« 自句自解263 赤糸のまじる・・ | トップページ | 自句自解266 箱背負ひ・・ »

2024年2月 7日 (水)

自句自解265 春寒の膝に・・



  

   春寒の膝に零るる正露丸
(はるさむの ひざにこぼるるせいろがん)2021・2月

 

昨日に続き商品名です。
ラッパのマークの正露丸。
100年以上前からご家庭(5歳以上)のみなさまに使用されている常備薬です。
と。大幸薬品の説明書にあります。
ご家庭のお馴染み中のお馴染みの薬。
あの小瓶。オレンジ色のふたを開けたときの匂い。真っ黒な小さな小粒がちょっと湿っていて柔らかい。

ガチャピン(近所友)は変な人で(おまえが言うな)
香水よりも正露丸の香りが好きでハンカチに何粒か包んでバッグに入れています。
時々、カバンに顔突っ込んでうっとりしています(若者言葉でこういうのをヤバイというのでしょうか)

外箱をじっくりと見ますれば、ラッパのマークは間違いないけど
なんか・・髭の兵隊さんみたいなおっちゃんがラッパふいてませんでした?
四面と蓋と底、ひっくり返したけどおっちゃんは居なかった。
勘違いかな。

 

季語・春寒(初春)
暦の上では春になった。この二三日、それらしい日がつづいたのに今日はやっぱり肌寒い。
お腹の調子がいまひとつ(拾い食いしてません!)せーろがんでものんでおこうかな。
かじかむ手で蓋をとると、ああ懐かしい匂い。
3粒だけ出すつもりだったのに、瓶を揺すったらありゃりゃ。膝にこぼれちゃった。
なんか、少し情けなくて可笑しい。 てな句意です。

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解263 赤糸のまじる・・ | トップページ | 自句自解266 箱背負ひ・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

ガチャピンさんと夫は親戚かしら?と思いましたよ似た人がいるのですね~私は大の字がつくほど反対側です。というよりも頭が痛くなってしまいます。昔々友人の会社のお隣があの会社でした。冗談で「臭わないの~」と笑ったことがあります。

投稿: パコ | 2024年2月 8日 (木) 01時48分

★パコちゃんへ
彼女はあの香りが好き過ぎて、ついに漢方薬局にパート勤務したことがあるのですよ。
幸せだったと言うてます。
私には分かりません(;´д`)

投稿: おたま | 2024年2月 8日 (木) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解263 赤糸のまじる・・ | トップページ | 自句自解266 箱背負ひ・・ »