« 自句自解303 花見舟思ひのほか・・ | トップページ | 自句自解305 六甲山やはらかく・・ »

2024年5月 1日 (水)

自句自解304 にはたづみビルを・・



 

  にはたづみビルを映して五月来る
(にわたずみびるをうつして ごがつくる)2012・5月

 

にはたづみというのは「潦」(にわたずみ)
雨などで地上に溜った水。水たまりのことです。

思いがけないところで出会った水たまりが思いがけないものを映していた。
そういえば・・今日から五月かあ・・
という句です。
訳わからんでしょ。何いうてるねん! なんば言いよっと?でしょ

柔らかな春の光が生命力を増して木々の緑や小鳥のさえずりが五月を連れてくる
街には白いシャツが行き交い、人々は明るい声で笑い合う

てな 五月のはずなのに・・
ひねくれ者のアタクシは鬱々と水たまりをみつめる。
まあね。どなたも心の中に水たまりを持ってると思うんですよ。
あちらが本当の世界なのか水の中にもう一つの世界があるのか

同級生で「水たまりが怖くて怖くてたまらん」という子がいましたっけ・・
今、どうしてるんだろ・・

 

 

4月に亡くなった人をなんとなく思っています。
終わったねと言ってあげたいけどうなずいてくれるわけもなく。

 

あかんあかん。不景気な事ばっかり言うてたらあきません。
気持ち切り替えて、まあ今月もスタートしますわ。
お付き合いよろしくお願いします。

 

季語・五月来る(初夏)

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| |

« 自句自解303 花見舟思ひのほか・・ | トップページ | 自句自解305 六甲山やはらかく・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

私はお玉ちゃんの同級生じゃあなかった筈、そうなんです怖かったのはこの私もです。子供の頃田舎の道で水溜り、急に深くなり履いていた長靴の中に水が入ってしまったことがありそれ以来あそこには見えない大きな穴が開いているに違いないと思うと足が竦んでしまい恐る恐る歩いてました。今日から5月、1年で1番好きな月で聞いただけで花々が目に浮かび爽やかな風を感じます。

投稿: パコ | 2024年5月 1日 (水) 12時43分

★パコちゃんへ
同級生は水たまりを跨ぐことが出来ず必ず遠回りをしていました。
( ´∀` )
五月!綺麗な季節ですね。
大いに楽しんで下さい。こちらは春夏秋冬のうち春と秋があまり感じられなくなっていますよ。
やっとストーブを仕舞ったのですが、扇風機出さなきゃ!って感じです。

投稿: おたま | 2024年5月 1日 (水) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解303 花見舟思ひのほか・・ | トップページ | 自句自解305 六甲山やはらかく・・ »