« 自句自解122  つちふるや・・ | トップページ | 自句自解124  小説の駅・・ »

2023年4月15日 (土)

自句自解123  春雨や・・



  A子ちゃんが吟行幹事のときはなぜか雨が降ります。
雨というか、大雨。
いや、嵐。
彼女は「嵐を呼ぶ女」と呼ばれています。

 

昨日の「大阪梅田スカイビル空中庭園」の吟行幹事はA子ちゃんでした。
お天気は「曇り」
A子ちゃんにしては上出来!と言いたいところですが
ただの曇り空ではありません

黄砂  です。

昨日ご紹介した霾る(つちふる)です。 

六甲山どころか大坂城も見えませんでした。
さすがです。さすがやでAちゃん!

Img_8278 Img_8289

新淀川を渡る右(東)から
阪急電車・十三大橋・新十三大橋・阪神高速11号線

黄砂で十三(じゅうそう)辺りまでしか見えません

 

・・・・・・・・・・

 

 

  春雨やガムラン流るるナンの店
(はるさめやがむらんながるるなんのみせ)2018・4月

 

この時の幹事もAちゃんでした。
季語は春雨(三春)を使っていますが
笑ってしまうような大嵐でした。
万博公園内の民族博物館へ行っっていました。
死ぬかと思いました。
転がるように悲鳴をあげながら「タイ料理の店」へ入りました

吹き抜けのガラス張りの明るい店内にはガムラン(インドネシアの民族音楽)がぬる~く、ゆる~く、生温か~く流れていました。
幸せな気分で美味しい料理をいただきました。

雨なら雨を、嵐なら嵐を楽しむこれが吟行の醍醐味です
そう言った意味でA子ちゃんは大事なメンバーなのです。

 

 

 

次の更新は5月1日予定です

 


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| |

« 自句自解122  つちふるや・・ | トップページ | 自句自解124  小説の駅・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自句自解122  つちふるや・・ | トップページ | 自句自解124  小説の駅・・ »