« 自句自解208 手を広げ渡る・・ | トップページ | 自句自解210 地芝居のお練り・・ »

2023年10月11日 (水)

自句自解209 熱こもる髪・・



 

   熱こもる髪ほどきけり秋の月
(ねつこもるかみほどきけり あきのつき)2010・10月

 

季語・秋の月(三秋)
「月」だけで秋の季語なのですが、歳時記によっては特に「秋の月」と載っているものもあります。
決して字数の都合で⇑⇑こうしたわけではありません。
秋を強調してますねんやわ。テヘペロ。

 

あまりの暑さに地球最後の日が近いような気がしていましたが
お彼岸過ぎると嘘のように涼しくなりました。
大慌てで毛糸のカーデガンを引っ張り出し、扇風機とストーブを入れ替えました。

この国は四季ではなく二季になりそうな・・
じゃ、俳句はどうなるんだろ・・
ま。いいか・・そこまで生きてないし。

上の句、暑かった昼間と、ひんやりした月の夜を感じて頂ければうれしいです。

 



ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

   

| |

« 自句自解208 手を広げ渡る・・ | トップページ | 自句自解210 地芝居のお練り・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解208 手を広げ渡る・・ | トップページ | 自句自解210 地芝居のお練り・・ »