« 自句自解319 日に幾度・・ | トップページ | 自句自解321 エントランスに傘・・ »

2024年6月 2日 (日)

自句自解320 大岩より・・



   

    大岩より現れては消ゆる初蛍
(おおいわより あれてはきゆるはつぼたる)2019・6月 

 

6月に入ると当地では蛍の便りが聞かれるようになります。
何時でも見られると思って、そう言えばコロナ以降、蛍を見に行っていません。
川の傍に住む句仲間のお見舞いがてら、来週にでも蛍を見て来ようとおもいます。
それにしても坐骨神経痛って痛いんですってね。
可哀想。Mrアクティブの異名を持つ私の心の兄みたいなお人です。

季語・初蛍(仲夏)
蛍の季節、初めて見かける蛍を「初蛍」といいます。
ただでさえ蛍って「はかなげ」なのに初が付いた日にゃ奥様!儚さ倍増しますわね。

そそ。蛍って「はかない」代名詞みたいです。
恋し恋しとなく蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす
ってね。 江州音頭の一節ですかね。はい盆踊りでよく踊りましたよ。あたくし、そういう情念の世界には疎いのですが
最近 無茶苦茶 「はかない」いや「はかなかった」わ~と思う出来事がございました。

元宝塚歌劇団トップの詐欺事件です。
アタクシがまだくちばしの黄色い少女だった頃、みっちゃんという友人に引きずられて宝塚へ通い詰めた頃のスターさんです。
そそ。ベルばらブーム以前ね。大滝子さん。この方と瀬戸内美八と榛名由梨・ツレちゃん(鳳蘭)を月代わりに見に行っていました

その前の3Kさん(上月昇・古城都・甲にしき)の2番手時代からです(わかんない人にはチンプンカンプン)
大さん、丸顔でね、輝いてはったです。この方、初代フェルゼンじゃなかったかな。舞台観ましたよ。
スターさんって命を燃やして舞台に立ち、舞台から去る。だから儚くて美しいのね
まるで「蛍」やん!って思いましたね。ちゃいますか?


あかんわ。年取って表に出てきたら・・しかも犯人で・・

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解319 日に幾度・・ | トップページ | 自句自解321 エントランスに傘・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

幼い頃近所のお寺の境内でホタルの群舞を見て怖くなったことがあります。今は違いますがどうも私はいわゆる「見える子」だったようです。でも家の中に入って来たのを捕まえて蚊帳の中で放したり・・・懐かしい思い出です。当地にも小さいですが蛍が飛んでましたが最近は見かけません。もっとも夜は出かけなくなりましたし目も悪くなったせいもあるでしょうけど。宝塚のお話全くのちんぷんかんぷんですが詐欺事件は最近ネットで見ました、返すつもりだったとか何とか、騙すのはいけませんね~。

投稿: パコ | 2024年6月 2日 (日) 13時28分

★パコちゃんへ
へ~。見える子だったんだ!
子どもの頃は誰も魂が綺麗ですからね。
(今のパコちゃんが濁ってるってわけではないです。念のため)

大さんね、「だまくらかそう」という意識は薄かったのでは・・。
宝塚のスターさんとファンの関係は特殊だから。ゴンちゃん(上月昇)だって車なんか一杯プレゼントしてくれていたファンの人が会社のお金使い込んじゃって逮捕されたとき初めて真実に気付いたとおもう。
一般人には分りにくい。そういう意味でスターさんは天の上の人なんですね。
でも、あかんことはあかんよね。

投稿: おたま | 2024年6月 2日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解319 日に幾度・・ | トップページ | 自句自解321 エントランスに傘・・ »