« 自句自解159 炎天に警官の・・ | トップページ | 自句自解161 遠き日の母の・・ »

2023年7月 7日 (金)

自句自解160 笛方の揃いの・・



 後祭りの句が続きます

 

   笛方の揃ひの浴衣半身なる
(ふえかたのそろいのゆかたはんみなる)2017・7月

 

祇園さんのお囃子と言えば・・ああ。「コンコンチキチ」ねと他府県民は思ってしまいますが
そんな単純なものではなく鉾による違いや音色を聞き分けるのも楽しいです。
実はbackビートだったりして

笛と太鼓と鉦のコラボレーションが静かな都大路に響きます

Gi

季語・浴衣(三夏)

半身に腰掛ける笛方の皆さん。こうしてみると男性の浴衣姿、色っぽいですね

 

 祭笛吹くとき男佳(よ)かりける  橋本多佳子

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解159 炎天に警官の・・ | トップページ | 自句自解161 遠き日の母の・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解159 炎天に警官の・・ | トップページ | 自句自解161 遠き日の母の・・ »