俳句

2024年4月13日 (土)

自句自解301 子遍路の声の・・



   

   子遍路の声の加はる読経かな
(こへんろの こえのくわわるどきょうかな)2007・4月

 

季語・遍路(三春)
四国霊場八十八カ所の札所をを巡拝すること。又はその人をいう。
巡拝はどの時期に始めてもいつの季節でもいいとおもうんだけど
お大師さまが回られたのが3月~5月初めだったので
たぶんきっと、そういう理由で「春の季語」になっている。

私が巡拝を始めたのは、母が「自分の葬式に着るものがない」というのでそれならば・・と白衣に88の納経印をいただいて来るので、それを極楽行きのユニフォームにして頂戴と思い立ったのです。
自分ではそのつもりだったけど、夫(ひっちゃん)失くして半年後の事だったので、親友エミリーがついて来てくれることになりました。
彼女もお母ちゃんのユニフォームにパスポート(ご朱印帳)作る!と言って

二年かけて回ったけど、その間に自分がぐんぐん元気になっていくのが分かったわ。ありがと!エミリー

という事で、そのころの句です。

 

まだ未就学のお子でしょうか「同行二人」と書かれた白衣と笈摺(おいずり)を着た男の子が経文を唱えていました。
札所では本堂と太子堂の二カ所でお経を唱え札を収めます。一日で3~4か寺回ることになるのでどの寺に行ってもその子を見かけました。


大人たちに交じってひときわ甲高い清らかな声
あの子はもうとっくに大人になっているんでしょうね。
当時80歳をすぎた母がユニフオームに身を包み、納経帳を持って旅立ったのはそれから何年も経ってからでした


 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月12日 (金)

自句自解300 咬み合はぬ話・・



  

    咬み合はぬ話の続く藤の昼
(かみあわぬはなしのつづく ふじのひる)2022・4月

 

山にポツンポツンとピンクに点っていた桜が終われば
次は藤の花です。
藤は桜より低い位置で見られます。
「こんなところに藤があったのか・・」と毎年この時期になると驚かされます
丁寧に仕立てられた藤棚も見事ですが山藤の美しさは格別です。
大木に絡まって濃紫の藤がシャワーのように覆いかぶさって見えます。

 

上の句は「山藤」ではなく、藤で有名な兵庫県の白毫寺というお寺で作ったものです。
明星氏がお洒落なハンチングをかぶっていたのを覚えています
かなり昔のことです。
俳句はどこかの引き出しにしまっておいたものを後から取り出して作ることもあります。

見事な藤棚の下に休憩のためのテーブルと椅子が用意されていました
みなさん、藤を眺めながらゆったりとおしゃべり。
観光客というよりご近所のお年寄りが出て来られたと言う感じでした。

 

先日(幻の)マグロ解体ショーに行った先輩からラインが来ました。
「あのとき、話していたインド人のやってるカレーの店ね西北(ニシキタ)やったわ(西宮北口にて営業しているの意)」

・・・・・
あたし、インド人のカレー屋の話なんかした覚えも聞いた覚えもないんです。
LINEは続きます
「おたまちゃんの好きな味やとおもうわ。今度案内するね」

先輩はアタシの味覚のナニを知っているのだろう。
ニシキタ・・・そんなところまで手を広げてるんや・・

あの日花の下で我々は「咬み合わない話」を延々としてたんやろうな。

 

季語・(晩春)

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

自句自解299 御懐紙に桜の・・



 

   御懐紙に桜の透かし桜餅
(おかいしにさくらのすかし さくらもち)2022・4月

 

当地では、昨日、今日が桜満開です。

「おたま桜」見事に花を咲かせております
ご近所の通りのフェンスの向こう側に(ここはのりちになっていて、下は崖です)
あたしとガチャピンが勝手に桜の苗木を植えたのが、もう四半世紀前のこと。
高いフェンスを乗り越えてウチの息子二人が植えてくれました。明星氏が高校入学の春だったっけ。
一本づつ植えて、一本枯れました。
お互いに「枯れたのは、あんたのだ!」と言い合い
本日見事に咲き誇る桜の木をそれぞれが「おたま桜」「ガチャピン桜」と呼んでおります。

今では通る人が「ほお~っ」と見上げてくれています。
誰も「なぜこんなところに桜が一本あるの?」
って不思議におもわないんですかね。
尋ねられたら大いばりでせつめいしてさしあげるのに・・
いやいや。勝手に植えたね!って役場の人に叱られたりして・・

今まさに、落花さかんなるガチャピンとあたくし
桜餅でもいただきながら my桜を愛でたいとおもいます。

季語・桜餅(晩春)
こちらでは道明寺粉を使ったさくらもちを食べます。
桜の葉っぱも食べるねんで・・といわれ、大人になってから食べるようになりました。
横浜のお友達の家で出して下さった桜餅!薄皮に包まれていてびっくりしたよ。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月10日 (水)

自句自解298 暴れ川の橋桁・・



 

    暴れ川の橋桁くぐり燕
(あばれがわのはしげたくぐり つばくらめ)2008・4月

 

最寄り駅ですが
改札口と向いの店舗群を渡す大屋根があるんです
高さがあって結構広くて、あれはまだ駅の構内と言えるのだろうか
我が町の玄関口。

毎年毎年、ツバメがやってきて巣を作ります。
昔、何かのパンフレットに「この街にはツバメがやって来る駅があります」とかなんとかのキャッチフレーズが載ってました
ツバメが巣を作り雛がかえり、子育てをして巣立つまでを
そこを通る小学生も、高校生も、赤ん坊を連れたママさんも、通勤の人も、お年寄りも
み~んなが、楽しみに見守っている

と、そう思っていたのです

ここ数年ちょっと様子が変わりました。
具体的には書けないわね特定されちゃうかもしれないから。

昨日、お友達と駅の改札口で別のお友達を待っていました。
「あ。もうツバメが来てるね」
大屋根の両端をツバメが出入りしています。

でも・・なんかチャウ!

上(天井)を見上げるとなんと!
四方八方にネットが張られていました。
巣を作れないようにしてあるのです
「え~っ!」
二人して声を挙げました
大急ぎで外の駅から続くアーケードを見に行きました
そこにもず~っとネットが張られていました。

 

遠い国から長い旅をして今年もやってきた燕たちへ

追い出し作戦です!

もうね・・何と申し上げたらよいのか
自然との共生とか自然への思いやりとか・・
きれいごとばっか 言ってんじゃねえよ!

糞害って?あんただって雲古するだろ!
(言い過ぎました)

 

人間って思い上がってる。不寛容のかたまり。
工夫して上手くやって行けるはずなのに頭ごなし
なんかチャウ なんかチャウ・・

 

季語・(晩春)
この暴れ川は伊賀からやってくる「木津川」
桂川と宇治川そしてこの木津川の三川が合流する、京都府八幡市辺りでの吟行の時の句。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

自句自解297 牛乳瓶触れ合ふ音・・



  

    牛乳瓶触れ合ふ音や昭和の日
ぎゅうにゅうびんふれあうおとや しょうわのひ)2009・4月

 

懐かしい「音」というものがあります
そうそう、そう言えば今日、桜並木を散歩していたら豆腐屋さんのラッパが聞こえてきました
この辺りは豆腐屋さんが来てくれるのか。いいなあ。
今の豆腐屋さんはライトバンでやって来る
ラッパの音も録音したものを拡声器で流す
あれは♯ファ~♯ソなのかしら


深い音。
たった2音で 夕方、お母さんが
「いつまで遊んでるのもうすぐ御飯よ帰ってらっしゃい」と呼びに来る光景が浮かび上がる。
ゴムとびのゴムが見えなくなるまで、石けりの石がどこに行ったか分からなくなるまで遊んでたわ。
あの空き地はどちら様の所有地だったんだろう

今は真っ昼間、子どもたちが学校に行ってる時間に豆腐屋さんはやって来るらしい。
夕方きても遊んでいる子どもがゐないからか、その前に原っぱも無いしね。

 

季語・昭和の日
アタクシこの国の祝日といふものがあまりわかっておりません
その昔の4月29日の天皇誕生日
自然の恵みに感謝しましょうというみどりの日になって
ま。それは天皇が代替わりしたからやねんけど
そのみどりの日
昭和に思いを致し未来をかんがえませうという昭和の日になったそうです。
だから昭和の日は4月29日なの

じゃあみどりの日はどこにいっちゃったのよと言えば5月4日にお引越ししたんです。
なぜ5月4日かといえば、たまたまそこが空いていたから。
(奥様、ここまでついて来てもらえてる?)

前の明仁天皇の誕生日はクリスマスイブイブだったのだけど
この場合は代替わりしたとて平日に戻っただけなのよね。あらま。
ちなみに、明治天皇の誕生日は代替わり後文化の日11月3日になってんよ


あと、ヘ~そんな祝日があるの?というような訳の分からない祝日があるんだけど
あまり言うと「あんたは毎日が祝日や!」と言われそうなので(実際にいわれたことがある)この辺にしておきます。

歳時記によっては「昭和の日」を季語として採用している物としていないものがあります。
そりゃそうよね。こんだけ動いたら季感もへったくれもない。
ただ、昭和人間(アタシも含む)が幅を利かしている間は「春」そうそうゴールデンウィークの頃よねと
ツーカーな間は季語としてつかえるのでしょう。

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月 8日 (月)

自句自解296 蝶似合ふ庭・・



  

   蝶似合ふ庭となりけり蝶来る
(ちょうにあうにわとなりけり ちょうきたる)2017・4月

 

球根はエライ。
ほったらかしにしているのに
(土の中に)忘れられているのに
時期が来ればちゃんと芽を出し花を咲かせてくれる
ムスカリ・・こんなところに植えたっけ?
クロッカス・・ああ、あなたは定位置ね。
そしてチューリップ・・あまりにもなじみ過ぎて有難味もないってあんまりだわ。
今、アタクシは生まれて(ずいぶん経つけど)初めてお目にかかりますという目でチューリップをながめると
その姿かたち,色の完璧さに感動で泣き崩れちゃう(泣かないけど)

そうなると、ちょうちょですわ。てふてふですわ。
やって来るんですね、これが・・チャッカリと。

二日前、我が家から3キロ南の友人宅へ行ったら
庭に蝶々がいっぱい来てた。
わあ。うらやまし!!
「ここはウチより3キロ南だから暖かいのね」と負け惜しみをいったけど
ほんとはお庭の内容が違う事にうすうす気づいていました。
いいもん!うちだって今に花いっぱいになるもん。

で、本日ついにモンシロチョウもモンキチョウもやって来たのです。
一頭ずつだけどね。
あ。蝶々って「一頭」「二頭」って数えるんだよ。
蝶と象が一緒ってどういうことですか???

 

季語・(三春)

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

自句自解295 一片が靴の中・・



  

   一片が靴の中にも花筵
(いっぺんがくつのなかにも はなむしろ)2019・4月

 

マグロの解体ショー&花見に行って来ました。
全国一億三千五百万人の待ちに待った桜がやっとやっと開花し
大勢の人が花の下でサノヨイヨイと浮かれておりまする
長い人生のこの短い一瞬をあなたも、あなたも、あなたも楽しんでいただきたいと心から願います。
花を見上げる人達の笑顔・・みんな嬉しそうです。
あなた様が嬉しければワタクシも嬉しうどざいます。

 

個人的には訃報がひとつ、ありました。
さよならだけが人生だ

あなたの人生パーフェクトだったよ!とはなむけの言葉を送りたい
もう届かないだろうけど。

 

あ。さて解体ショーのほうは、先輩の読みが甘かったので現場に到着した時に
「本日の解体ショーこれにて終了でございます。ありがとう・・ありがとうございます」の放送が・・
どないなってまんねん。先輩!
実は先輩の推しのお兄ちゃん(魚屋さん)が本日解体デビューだったのです。
それを応援したくてしたくて・・なのに
先輩が駆けつけたときには鼻の頭に汗をかいたお兄ちゃんが包丁片手に茫然自失状態でした。
店の大将や、その筋の関係者があたしの先輩に向かって
「ようやりよりましたで!」「褒めったってください!」
先輩ってどういう立ち位置なんやろ・・・

昨夜は緊張であまり眠れなかったお兄ちゃん。これからも華麗に包丁振り回していただきたい。
中落ちジャンケン(勝ったらマグロの中落ちが貰える)の勝者をうらやましくもメンチかまし(睨みつけ)ながらいざセカンドステージの花見会場へ

桜、堪能しました。
というか。一カ所に座り込んでずっと話し込んだのでほとんど花は見ていないけど
楽しそうに土手を歩く人や写真を取り合う人を目の端にチラチラ入れながら
良い時間が持てました。
やっぱりこの人(先輩)まっすぐな賢い人や。全然変わってないなと思いました。
解体ショーの時間間違えはったけど。

季語・花筵(晩春)
桜の花びらがまるで毛氈のように散り敷いたものを言うこともあるが
花見の席そのもの、あるいは花見のための敷物を指すことの方が多い(ような気がする)
花筵の脇に脱いで揃えられた靴。その中に一・二片の花びらが入り込む。

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (6)

2024年4月 6日 (土)

自句自解294 サリー行く・・



 

   サリー行く神戸大学春落葉
(さりーゆくこうべだいがく はるおちば)2014・4月

 

大学の構内を散策していると外国人の学生さんにすれ違う

サリーってなんと優雅なのでしょう
柔らかな布を身にまとう
体を守る一枚の布。

 

季語・春落葉(晩春)
どんぐりの木と我々が呼んでいる椎や樫は春に落葉する。
その葉は厚ぼったく、色づいて美しいわけでも、儚く悲しいわけでもないが独特の風情がある。
冬に立ち向かう木々の厳しさではなく、春の落ち葉は再生を暗示させてくれる
留学生らしいその女性は私達に軽く微笑みかけてくれた。Dsc02583

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

自句自解293 ふらり寄る・・



 

   ふらり寄る街のカレー屋花ぐもり
(ふらりよるまちのかれーや はなぐもり)2015・4月

 

一人暮らしになって作らなくなったわね。カレーライス
あたしは原材料の元の形が判らないようなカレーより
じゃがいも人参お肉・・ごろごろしている昭和のお母さんが作るカレーが好き
じゃがいもって冷凍できるのですか?
やったことないからわからん。というか冷凍とか解凍とかにいまだに偏見持ってます。
これ昭和女子あるあるです
ぶっちゃけ、うまく使いこなせない。

なので、
外出してどうしても一人で食事をしなければいけない時は「カレー」に決めています(決めていました)
京都・大阪のキタとミナミ・神戸三宮にそれぞれ好きなおみせを決めています(いました)
大阪・キタはなんと高校生の頃からなじみの店です。
制服のまま、今は無き梅田の北野劇場で映画を見てそのカレー屋さんへ・・
今も営業されています。味も変わんないような気がします。
お小遣いが余っていたら「音楽喫茶ABC」へ・・喫茶店に入るのは不良と言われた時代です。
背伸びをするのが嬉しかったな。
堂地下のインディアンカレーって今もあるのかな。
アソコにもよく行きました。罰ゲームみたいに辛いカレー

話逸れてるわ。

コロナでお買い物に出かけない期間。コープさんの共同購入で「レトルトカレー」を買いました。
袋に入っているカレー???食べたこと無かったです
大塚食品の琴姫様・松山容子さんのカレーも買ったことない
こんなのこの年になってハ・ジ・メ・テ


奥様!美味しいやありませんか!
アタクシの偏見・意固地・大いに反省しました。
こんなんやったら、家でカレー作らんでええやん。
外で食べることないやん。
えらい世の中になってるわ!!(今頃気付く)

 

 

季語・花曇(仲春)

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月 4日 (木)

自句自解292 丈六のお顔・・



  

    丈六のお顔の揺らぎ春灯
(じょうろくのおかおのゆらぎ はるともし)2016・4月

 

季語・春灯(三春)

丈六とは1丈6尺(約4.85メートル)のことで、仏像の背丈のこと
丈六を基準とし8尺(1/2)や〇倍で仏像が作られる

釈迦の背丈が丈六であったと言われている
???超超高身長!
仏教の経典に書かれてあるのですよ

2008年8月3日の朝のことであります
あたくし、不思議体験をいたしました
胡散臭いと言われても、んなアホなと思われても
まったく構わないのですが
それがきっかけでその月の縁日から不動尊の霊場を回ることになります。
2015年の夏に満願成就するまでの5年間、貴重な経験をしました。

忘れがたい寺院も多くありまして
掲句の丈六の仏さまもそのひとつです。
(動画を探しましたが非公開になっていました)
こんな・・と言っては失礼ですが、本当に「こんな」山の中で巡り合った
という思いが強かったです。
訪ねたのは2008年初冬でしたので↑↑掲句はその時のイメージであとで作ったものと思われます。

機会があればもう一度行ってみたいです
どうなんでしょね。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧