« 自句自解234 冬晴れや何でも・・ | トップページ | 自句自解236 冬の空木の花・・ »

2023年12月 7日 (木)

自句自解235 聖樹まで・・



 

  聖樹まで螺旋階段昇り来て
(せいじゅまで らせんかいだんのぼりきて)2008年12月

 

季語・聖樹(仲冬)

商業施設の入るビルや百貨店などに、美しいクリスマスの飾りつけがされている
シースルーのエレベーターから見えるツリーは何階くらいの高さだろう。
螺旋階段を上ると素晴らしいツリーが飾ってあった。
子どもたちだけではなく大人も思わず声を挙げる。

クリスマスツリーの天辺にひときわ大きく飾られる星は
東方の三人の博士たちが目指した星だろうか。
星に導かれ博士たちはベツレヘムの馬小屋にたどり着く。

Xmasがやって来る。世界中の子ども達が待ちに待った・・
全ての子どもたちにとって幸せと喜びの一日でありますように

・・・・・・・・

訃報が続いています。
昔のたのしい仲間だった。親切で優しくしてもらった。
11月に亡くなっていたんだって。
10月に、奥様から、もうそんなに・・と聞いてはいたけれど
知ったのは昨日。
私はこんな時絶対に行動しようと決めています
自分の時、飛んできてくれた人に励まされたから。
私に心を寄せてもらったことが有難かったから。
よく「どう声を掛けていいかわからない」という人がいるけれど、それは「声を掛けなかった」ことなんだ。
花束を作ってもらってお家に伺った。

クリスチャンのS郎ちゃんは螺旋階段を上って天国にいったんだろうな
皆に愛されるいい人だったから
ほんとに楽しく遊びました。貴方のいる場はいつも愉快でした。
ありがとう。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解234 冬晴れや何でも・・ | トップページ | 自句自解236 冬の空木の花・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

同じくです、何も声を掛けなくても良いのですただ傍に居るだけ、人の温かみがあればどれほど慰めになるかそれで十分だと思います。

投稿: パコ | 2023年12月 8日 (金) 03時20分

★パコちゃんへ
人は何かがあって何かがわかると思います
( ´∀` )

投稿: おたま | 2023年12月 8日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解234 冬晴れや何でも・・ | トップページ | 自句自解236 冬の空木の花・・ »