« 自句自解237 花枇杷や慰め・・ | トップページ | 自句自解239 足許に小さき・・ »

2023年12月10日 (日)

自句自解238 数へ日のヴィーナス・・



 

  数へ日のヴィーナスの塵はたきをり
(かぞえびの びーなすのちりはたきをり)2022年12月

 

12月ももう三分の一が終わっちゃったよ。
お正月まであと幾つ・・と指折り数えるようになるころを
季語・数え日(仲冬) といいます。

日本語ってホントにおもしろい。
「数へ日」歳末の気忙しさや、あれもこれも用意できていないあせりや、買い物メモみながら商店街の賑わいの中に居る様子が見えてくる。
ま。昔の主婦だからね。特に姑と暮らす出来たヨメだったからね歳末はこの世の終わりかというくらい髪を振り乱してましたよ。

もうね。もういいやん・・お正月
これからは子どもの頃の気分で「もういくつ寝ると・・」と楽しみに指を折り数えたいものだ。
いや そんなこと言うてられへん!
掃除や掃除や。はたきに塵取りはどこですか~~

・・・

このブロンズ像は正確にはヴィーナスではない(と思う)
ギリシャ神話の女神様。一メートルはあるかな。
肩に甕(かめ)だか樽(だか)を載せ水が流れ出してる
水は感情。愛の象徴ね。愛に溢れる女神様

横浜へ引っ越していった人が、大断捨離の際
「これ、高かってん(購入価格が)たかかってん。他の人にはあげたくない」と押し付けられた
「な。別嬪さんやろ?幸せになれるで・・」って
もう・・十分幸せやし・・・

しばらく、我が家にいらっしゃったが、現在は友人宅のアトリエの入口で肩から愛の水を出し続けてはる
うん。あたしが「コレ。幸せになれるで」と押し付けたものだ。
素直な友人は、「撫で仏」ならぬ「撫で女神」として愛でてくれています。

 

 

 

ほな。

フィギアスケートのファンではないのですがたまたま点けていたTVで
「誰?この人!」と思ったのが解説の町田樹さんです。
大急ぎでググったらざ~~~~と「解説うまい」「よくわかる」「聞きほれる」ですと。
皆さんよくご存じなのね。
なんだか、フィギア男子に興味がわいてきましたよ。今頃?
ちょっと、お薦め でした。 とっくにご存じかしら。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

  

| |

« 自句自解237 花枇杷や慰め・・ | トップページ | 自句自解239 足許に小さき・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

「もう充分幸せ~」に反応します、都内のある駅前(ワンちゃんで有名)で白の洋服を着た団体さんが駅で待ってる人の所に来て何やら・・・。私の前にも来ました、「貴女の健康と幸せのために祈らせてください」とのたもうた。其処ですかさず「貴女に祈って貰わなくとも私は健康で充分幸せなので結構です」と断りました。後にあの電車内にサ*ンの団体とわかりました。我家には女神さまも何方もいらっしゃいませんがそれなにりに・・・です。

投稿: パコ | 2023年12月10日 (日) 13時01分

★パコちゃんへ
へ~。そんなことやってたんですか。あそこ。
ノーベル賞でも貰えそうな優秀な人達がどうしてそんなことになっちゃったんでしょうね。事件の年は阪神淡路大震災が1月にあり、あれは確か2月だったと思います。
職場に出勤したら皆が大型テレビの前に集まってた。寒い日でした。思い出します。

それなりの幸せ。それが一番ですよね。

投稿: おたま | 2023年12月11日 (月) 10時07分

★パコちゃんへ
3月でしたか・・・
パコちゃんは命の恩人ですね
どこで運命が切り替わる蚊わかりませんね

投稿: おたま | 2023年12月12日 (火) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解237 花枇杷や慰め・・ | トップページ | 自句自解239 足許に小さき・・ »