« 自句自解177 コンクリートに・・ | トップページ | 自句自解179  天の川母の・・ »

2023年8月10日 (木)

自句自解178 折り返し返信・・



 

   折り返し返信メール来て涼し
(おりかえしへんしんめーるきてすずし)2009・8月

 

家族がそれぞれ携帯電話を持ったのは、おばあちゃん(姑)が入院したので、何かがあれば可及的速やかに集合できるように!という理由だった。今世紀に入った頃じゃなかったかなあ。
当時高校生だった次男が使い方を教えてくれた。

メールはな、文字が残るから相手が不快になる内容は送信したらアカンで。「アホ・ボケ・カス」は直接会うてから言いや

という事だったのでそれは今でも心がけています。

 

掲句、2009年頃はメールと言えばPCからばかりだった私がやっとケータイを使いこなせるようになった頃だと思う。
仕事でポケベルや、メールボックスとか言うのを使った時のように。訳の分からないままに折りたためないケータイ持たされて「めんどくせ!」と思っていた。


ケータイを携帯するのをすぐ忘れ顰蹙を買っていた。
「いま、メール入れてんけど・・」と電話で連絡されてばかりいた。

今、スマホを必要に迫られて使っているけど、ホンマ苦手です。
使いこなせていない。心の中でこんなの必要?と思ってます。
古い奴だとお思いでしょうが・・

友人知人は、すぐに返信を呉れる。えらいなあ・・

 

季語・涼し(三夏)

暑いからこそ求める涼しさ。暑いときこそ感じる涼しさ。だから「涼し」は夏の季語になっています。
詩人は色んなものに「涼しさ」を感じます。
季感・体感としての涼しさはもちろん。心の涼しさ(透明で清らか)もおおいに含まれています。

 

 

 

お盆でバタバタしています。
更新は飛び飛びになるかもしれないけど15本は書きたいと思うています

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解177 コンクリートに・・ | トップページ | 自句自解179  天の川母の・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

携帯を忘れないで持って出るように家族に言われて帰宅後もそのままバッグの中。パソコンに「携帯如何したの何度も電話してる」と入って慌てる私、毎度の事です。メールは未だにパソコンから最新機器は使いこなせません、せいぜいが病院での待ち時間のゲーム機、便利になったこの時代ぽつんと一軒家じゃあないけどぽつんと置いてきぼりです。

投稿: パコ | 2023年8月10日 (木) 20時48分

★パコちゃんへ
パコちゃんもですか?
なんだかついていけないんですよね。
アタシ固定電話も苦手。顔の見えない人と喋りづらい。
スマホはどんどん賢くなって、使いこなせない自分にちょっと腹が立ちます
ほんと苦手です。友人の間では「すぐに出ない・すぐに返信しない」人でブラックリストに上がっているらしいです。

投稿: おたま | 2023年8月10日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解177 コンクリートに・・ | トップページ | 自句自解179  天の川母の・・ »