« だんだん弱る | トップページ | TAKARAZUKA »

2013年7月 5日 (金)

一條大蔵譚


baseballbaseball


久々の歌舞伎カテゴリーでございます。
な・なんと今年になって初めてですimpact
お芝居、観てるけど、張り切って書く気が起きなかったのが正直なところです。
おもろなかったからdown

clover

大阪松竹座七月歌舞伎・夜の部へ行ってまいりました。
「一條大蔵譚」(いちじょうおおくらものがたり

このお話は「鬼一法眼三略巻」(きいちほうげんさんりゃくのまきという浄瑠璃の四段目が独立して上演される時に使われる外題です。

常盤御前に秀太郎。鬼次郎に橋之助を従え、我等が仁左衛門さまの大蔵卿でございます。

clover

おたまの世代って「日和見」って言葉にちょっとアレルギーがありますねん。
事態のなりゆきで形勢有利につく。体制にも反体制にも・・・。それまでは傍観者をきめこんで・・。
節操なさすぎ!侮蔑の対象!

なんて。カリカリしてたのは、蒙古斑の残っていた時代の話でね。今や青い正義を振りかざすなんてナンセンスの骨頂やわ。ふ。
ああ、汚れちまったのか、返す刀でばっさりやられたのか・・・おたま。

以上、独り言でしたhappy02ぶつぶつぶつ

clover

お話は、日和見・傍観男の物語のようでありますが。
それは、表層だけをなぞるようなもの・・
まあ、おききください。

常盤御前(秀太郎)を平清盛から下賜されたお公家さん・一条大蔵卿(仁左衛)は狂言・今様・曲舞にうつつをぬかすばかりの、三本ほど毛が足らん人やでと噂されている。

あ。常盤さんご存知でしょ。源義朝の元ヨメで、平清盛の元カノ。義経のお母さんです。
清盛はクソ真面目な長男・重盛に「お父さん。それはあかんでしょ。いくら別嬪さんやからと言って敵将の未亡人に手をだしたらannoy何を考えてはりますねん。このどスケベannoy」と言われたかどうかはしらんけど、常盤を全く差しさわりのない阿呆とうわさの大蔵卿に渡すのです。

おたま、常盤さんにも一度会って話をききたいんだけど、ホンマのところどうなん?あーたの生き方。あーた一番したたかなんと違うの?

・・・・

おたまが、聞くまでもなく、ここに登場するのが吉岡鬼次郎(橋之助)とお京(孝太郎)という夫婦。
実は源氏再興を願うアッチ系のひとで、常盤の本心を量りにきたのでありました。

clover

芝居のみどころは、

浄瑠璃狂言らしい科白のおもしろさと、二面性。
この二面性の変化について、仁左衛門。客におもねることなく演じておられる。番付で「公家らしい品のある呆け」のようなことを語っておられるが、やりすぎず、客を単純に喜ばせればいいというものではないことを踏まえての演技は、さすがだと思った。

さらに、この二面性。単純に作り阿呆の賢者とはいえない人(生き方)の深さを客に投げかける。
演者が役そのものを冷静に見つめてこそ(役に思い入れをいれず)観る人に訴えかけられるのだと思うし、それが大蔵卿という人物。「冷徹に、自分で決めた生き方を全うしてゆける凄さ」を持つ人物像をくっきりと浮き上がらせる。

演者そのものがその人に思えてしまう。

嵐のような時代の変化、権力の推移の中で生きる一人の男。
その生き方は「したたか」であったのか「知恵」であったのか・・
おたまは、この人根っからの平和主義者やったんと違うかなと思いますねん。
政争に巻き込まれず生き延びる手段として呆けに徹する。冷静に世の中を眺めながら・・・それしかなかったんと違うかな。

共鳴はしないけどね。

clover

「桧垣」(序幕)の終盤。鬼次郎を認め、はっとした瞬間。賢者の本性をを瞬間の目の光で見せる、仁左衛門。しびれますわ。
もちろん、この場面、双眼鏡の形が残るくらい眼球に押し当てておりましたですよ。

秀太郎の存在感。結構でした。

橋之助・孝太郎夫婦も安定していました。



|

« だんだん弱る | トップページ | TAKARAZUKA »

映画・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの歌舞伎ネタですね、楽しみにしてました。
仁左衛門様は素敵でしたか、良かったですね。
新装した歌舞伎座を眺めながら私も観に行きたくなりました。

投稿: スマイル | 2013年7月 6日 (土) 10時19分

やっぱり夜の部が良かったかなぁ。
来週、昼の部に行きます。
仁左衛門様、どうしてあなたは仁左衛門さまなんでしょうheart04
双眼鏡に目玉が入り込んでしまう。

自分で決めた生き方を全うしてゆける凄さ・・・
男に求める姿です。

投稿: kimi | 2013年7月 6日 (土) 21時57分

baseballスマイルさん
昨年は歌舞伎座の改修工事のおかげで関西で上演される内容が濃かったですが、今年は・・・
勘三郎が欠けたのも大きいですね。

いっこちゃんへのコメ
削除パスワード欄に適当な文字を入れてクリックしてみて下さい。たぶん、いけると思います。

baseballkimiさん
昼の部。来週ですか?私は7月3週目にチケット取って居ます。柳沢騒動ですね。夜の部でみた、橋之助、一回り大きくなった感じがしましたよ。乞うご期待!
楽しんで来て下さいね。

「自分の決めた生き方」にもよりますわ(笑)
ただの臆病者やったかも・・ですよ。
まあ。貫くのは凄いですけどね。

投稿: おたま | 2013年7月 6日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/52320028

この記事へのトラックバック一覧です: 一條大蔵譚:

« だんだん弱る | トップページ | TAKARAZUKA »