« 自句自解197 露葎近道戻るに・・ | トップページ | 自句自解199 まぼろしに椅子を・・ »

2023年9月15日 (金)

自句自解198 校庭のみんな・・



  

   校庭のみんな膝抱く秋思かな
(こうていのみんなひざだくしゅうしかな)2022・9月 

 

季語・秋思(三秋)

「秋」に「思」うと書いて「しゅうし」と読みます。
「秋」の下に「心」をつければ「愁」うれいという字になりますが、
思い煩い、心配し、悲しくものを思うこちらの「愁思」は季語ではありません。
愁思は年中のことだから?ですねきっと。

 

私達は「三角座り」と言いましたが、広くは「体育座り」と呼ばれているようです。
ここを書くに当たってググってみたら、なんと!
「体育座り」は腰と内臓に悪いという事で廃止する学校がふえているそうです。
腰痛持ちのお子がいるらしいです。

おばちゃん、驚くことばかり!

 

秋になると周りの景色が変わる
木々は色を変え始め、空気は透明度を増す。
風にそよぐ草にも、岩につまずく水の流れにも
なぜだろう・・深く思いをいたす秋。

 

子どもにだって悲しみもあれば理もある
子どもにだって秋は来る
運動場に座る子ども、ひとりひとりにある秋思。

 

今月最後の句です。
奥様はどのように読んで下さるかしら。
体操服にブルマ姿の小さかった奥様。

 

 

 

 

次の更新は10月1日予定です
ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解197 露葎近道戻るに・・ | トップページ | 自句自解199 まぼろしに椅子を・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解197 露葎近道戻るに・・ | トップページ | 自句自解199 まぼろしに椅子を・・ »