« 自句自解235 聖樹まで・・ | トップページ | 自句自解237 花枇杷や慰め・・ »

2023年12月 8日 (金)

自句自解236 冬の空木の花・・



  

   冬の空木の花なべてつつましく
(ふゆのそら きのはななべてつつましく)2015年12月

 

季語・冬の空(三冬)
冬の空と聞いて奥様はどんな色が思い浮かばれるでせう。
明るく冴え冴えとした青色ならきっと西の方か太平洋側にお住まいね
青が少し交ざったグレーなら東のほうか日本海側にお住まいね
と勝手に想像します。
同じ「冬の空」で俳句を作っても100人いれば100通り
ただ共通しているのは「冬の空(冬青空)」という言葉から感じ取る「冷たさ」「厳しさ」
「冷厳」という言葉が指し示すような甘さを抑えた句をつくりたいものです。

なーんてね。
あたしは所詮、風呂屋の釜だよ(ゆーばかり)
自分では上手くできなくても良い句に出会えば「いいなあ。あたしもこんな句を詠みたいなあ」と思う。
それが俳句を続けていく原動力になっているのだと思います。

 

こんな自己満足のつまんないページに来て下さってみなさんありがとう
お歳暮でもと思ったけど、諸般の事情で無理なので止めます。

 

帰り花を筆頭に、八つ手・花柊(ひいらぎ)・茶・木瓜(ぼけ)・侘助(わびすけ)などなど
冬に咲く木の花はなべて(そうじて)ひそやかで、つつましいです。

まるで、あたし・・(自分で言わなきゃ誰がいう)

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解235 聖樹まで・・ | トップページ | 自句自解237 花枇杷や慰め・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

本日は絶好のマダコ釣り日和でした、釣果はかろうじて850g位が1匹のみ。乗船する時、一瞬転びそうになりました、オイラも先が見え始めたようです。そんな事より、N亭さんの「光明」大変に良かったですよネ。良かった良かった。

投稿: 坂口あんちゃん | 2023年12月 8日 (金) 18時07分

★坂口あんちゃんへ
気を付けて下さいよ。老化は足元からっていいますよ。
たまたま昨日見ていた韓ドラで蛸の密漁のシーンがあって、悪い人が「レジャーの一環だ」といって蛸を売るほど採ってました。
良かった一匹だけで・・

★ぱこちゃんへ
ファッションは固定概念を乗り越えてこそですもの!日本のアニメの影響もあるらしいですよ。その加とちゃんけんちゃん。

投稿: おたま | 2023年12月 9日 (土) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解235 聖樹まで・・ | トップページ | 自句自解237 花枇杷や慰め・・ »