« 自句自解171 手を触れしとき・・ | トップページ | 自句自解173 夕立雲・・ »

2023年8月 4日 (金)

自句自解172 母に似し足指・・



 

  母に似し足指なりし浴衣下駄
(ははににしあしゆびなりしゆかたげた)2017・8月

 

エミリー(友人)が
「こないだ、お風呂から上がって、鏡見てギャ~~!って叫んだわ」といいます。
「わかる気がする」「どういう意味? 」
というやり取りの後、話を聞けば
鏡の中の自分が「お母ちゃんにそっくりやってん!」ということだったらしいです。

小さい頃、周りの人に「お母さん似やな。お父さん似やな」とか言われたことがおありでしょう?
そんな事言われったって、自分の知ってる親は自分が生まれたときから大人だったから、ピンとこないのね。
それが、「あの頃の親」の年齢に近づいて驚くことになるのです。エミリーみたいに。
怖いね~(深い意味はない)

 

掲句は「浴衣句会」をして遊んだ時の事
みんなで夕方の池の周りを散歩しました。
狂言をしているメンバーがいて、男性陣は彼から借りた夏袴(はかま)などをつけて大はしゃぎをしました。
ご近所の人「何事!」と思わはったやろね

さほど、母に似ていないと思っていた自分ですが、ひょんなときに変なところが似ている!と、大発見でした。
怖いよ~

季語・浴衣(三夏)

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解171 手を触れしとき・・ | トップページ | 自句自解173 夕立雲・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

母に似る。そんな所は一つもないなとずーっと思ってました。母が入院して最期を看取る頃、手を拭いてあげてた時に母の爪の形が自分と同じだと初めて気が付きました。マニュキアの似合わない爪。庭仕事で土まみれのごつい手しか見てなかったけど、寝付いてからはふにゃっとした柔らかな手になっていました。あ~ここ?って思いました。大発見でもないけどちょっとうれしかったのです。

投稿: ばんび | 2023年8月10日 (木) 19時33分

★ばんびさんへ
怖いですねえ「血」って( ´∀` )
外見もですが中身も変なところが似ていると最近気が付きました。あ~ヤダヤダ。
ばんびさんは「うれしかった」んだからお母さまがお好きだったのね。
うちなんか愛憎入り乱れちゃって素直になれない自分を持て余しています。
もう私もいい加減な年だし、あちらはあの世なんだから大きな心を持ちたいんだけどね・・。

投稿: おたま | 2023年8月10日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解171 手を触れしとき・・ | トップページ | 自句自解173 夕立雲・・ »