« 自句自解327 酒蔵の階・・ | トップページ | 自句自解329 飛石に合はぬ歩幅・・ »

2024年6月10日 (月)

自句自解328 黴匂ふ小學一年・・



 

   黴匂ふ小學一年優等賞
(かびにおう しょうがくいちねんゆうとうしょう)2023・6月  

 

人間、一生のうちに一度はやって来る絶頂期
あたくし、それが小学校の一年生でした。
早すぎるっちゅうねん

クラスで男女一人づつ表彰してもらいますねん。
明朗温和素直な性格。品行方正学業優秀
これですわ。

二年生になるとそれ(表彰制度)は廃止されました。
いろいろ問題があるって大人たちが気づいたのかしらね。
本当なら六年生まで毎年貰えたのに・・と思うのは私の勝手でしょ。
とっても都合よく廃止されてアタシはピークでフリーズされた。
\(^_^)/ヤッタ~

転落の道は早うございます。
そこからは人生下り坂万歳。ダウン・ダウンダウンダウン。
で、今、これですわ。
それが 何か問題ある?
母さん。あたしの表彰状 どこへ行ったんでしょうね

 

季語・(仲夏)
この季語を使うときは「変わったモノ。珍しいモノを黴させてみましょう」と教わりました。
アルバムとか下駄箱では誰もが詠みつくしています。
あれやこれやと妄想したり。食パンで黴を育成して見たり・・
ジメジメと鬱陶しい梅雨の季節でも俳句遊びは楽しいです。

「學」の字で古臭ささを工夫してみました。

 

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解327 酒蔵の階・・ | トップページ | 自句自解329 飛石に合はぬ歩幅・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

変わった物珍しい物をカビさせるのが「俳句」なのですね、勉強になります。お玉ちゃんは思い出に黴が・・・私は長い人生にそろそろ黴が・・・願わくば我が人生華美でありたかったです。絶頂期?無かった~~気がします、それとも気づかずに生きてしまったのかしら。

投稿: パコ | 2024年6月11日 (火) 09時59分

★パコちゃんへ
そう言えば人生のところどころで
「今が一番いい時やね」とよく声を掛けられました。
近所のおばちゃんや通りすがりの大人たちに。
幼い頃。娘時代。新婚のころ・・
「今」のしがない未亡人暮しでも
「今が一番いいね」と言ってもらいます。

これからは「そんなことあるかい!」と思わず「そうなんだ」と喜びましょう
「いい時」とは「絶頂期」という事ですものね。
きっとそうなんだと思います。
(底知れぬポジティブシンキング)

パコちゃんも「今が絶頂期」と華々しく麗しくお暮しくださいね。

投稿: おたま | 2024年6月11日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解327 酒蔵の階・・ | トップページ | 自句自解329 飛石に合はぬ歩幅・・ »