« 自句自解230 バーバリーコートの下・・ | トップページ | 自句自解232 全体重かけ・・ »

2023年12月 3日 (日)

自句自解231 秋冷やたつた九人・・



 

   秋冷やたつた九人にシネマ果つ
(しゅうれいや たったくにんにしねまはつ)2021年12月

 

季語。秋冷(仲秋)
冷やかの傍題としてある秋冷は「秋になって感じる冷気」
あら、ついこの間まで感じなかったのに今朝はもうこんなひんやりした空気!やっぱり秋が深くなってるのね・・
てなときに、つかうわけですわ。
二年前はきっとそうだったのでしょう。
今年なんて鬼のような暑さからの突然の石油ストーブですからね。
「秋」はどこへ行っちゃったんだろと言う感じです。
こんな事では微妙な季節の移ろいに心惹かれる日本人の情緒なんて奥様!ドロロンパッのパ
雲散霧消の馬の糞だわ(馬の糞は勝手につけました)

このときの映画、何を観たのだろうとアチラのブログへ行ってきましたが、わからなかったです。
場所は、電車で30分の小さな小さなシネマです。
小さいけれど座席の座り心地と音響がいいのでお気に入りです。
昔、映画が終わり扉の所で友人を待っていると華やかなお二人が出て来られました。
藤本義一夫妻でした。ぎいっちゃん。だいぶ小さくなってなってはった。
映画は「エディット・ピアフ」だったかなあ。

そんなことを思い出しました。
コロナ前から「こんなんでやっていけるのかしら」と思うほど入りがわるかったけど
最近はヒマな中高年層でにぎわっているとのこと。
そうそう。きのうNHK特集で小津安二郎やってましたよ。
研究者の深いよみにちょっと震えました。


わたくし今年は5月にぶっ飛んだインド映画を1本みただけだわ。
今、何やってるのかな行ってみようかな・・

あ。俳句(わかって貰えなくてもいいけど)
革張りの赤くて分厚いドアが重く開いたところだよ

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

 

| |

« 自句自解230 バーバリーコートの下・・ | トップページ | 自句自解232 全体重かけ・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

映画はもう何年も見てません最後に看たのが渡様と(私の中では様付きです)とさゆりさんの京都を舞台にしたあれです。インド映画も一度見たことがありますが最後は何が何だかわかりませんが全員で踊って終わり、聞けば殆どのインド映画はこういう終わり方が多いとか。真偽のほどは解りません何しろたった一本しか見てませんので。秋冷って素敵な言葉ですね、当地は今正しく秋冷です、朝だけは気持ちが良いです。

投稿: パコ | 2023年12月 3日 (日) 21時25分

★パコちゃんへ
御地は言うたら、いつものこちらの9月くらいなのですか?
さっき南米の人から動画が来たら半袖で汗かいてはりました。もう、暑いたら寒いたらごちゃごちゃで訳が分かりません。今日はポカポカ陽気です。
インド映画最高ですよ。一本観たら満足します。
しばらくは観んでもええな。と思いながらすぐにまた観たくなります。変な魅力です。
とにかく人口多い。今戦争したら絶対うちとこ(日本)が負けるとおもいます。

投稿: おたま | 2023年12月 4日 (月) 11時53分

★パコちゃん
日本でヒアリが話題になった時、アース製薬の株価が急上昇したらしいです。
風が吹いたら儲かる桶屋が必ずいるのですね。
一時はニュースでも何度も報道されました。株価ではなくヒアリのほうね。
こちら一匹二匹で大騒ぎです。

投稿: おたま | 2023年12月 6日 (水) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解230 バーバリーコートの下・・ | トップページ | 自句自解232 全体重かけ・・ »