« 自句自解163 ドア押せばカウベル・・ | トップページ | 自句自解165 冷房や館の・・ »

2023年7月11日 (火)

自句自解164 名に大の一字・・



 

   名に大の一字を持ちて昼寝の子
 (なにだいのいちじをもちてひるねのこ)2020・7月

 

 

長男の長男。グッ坊のことである
名づけは親から子への最大のプレゼント
彼の場合も両親が相談して決めた。

そんなに深くかんがえてなかったんとちゃう?
音の響きがいいし、良い字が使われている。

二つの漢字が合わさり意味の或る言葉になった
私としてはexcellent!な名前だと思っている
生涯をかけてこの名の通り生きて欲しい
この名前が彼の指針となるように願っている。

 

季語・昼寝(三夏)

寝姿が大の字になってる?
そこまで読んでいただけたらありがたいっす。

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

  

| |

« 自句自解163 ドア押せばカウベル・・ | トップページ | 自句自解165 冷房や館の・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解163 ドア押せばカウベル・・ | トップページ | 自句自解165 冷房や館の・・ »