« 自句自解190 水占の恋愛成就・・ | トップページ | 自句自解192 秋暑し蔓のあるもの・・ »

2023年9月 8日 (金)

自句自解191 鶏頭花短縮授業の・・



 

    鶏頭花短縮授業のチャイム鳴る
けいとうかたんしゅくじゅぎょうのちゃいむなる 2013・9月

 

地域によって違うのだろうけど、2学期の始業式って9月1日じゃないのね。
その二三日前から小学生が並んで学校に行く姿を見かけました。
ご苦労さん。小学生。
あたし、いまから学校に通え!って言われるくらいなら〇んだほうがましです。
ここから35分も歩いて行くのよ。
で45分間椅子に座らされて、それが下手したら6コマ。
拷問に近いとおもうよ。よくぞ耐え抜いて小学生やってきたわ。エライゾ自分。って思う。

 

季語・鶏頭(けいとう)三秋

風向きによっては山の天辺の小学校からチャイムの音が聞こえてくる
運動会の練習らしき行進曲や、先生のがなり声もマイクに乗ってやってくる

ところが気がつけばこの数年で、その音が無くなった。
高い建物が建ったわけでもないのに。

なんだかね、もうチャイムは鳴らさないんだって。
チャイムが鳴らなくても子どもたちが自発的に行動できるようにとの教育的配慮らしいです。
教室や校庭の時計を自分でかくにんする。

へ~~~~ といふことばかりやわ。

わたしらキンコンカンコンで飼いならされた羊みたいに動いてた。
小学校低学年の頃はサイレンやった。
「クウシュウケーホー ハツレー」といって校庭を走り回った(歳がバレルっちゅうねん)

用務員のおじさんが鐘をカランカラン振って、昼休みの終わりを知らせてくれた。
「小使いさん」ではなく用務員さんと言いなさいと教わったのはいつだったっけ。
用務員さん一家は学校の中で暮してたな。中学生くらいのお兄さんとお姉さんがいた。
住まいの真ん中に井戸とかまどがあり
クラスに一個の、おおきなアルミの薬缶がならべてあった。
おじさんが井戸水から沸かしてくれていたのね。

なんだか話が横道にそれました。
色々おもいだしたから。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解190 水占の恋愛成就・・ | トップページ | 自句自解192 秋暑し蔓のあるもの・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

お~同士よ!其方もそうであったか嬉しいぞよ。当時は学校が嫌いとも思わなかったけどホントよくもまあ頑張って小学校を卒業したものです。その上に何人か名前を呼ばれて記念品まで頂いちゃったりして。あのまま行ったら今頃は・・・だった?何処で如何間違ったのかしらね~。最近は昔のことは鮮明に思い出すのに夕べ何食べたか思いだせず困ったもんです。

投稿: パコ | 2023年9月 8日 (金) 13時00分

★パコちゃんへ
今から6年前ってつい昨日の事だけど、あの頃の6年間ってとてつもなく長かったです。
いつまで、こんな事(小学生)してるのかしらっておもっていました。
でも厭じゃなかった、むしろ楽しい事の方が断然多かった。
だからいつまでもおぼえているのでしょうね。

人生一からやり直したいわ。
小学校に行くのはもういいけど。

投稿: おたま | 2023年9月 8日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解190 水占の恋愛成就・・ | トップページ | 自句自解192 秋暑し蔓のあるもの・・ »