« 自句自解322 嬰の名を・・・ | トップページ | 自句自解324 跳ね上がるまでの・・ »

2024年6月 5日 (水)

自句自解323 時鳥投句時間の・・



 

    時鳥投句時間の迫りたる
(ほととぎす とうくじかんのせまりたる)2011・6月  

 

月に一度は吟行をしようね。と決めてからすでに二十数年の月日が経ちました。
近隣のお友達と続けている小さな俳句のグループです。

縁があって、メンバー全員が東京が本拠地の某結社に所属していました
指導者のいない集まりでしたが「どんぐり」ばかりが、ワイワイと運営してきました

楽しい時間を沢山積み重ね、思い出が山ほど出来ました

時が流れ、現在は全員が結社を離れ私も主宰の交代を機に退きました。
それでもメンバーは相変わらずこの句会を大切にし、新しい人も加わり
いまだに地元定例句会は健在です

季語・時鳥(三夏)

吟行では〇時〇分締め切りと設定された時間以内に決められた2句・3句を提出しなければなりません。
みんな思い思いの場所に座り込んで、辺りは静寂そのものなのに、時鳥だけがけたたましく「マダカ?マダカ?カッカッカ」と啼いていました。(坂田金時さんゆかりのお寺の境内にて)


ホトトギスは不如帰・子規・蜀魂・杜韻・ほととぎす・・等表記できますが
ここは「時鳥」でしょ!と鼻の穴を膨らませて使いました。

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解322 嬰の名を・・・ | トップページ | 自句自解324 跳ね上がるまでの・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解322 嬰の名を・・・ | トップページ | 自句自解324 跳ね上がるまでの・・ »