« 自句自解298 暴れ川の橋桁・・ | トップページ | 自句自解300 咬み合はぬ話・・ »

2024年4月11日 (木)

自句自解299 御懐紙に桜の・・



 

   御懐紙に桜の透かし桜餅
(おかいしにさくらのすかし さくらもち)2022・4月

 

当地では、昨日、今日が桜満開です。

「おたま桜」見事に花を咲かせております
ご近所の通りのフェンスの向こう側に(ここはのりちになっていて、下は崖です)
あたしとガチャピンが勝手に桜の苗木を植えたのが、もう四半世紀前のこと。
高いフェンスを乗り越えてウチの息子二人が植えてくれました。明星氏が高校入学の春だったっけ。
一本づつ植えて、一本枯れました。
お互いに「枯れたのは、あんたのだ!」と言い合い
本日見事に咲き誇る桜の木をそれぞれが「おたま桜」「ガチャピン桜」と呼んでおります。

今では通る人が「ほお~っ」と見上げてくれています。
誰も「なぜこんなところに桜が一本あるの?」
って不思議におもわないんですかね。
尋ねられたら大いばりでせつめいしてさしあげるのに・・
いやいや。勝手に植えたね!って役場の人に叱られたりして・・

今まさに、落花さかんなるガチャピンとあたくし
桜餅でもいただきながら my桜を愛でたいとおもいます。

季語・桜餅(晩春)
こちらでは道明寺粉を使ったさくらもちを食べます。
桜の葉っぱも食べるねんで・・といわれ、大人になってから食べるようになりました。
横浜のお友達の家で出して下さった桜餅!薄皮に包まれていてびっくりしたよ。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解298 暴れ川の橋桁・・ | トップページ | 自句自解300 咬み合はぬ話・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

世の中に薄皮以外の桜餅があるなんて全く知らずびっくりしたのですが、友達は知らない私にびっくりだったようです。長命寺か道明寺かと兄夫婦と3人ヤイヤイやった時は何時もは兄嫁の味方の兄はこの時ばかりは私のサイド、同じ物を食べて育つとそうなりますね。道明寺はちょっと抵抗があります、でももう長いこと桜餅にお目にかかってません、桜餅様ぜひぜひお会いしとうございます。

投稿: パコ | 2024年4月12日 (金) 01時52分

★パコちゃんへ
日本あんこ協会(真面目な団体です)による「桜餅分布図」というのがネットに上がっていました。
地域によって線引きがされていて面白いです。
道明寺優位の西側でも鳥取・島根だけはくっきりと長命寺(クレープ派)です。これは参勤交代がもたらしたものだそうですよ。
いずれにしても「食べなれたもの」が一番しっくりするということですね。
どちらも美味しいもん。
お菓子売り場に桜の葉っぱの塩漬けがうっています。あれさえあればクレープ巻のほうは作れそうですね。
道明寺粉でつくったことありますが蒸すのが大変だった記憶が・・・
道明寺粉はモチッとして美味しいんですよ。

投稿: おたま | 2024年4月12日 (金) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解298 暴れ川の橋桁・・ | トップページ | 自句自解300 咬み合はぬ話・・ »