« 自句自解224 枯菊の・・ | トップページ | 自句自解226 庭石に鳥影・・ »

2023年11月12日 (日)

自句自解225 北へ行く旅の・・



 

    北へ行く旅の鞄にショール詰め
(きたへいく たびのかばんにしょーるつめ)2007年11月

 

「北へ行く」ってちょっといい感じでしょ?
流行歌みたいでしょ?
小林旭か八代亜紀ね。連絡船に乗るほどでもない北・・

俳句詠むひと、よう北へ行きますねん(俳句の上で)
何なのでしょうね。南より旅情がありますよね。
老人会の団体旅行ではいけません。
駆け落ち。夜逃げ。指名手配もダメです。
やはり、ここは一人旅やね。夜汽車がええなあ。
しかも、傷心。センチメンタルジャニーってやつですわ。
わけあり・・ワケアリ煎餅 
何?ナニ?訳を聞かせて~~

 

2007年やから、この時は韓国の旅でした。
軍事境界線の鉄条網を挟んで北朝鮮が見えました。
いい旅行でした。

韓国メッチュの王道、カスビール
すっきりさわやか ハイトビール
切れ味最高 オービーラガー
華郎酒にポップンザ(覆盆子)
ペクセジュ(百歳酒)にチョンハ(清河)

はい。三泊四日、飲みまくりました。
同行は呑み会仲間、アコさんにスミちゃん。

何処が、ワケアリなんざんしょ!
まあ、元気にお酒が飲めたお年頃でした。
今は、もう要らない。呑めないというより「もう大丈夫です」と言う感じです。
先日、スミちゃんにあったら、エライ縮んでた。
歳取ったら人間、萎む(しぼむ)んやね。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
お前もな・・(天の声)

 

季語・ショール(三冬)
おばあちゃんは「肩掛け」って言うてましたな。

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解224 枯菊の・・ | トップページ | 自句自解226 庭石に鳥影・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

北へ帰る人の群れはなんとやらで演歌がお似合いですね、学生時代は今でいう所のナンパに度々でした、北へと言うと皆さんそう言う心境になるのでしょうか。あの船が苦痛でした。韓国行ったことありません美味しいお酒がずらり、良い旅でしたでしょうね。

投稿: パコ | 2023年11月12日 (日) 22時40分

★パコちゃんへ
やだ。パコちゃんモテ子さんだったのね。
私の周りにも旅先で知り合ってゴールインという人います。しかも船旅!
宮崎へ行くサンフラワー号だっけ?
船って南も北も関係なくロマンティックになるのかもしれませんね。

投稿: おたま | 2023年11月13日 (月) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解224 枯菊の・・ | トップページ | 自句自解226 庭石に鳥影・・ »