです。
一度、手にとってみたいものです。

でも、私にとっては、この句集が
その人柄も、温かな思い出も、この本を手にするたびによみがえるであろう大切な一冊となりました。

先生にこの美しい本を見せて差し上げたかったと思います。


 


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

冬のバーベキュー



いや いや いや いや  
もう、信じられへんわ・・・何もかも・・

わが家から10km北に住むイサオちゃん家。
今朝の気温は0℃やった・・

冬かっ!

本日のお昼間の予想最高気温11℃

・・・なのに
イサオ家よりさらに10km北上した場所で

いや いや いや いや なんでやねん
まさか、まさかの

 

   ≪バーべキュー大会≫

 

おたまちゃん、(BBQ)あんなに嬉しそうやったやん?
それって、二年前の夏の話やし

ホンマ、年寄りの思い付きには付いていけないわ
とかなんとか、言いながら、思いっきり椎茸食べてやりました。
おかげで、なんか・・・気持ち悪い
椎茸って食べ過ぎたら気持ち悪いよね。

 

 「佐保姫の震へてゐたるバーベキュー」 おたま

 

佐保姫というのは淡い霞の衣をまとった、春をつかさどる神様です。春の季語になっていますねんよ。

昨日は我々が長い間指導を受けていた俳句の先生の一周忌でした。
東京ではどっかのホテルの会場で追悼俳句大会がありました。

当初、東京に行くつもりにしていたのだけど・・
諸般の事情でなぜかこんなところでバーベキュー大会
しかも、寒さにふるえながら。なんでやねん。

代表幹事おたま様が何度「え~~。本日は○先生のご命日でありますので・・」と言っても、みんなバーベキューに必死やねん。

ひと段落ついて、場所を移して句会。

この日の兼題は「大根の花」「花大根」です。

実は先日、京都山科で「諸葛菜」を見てきたので有利だったよ
130404015_convert_g

 

諸葛菜(しょかつさい)はディープな三国志好きにはタマラン花です。
で、花大根とも呼ばれますが、正確には「大根の花」とは全く別のものです。

そんなこと、どうでもいいじゃない。
「諸葛菜」で出してやったさ。ハハハ。

 「廃家より人出で来たり諸葛菜」 おたま

さらに、BBQのあと句会場に行くまでに詠んだ

 「県道直下三角畑の大根花」 おたま

これも、けっこう点が入っちゃったよ

そんなこんなだったけど、
句会の最後にイサオちゃんから
「先生へ黙祷を」のご提案があり、皆さん神妙に黙祷。

さすが、イサオちゃんやわ
「献杯」を忘れて、真っ先にビールを飲んだこと。ふかく反省するおたまでありました。

アレから、一年になるのね。
私ら、あのとき何も知らずに宇治の花見で遊び呆けてました。


 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

老人ホーム



今年の初旅・・初吟行は

 有料老人ホーム  でした 

ぷぷ

一年前の秋に句仲間のH子さんが入居された京都の老人ホームで宿泊させてもらい、
1日目は伏見のお稲荷さん
2日目は中書島を起点に酒どころ伏見の町
を散策するという行程です。

まず、H子さんのホームですが、
前回訪問した時に、素晴らしい施設&美味しい食事と言うのは体験済みなのですが、今回はプラス、大浴場に入浴&お泊りというワクワクコースでございます。

老人ホームでワクワク?
これが、結構ワクワクしますねん

ゲストルーム(有料)は男性陣はツインの洋室。女性はみんな一緒に和室を利用しましょう。ということにしたのですが、
その、和室というのが、15畳くらいの洋室(フカフカソファー付き)と和室の二間続きというもので、広々~~~~

句会をするには十分のスペースでした。

老人ホームだからね
行きかうかたがたは、それなりの年齢なのです。
皆さん、穏やかで、ゆったりした雰囲気です。

「とし行ったら、動作がゆったりするんや」
と申しましたら。

イサオちゃんが
「おたまちゃん。それはな・・・
  金持ちケンカせず  っていうねんで」

と教えてくれました。

確かに、この施設はある程度かなりの富裕層が入居されているようです。

カネモチケンカセズ
色々な意味の取り方が有りますが、ここでは
ゆとりのある人はこせこせしない。という意味。

H子さんは水彩画、書道のサークルのほかに週に数回ジムでエアロバイク(!)に乗っているそうです。
H子さん。もうすぐ80歳!!!

プールや卓球・バドミントンのできる体育館もあります。

バドミントンが出来るうちに入居せなアカンなあ・・

400所帯位が入っておられ、うちご夫婦での入居が160組とききました。
H子さんは単身です。
耳が少し遠くて、せっかくお風呂場で親しくなっても補聴器をはずしているので会話が出来ないと言っておられました。

お部屋(家)を行き来するような、お友達が出来た?
と訊ねると
おしゃべりは、サロンとかコミュニケーションルームがあるので、トラブルの原因になるような深いお付き合いは、みなさんされていないということでした。
長い間生きてこられた方の知恵でしょうか。

おしゃべりは沢山できるけど
おたまちゃんたちとするような

 無駄なおしゃべり

ができないのが、ちょっと寂しいということです。

無駄で悪かったわね
他愛の無い話でキャッキャいいながら
老人ホームの夜は更けていくのでございました。

 着ぶくれてどのポケットに切符ある

 鳥居から鳥居へ移り寒鴉

 

1301008_convert_20130122105140_2 こんなところへ、行ってきましたよ。

 

「京都殺人案内」とかには不可欠のロケーションやね。

名取裕子に間違えられそうに・・・・・・・・・・・・ならなかったわ。

当たり前やけど

ご案内は又、後日ね。


 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

七日



052_copy_2 今日は七日。
人日とも申します。

今日までが「松の内」ということです。

俳句では一日から七日までがそれぞれ独立した「新年」の季語になっています。

活気溢れる前日と打って変わる元朝を迎えた一日

張り詰めた一日が終わりふっと気を抜く二日
書初め。読み初め。稽古始。
初売り。初買い。
めでたく一年が始まります。

三日は楽しかった正月がもう終る寂しさ。

そろそろ世間が動き出す四日

正月気分が薄らぐなかにまだ松の内の華やかさが残る五日。六日

そして七日は七草粥です。
お正月のご馳走で疲れた胃にやさしいおもいやり・・
また、贅沢を戒める気分もあったようです。

こんなふうに、正月からを過ごす人々の時間に対する感覚、微妙な気分の移り変わり、外出先などで出会う風景のうつろい・・・

それらを一日・・・・七日と詠み込む。

そんなこと。

そんなこと。

そんなこと。

おたまには・・・・できまへん

 

考えても見てください。

1月1日午前9時からイオンは開いてる。
初詣に行っても晴れ着のお嬢さんなんていない。
子どものころは日本髪に結ったお姉さんがいたっけ・・・
ほとんど、みなさん普段着。

初荷ののぼりなんて、ここ何年もみたことない。
まして自家用車に輪飾りをつけているってめったにお目にかからない。
それどころか、玄関の注連縄だって玄関リースに取って代わる。
むしろ、やってないところが多い。

お正月だから、ご馳走を食べ
お正月だから、新しい服を下ろして貰う

わざわざ、そうしなくても、いつでもご馳走をたべ、きれいな服を着られるからね。

豊かに。そしてつまらなくなったね。

 

 「庭に来る目白眺めゐて三日」 おたま
  (ニワニクルメジロナガメイテミッカ)



 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

暑さ寒さも・・



Photo

昔の人の言うことに間違いはないですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」ってね。

朝夕、空気が冷たくなってきたけど、「今が踏ん張りどころ」やねんで!
未亡人おたま、いつまでTシャツ一枚で過ごせるか、
果敢にアタックしてみようと思うています。

「頑張る」ってそういうことと違うんかなあ・・
イヤ、語法をまちがえました?
違うんと違うかなあ・・

その前に「頑張りどころ」を間違ってるかなあ。

以前住んでいたところの近くの幼稚園では
裸マラソンが名物で、
真冬でも裸にはだしで園庭を駆け巡りますねん。

佐々木さん(友人)がその幼稚園でセンセしてて、NHKの朝の番組で放送されるから見てねといいました。

期待したのに、佐々木さんはパンツ一丁ではありませんでした。それどころか厚化粧。

そんな、したたかな佐々木さんが言うてはりました。
夏から秋の変わり目。ここが大事やねん。
ここで、子どもに頑張らせるねん。
お彼岸の頃が大事やねん・・・って

俳句では「秋暑」という季語があります。

夏を引きずっている「残暑」と違い、もう既に秋にはなっているけど日中は暑い「秋暑」。
お昼間のことを言っているのだけど、ひんやりする夜の空気を想像させる季語です。

「残暑」は初秋の季語として扱われ「秋暑」はその傍題として載っている歳時記が多いようですが、全く違うものだと思います。

な~んてね。
えらそうに言ってますが・・
なかなか、使い分けが難しゅうございますのよ。

 

 「赤信号に集まりて来し秋日傘」 おたま

 

なんだか、今日も日射しが強そうだけど、今からちょっとお出掛けしてきますわ・・。


 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

三田吟行・心月院


 「夫婦墓梵字一文字涼しかり」 おたま
   (めおとばかぼんじひともじすずしかり)

 

男前で金持ちでケンブリッジ大学卒業。身長180センチの明治の男は女性にもててもててどうしようもなかったそうでございます。
031_copy
右が白洲次郎(1902-1985)
左が妻・白洲正子(1910-1998)
先日、吟行で訪れた、三田(さんだ)の心月院にある白洲家の墓地です。

白洲家は学者の家で、代々三田藩に仕え、そこの殿様である九鬼家の菩提寺に墓所が設けられています。
「葬式無用。戒名無用」の言葉を遺した次郎でしたが、墓には言及しなかったらしく、妻正子のデザインによる墓がありました。

ガイドをしてくれたS郎ちゃんのご友人によると、この石は東京の高級料亭の庭にあった石橋を持ってきた・・そうなのですが真偽の程はわからないので、「教えてgoo」にチクらないでね。

次郎は梵字でカーン(不動明王)、正子のほうはキャ(十一面観音)と彫られています。

あたくし、さり気なく書いてますが、こんなことウィキペディアにも載っておりませんわよ。(なんてね、やや、自慢)

数年前の白洲夫妻ブームの影響で今でも訪れる人が結構いらっしゃるとか。
3・4年前ですかNHKのドラマにもなり、次郎の役は伊勢谷友介さんという、メチャ男前の俳優さんがなさいました。写真で見る限り実際の次郎さんもメチャ男前です。

吉田茂の懐刀として戦後政治の舞台に強く印象をのこし、実業の世界でも日本の復興に尽くした・・・
日本人で初めてジーンズを穿いた伊達男は
日本人で(おそらく)最初に原発を推進した人物であったということ・・これもウィキペディアには載っていないでしょう。(また自慢。何を張り合ってるねん!)

そうそう、墓石の話に戻りますが、次郎が東北電力の会長のときダムの建設現場(只見川柳津ダム)でカッコイイ石をみつけて、墓用に持ち帰ったという話もあります。
でも、「戒名も葬式も無用」と言った人が、そんなものにこだわっていたのでしょうか。
よう、わからんです。

白洲家墓所の上方には藩主、九鬼家代々の墓所があります。
22代までは一箇所にまとまっているのですが、23代当主はキリスト教に宗旨替えをしたため別の場所にあります。
(心月院は曹洞宗です)

参勤交代で江戸(東京)に留め置かれた婦人達の墓も明治以降には此方に移されています。

 

 「側室の墓は離れて夏落ち葉」 おたま

 

一昨日、三好達治のことに触れましたが
ゆかりの橋に碑がありましたので写真でご紹介しておきます
024_copy

 


 


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)



 

「 湯上りの電話蛍見のさそひ」 

「洗ひ髪少し冷えきし蛍狩」

 

当地では、毎年6月10日の前後2週間、蛍が飛び交います。
車で15分も行けば、素晴らしい蛍川を見ることができます。
今年は、例年に無く蛍の数が多かったそうですが、忙しくて見に行くことができませんでした。

三好達治に蛍の美しい詩があります。

 先日、三田(さんだ)の吟行で、実際に達治がおばあさんから蛍をもらったであろう場所へ行きました。
彼は幼い頃、いわゆる「口減らし」の為、兵庫県三田の祖母の家に引き取られるのです。 

 

「祖母」         三好達治

祖母は蛍をかきあつめて
桃の実のように合せた掌の中から           
沢山な蛍をくれるのだ

祖母は月光をかきあつめて
桃の実のように合せた掌の中から
沢山な月光をくれるのだ       

 

吟行レポートは次回に廻すとして、

 

「蛍」です。

 

竹箒をさっと振り回すと蛍がいっぱいくっついてきた。
葱の中に蛍を入れて「蛍かご」にした。
蚊帳の中に蛍を放して眠った。

子どもの日の記憶はいつまでも鮮明です。

蛍はオス・メスどちらも光ります。オスはお尻の二節、メスは一節が光るので強く光るほうがオスというわけです。

日本列島の西と東では光の明滅速度(間隔)が違います。
西のほうが短いです。
これは、気温と関係があります。同じ場所でもその日の気温で光ったり、消えたりする間隔が変わります。

雨が降る前の蒸し暑い夜。最も蛍が飛び交います。
20時ごろが一番の見頃で、それを過ぎると不思議なくらい光らなくなります。

この町に住んでいると、自称、蛍博士がたくさんおられ、上記のようなことを教わります。
住民の手で川の掃除をしたり、蛍の時期が終るまでは、川の周辺の草刈もガマンガマンです。

ところが、新聞で紹介されたりすると街(都会)から人がやってきます。しかも、虫かごと網持参です。
高級料亭やホテルなどの鑑賞用でしょうか、大きな掃除機のようなものでごっそり吸い込んでいるのを目撃した人もいます。

数年前、おばかな行政が村おこしのつもりか、宣伝行動?をしました。
たんぼに提灯をぶら提げ、屋台を出しました。
蛍の飛ぶ場所を明かりで照らしたのです。

さすがに翌年からは中止になりましたが。

そういえば、今年、住宅街の桜並木でも「桜祭り」と称して行政と商工会が同様に提灯、屋台、スタンプラリー、ブラスバンドにフラダンス大会をやっていましたっけ・・

去年までは、静かな散歩道だったのに・・

街灯が増え、車のヘッドライトが増え、年々蛍鑑賞の条件が悪くなっていきます。

植田に水が張られ、青カエルの声の中に牛蛙も混ざり、
むせるような栗の花の匂い。
そして新じゃが芋の美味しい頃。

みんな、蛍と結びつく季節感です。

たった十日の命を尽くして、蛍は我々を楽しませてくれます。

 

もうじき、夫の命日です。
丁度、蛍の時期と重なります。

 

 「手囲いの蛍夫かもしれず」 
      (テカコイノホタルオットカモシレズ)

 

昨日は、お寺さんに来ていただきました。
お墓参りもすませることにしました。
長男夫婦も一緒です。グッ坊は初めてのお墓参りでした。(寝てたけど)

 


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

孫俳句



今日のお花
019_copy
スィトピー/小さな喜び

「母親」や「孫」を詠む俳句は敬遠されます。
どうしても、「母モノ」はお涙頂戴になっちゃうし
「孫モノ」はベタベタのデレデレになってしまい勝ち。

「言い過ぎる」ことを良しとしない俳句では、感情の押し付けの句は成功しないのです。

だからと言って作らないのは不自然なことです。

「今」しか詠めない俳句は「今」詠んでおきたいものです。
わが子に子が出来る・・・なんて、これから先10回、20回あるわけないねんもん。

てなことで、今日は句会でした。
生まれたことを皆さんがご存知なので、ココで「子の子」の句を出すのは、「おたま」作がバレバレなのですが、ご祝儀相場を狙ってだしましてん。うふっ

 

 「二の腕に福耳の嬰春の宵」 
 (にのうでにふくみみのややはるのよい)

 

 「みどり児の手相見てゐる春隣」 
 (みどりごのてそうみているはるとなり)

俳句では「つきすぎ」(即き過ぎ)。「離れすぎ」ということをよく言われます。
下のほうの句などは「つきすぎ」の句です。

季語(春隣)と他の言葉がありきたりすぎるのです。
誰でも思いつく平凡な取り合わせです。
今日の兼題が「春隣」だったので、ダサダサと思いながら出しました。
もう少しビビビビと感じる季語を探すつもりです。

昨日の

 

 「春ともし揺りかごの影ゆらゆらと」 

これも、春灯に影がゆらゆら揺れてる揺りかご・・なんて
理屈が通り過ぎてちっとも面白くないのです。

 

 「揺りかごの影ゆらゆらと春来る」 
 (ゆりかごのかげゆらゆらとはるきたる

にしてみました。

そして、自分の句をなんたらかんたらと説明するのは、こっぱずかしいのですが、
ああ、いい訳じみてると思いつつ・・
「俳句カテ」もたまにはねっ!てなことでUPいたしましょう。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ばたばたと④




雲古ばたばたしてるのに、「運動会」やて(10/8)

はい、「吟行」です。

うまい具合に近くの小学校でありました。
しかし、昨今のこと。ふらりと立ち寄って、校庭に入れてもらえるわけにはいかないらしい。

誰それの保護者が何年何組の誰それちゃんの応援に来ました。と受付に申告しなければならない。

そんなことで地域に開かれた学校づくりができるのか!

ウチラ、十分にじいちゃん、ばあちゃんやのに、この小学校に孫はいない。
そこは、デカイ顔のイサオちゃんが顔の幅に物を言わせて、イミテーションの孫を探してくる。

かくして、2年1組、S田のぞみちゃんの大応援団ということで、中に入れてもらうことに・・

ところが、同じ日に地区の住民運動会もやっていることがわかり、急遽そちらへ変更。子どもが走るより、おばちゃんが走って転ぶほうが「句」になるのだとか。

住民でもないのに、11時にパンとジュースをもらい、スリッパ投げ競争に出場し、綱引きにも出て、参加賞のウエットティッシュをもらう。

・・・・・・・

-------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- (公開日時設定記事)今頃は、旅の夜風だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)