« 自句自解187 蔦の壁背に・・  | トップページ | 自句自解189 適塾の所感ノート・・ »

2023年9月 5日 (火)

自句自解188 秋の灯や爪塗る・・



  

   秋の灯や爪塗ることも旅用意
(あきのひやつめぬることもたびようい)2007・9月

 

 

やっとコロナ緩めになったのに、1ユーロ=158円 だよ 
海外旅行ですと? 行けるんだったら連れてってくれい!
そんな義理はない? ああそうですか。

さて。爪にまつわる話です

 

T子さん(私より3歳お姉さん。初恋の同級生夫と二人暮し)
「最近爪ケアを始めたのよ」とおっしゃる。
「これで3回目。甘皮を取ってもらってマッサージしてもらって形を整えて・・・」
で。1回3800円 だそうです。
「次は何かチョンチョンと描いて貰おうと思ってるの」と。

T子さんって
元小学校の先生だから、声がやたら通る。
それ以外は 地味~~で真面目でお堅い(爪塗る人がその反対ってわけではないです)
いつも、穏やかでニコニコと、人のために良く動いてくれる人。

どうして爪のお洒落を始めようと思ったのか尋ねてみました。

しばらく考えてからおっしゃったのは意外な答えでした。

「寂しいんやろね。きっと・・・」

 

ひぇ~~~ 秋やなあ・・・

見て見て!と差し出されたその手
お母ちゃんに「一生働く手や。働きもんの手や」と言われたという厚みのある手の平
「指圧師になったらええねんと」といわれたまむし指・・・

歳取ったら寂しくなる・・おばあちゃん(姑)がよう言うてましたわ。

 

T子さん、ネイルを楽しんでね。
それは「寂しい」んじゃなくて「自分を愛しく」感じてるんだよ
と、まあ要らん事は言わずに・・・

 

 

季語・秋の灯(三秋)
この時私はどこに旅行したんだっけ?



ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋


| |

« 自句自解187 蔦の壁背に・・  | トップページ | 自句自解189 適塾の所感ノート・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

友人は3姉妹で長い間ボルドー色の爪でした、妹さん達も真っ赤。ある時お父様が施設に入居されることになりその付き添いで姉妹が集まった時3人共申し合わせたかのように色が消えて居たそう、「何となく気が引けたのよ~」と。3人共思う所が同じだったようです。私の指に一番似合わないのがネイル、短くて太いしおまけに縦よりも横に広い。お茶のおけいこの時が苦痛でした。

投稿: パコ | 2023年9月 5日 (火) 13時49分

★パコちゃんへ
不思議ですね。ネイルと心理(女心)
私前から思っているのだけど、「爪を塗る」行為って化粧をする心理よりもっと深い
( ´∀` )

そのお友達姉妹の気持ちな~んとなくわかりますね。真っ赤な爪は不真面目でもなんでもないのに気が引ける・・わかるわかる。

投稿: おたま | 2023年9月 6日 (水) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解187 蔦の壁背に・・  | トップページ | 自句自解189 適塾の所感ノート・・ »