« 自句自解164 名に大の一字・・ | トップページ | 自句自解166 ゆつくりとふくるる・・ »

2023年7月12日 (水)

自句自解165 冷房や館の・・



  

  冷房や館のスリツパ脱げやすし
(れいぼうやかんのすりっぱぬげやすし)2022・7月

 

去年の六月、我が町に一つの歌碑が建立されました
私の? んなアホな!
こんな小さな町でも、さすが近畿一円の輪っかの中に入っているわけで
当地を舞台にした歌が「万葉集」に二つもありますの。

関係者の熱心な働きで建立の運びとなりました。
土地はいっくらでもあります。過疎気味やから・・
その上、風光明媚この上なし。やったね。

友人がコレ(歌碑建立)に深くかかわっていて
除幕式後の記念講演にぜひ来てくれという。
閑古鳥が鳴いてたらカッコつかへんやろ?偉い先生に来て貰うのに・・

ほんまやほんまや。
寄付をせえ!と何度も言われたのに(悪気はなかったんですホンマです)タイミングが合わなくてやらなかった。
講演会くらいお安い御用でっせ。枯れ木も山の賑わいや~~~

当日は予想に反して大盛況。
公民館の一番大きな部屋の掃き出し窓を全て開け放ち、机とパイプ椅子の最後尾?は出口のところまで一杯。
良かったわね。大勢来て下さって・・
ところが、である。窓を開けているので「ウグイスがやかましい」夏の鶯は異常に元気だ。
閑古鳥ではなかったのは嬉しいけど・・・

 

ガラス戸を閉じ、冷房をいれることになった。
おかげで、あたしは↑の句を一句たまわりました。

v( ̄Д ̄)v イエイ

  

季語・冷房(晩夏)
今どき,ルームクーラーって言い方しないのね。
多機能だからね。冷やすだけじゃないものね。
エアコンでは季語にならないです。気をつけよう。

ここでクイズです。
このスリッパは何色?

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解164 名に大の一字・・ | トップページ | 自句自解166 ゆつくりとふくるる・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解164 名に大の一字・・ | トップページ | 自句自解166 ゆつくりとふくるる・・ »