« 自句自解278 自転車のベルに・・ | トップページ | 自句自解280 東風吹かば・・ »

2024年3月 6日 (水)

自句自解279 遠足の身重の・・



  

   遠足の身重の教師しんがりに
(えんそくの みおものきょうししんがりに)2010・3月

 

引き続き「遠足」です
いやあ・・学校の先生って重労働やね。
はた目にも妊婦さんって判るフォルムなのに遠足についていかなアカンのです。
アタシも(学校の先生じゃないけど)出産二週間前まで車運転して(トラックドライバーじゃないよ、通勤ね)ハンドルがお腹につっかえて大変だわ!ってくらいまで働いて(思い出したら泣ける)・・・
だから、遠足について行くの社畜?校畜?

特に小学校の先生って、オールマイティに何でもできるからすごい
オルガン弾けるしバタフライで50m泳げる。給食残さず食べる。
もっとお給料を上げったって下さい。

 

元教師は潰しが効かん
歳取ったら長年の業務がおよぼす弊害が出るよ。
職業病って言うのかしら。
本を貸してくれたはいいけど、いっぱい書き込みしてる(達筆で)
感想より、訂正とか評価ね。
自分の本だから好きに使えばいいけど、読みにくいったらありゃせん。

交友関係でも、根底にあるのはバランスよい平等精神
えこひいきしない。公平がモットー。誰にでも目配り、気配り。
アタシだったらお菓子配るとき嫌な奴の分少なめにしてやるぞ。
「あの人?もうエエやん。来ないんだから」と言ってもクソ丁寧に電話して結局断られてる。
人を信頼し過ぎや!
「じゃ また」のまたとか「行けたら行くわ」の行けたらを深く理解してほしい。

あれ?何の話してたんだっけ・・

 

季語・遠足(晩春)
しんがり=最後尾

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解278 自転車のベルに・・ | トップページ | 自句自解280 東風吹かば・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

幼い頃あまり長距離を歩けなかった為に(体力も無かった?)1,2年生の頃の遠足は帰りは家族が迎えに来てましたしそれ以降は小さい人と一緒の近場で「しんがり」を任されてました。長じてからは皆と一緒でしたが。今でも中学や高校生も遠足はあるのですか?昔はありましたね、物のない時代でしたし田舎でしたのでほとんどが歩いての登校で帰る時には学校と反対方向に向かう人が何人か…あれには驚きました、私にとっては毎日が遠足?。

投稿: パコ | 2024年3月 6日 (水) 19時36分

★パコちゃんへ
中高も遠足ありましたよ。
私の場合怖ろしい昔ですが。
子どもたちはどうだったかなあ。全然覚えていません。男の子はあまり学校の事言いませんから(そんな問題か?)
一度次男がUSJに行った(らしく)この世で一番楽しいところや!と言ってたから遠足はあったのねきっと。
思い出しました!私の高校時代、遠足は現地集合、現地解散で出欠の点呼もないから・・いやたぶん出席の返事だけして。それから友だちと映画に行ったり街をぶらぶらしました
いつもそんな風でした。
だから「遠足」の記憶がないんだ!

投稿: おたま | 2024年3月 7日 (木) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解278 自転車のベルに・・ | トップページ | 自句自解280 東風吹かば・・ »