« サインはピース | トップページ | 飲み会再開 »

2013年6月10日 (月)

笑って許して


baseballbaseball


「許す」という事について考察していると
固定電話のベルが鳴ったtelephone

電話の相手は思いがけない人だった。
尊敬しているし、素敵な人だが若干緊張をともなう方です。
東京弁はお上品でいけない。

用件は、○○氏から手紙が来て、△△についてワタクシ(おたま)に電話を入れてくれということだがどういうことなのだろう。という内容だった。

いやいや、当の本人(おたま)要点が掴めん。内容がわからん。
そして△△はおたまにとって、全く重要事項ではない。

clover

いたってストレートな人間なので、こんな回りくどいのは「面倒くせ!」と思うし、○○氏らしいやり方とも思う。

あくまでも、ご自分はオブザーバーのスタンスなのだ。

そういうのをおたまおためごかし」っていうんだよannoy
おたまの事をおもんぱかって先回りをしたという立場をとるおつもりなのだろう。

電話の相手、Aさんと少し会話して○○氏の意図とするものがみえてくる。

こちとら、大人だもん。善的解釈してあげませう。
でもね。人を動かすやり方としては巧いとは言えないぜ。

Aさんは賢い方なので、おたまの困惑にすぐ気が付かれた様だ。

その件は、軽く結論付けて。
話題を変える。

話は途切れることなく続き、思いがけない長電話になってしまった。
最後に、「ああ、電話して良かった」と言われた。

Aさんとしても少し戸惑っておられたのがわかった。
「良かった」は本来の用件以外の会話の部分である。

clover

さて、来週○○氏に会うことになっているのだが、
いかが致しませうかね。

若いころなら「どゆうこと!」と喰って掛かったかな。
今なら諍いは好まぬぞよ。
無駄なエネルギーは使いたくない

clover

さきほどの「許し」についての考察を続ける。

「許す」の反義が「憎む」であるとしよう。
「許せない」ということは「憎しみの感情」をもつことであり、それは自分自身に「憎む」という罪を課することになる。

相手を許すということは、自分が「許せる」立場の人間であらねばならないわけで、(自分の人生においておおかたは)「許す」という傲慢さは許されてはいない。

恨み、憎むという罪を負い続けることから逃れるためには憎しみの感情を上手に昇華させること。(持つな!というのは人間である限り無理なのだから)
いかに瞬時に「気にかけない」ようにするか。それが大事マンブラザーズってものだ。
自分が罪を作り出さないために。苦しまないために。

clover

てなことを、丁度考えていたときなので
A氏のとった行動など、「屁」でもない。

ただ、尻の穴のちっちゃい男はみっともないってことさ!

あかん。あかん。
こんなところで、ぼやいているのもケツの穴は知れてるぜ。

ただ、文にすると、頭の中がまとまって、スッとしましたわ。

ハイ。おしまい。



|

« サインはピース | トップページ | 飲み会再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

許す事とは・・
人は忘却の動物と言われています。
忘れるという事は、心の救いになることに違いありません。意識して覚えているのではなく記憶の何処かには残っているんだとは思いますが、忘れないと、頭の中が情報量によって気が変になってしまいます。
人間の生きていくための知恵なのではないでしょうか?

許すこと、それはある意味、忘れることだとも思います。他人から受けた仕打ち、そのものの行為は忘れないかもしれませんが、その人を許すことによって、その行為とその人を結びつけることを敢えてせず、忘れてしまうことなのかもしれません。
人間関係を良好にする人間社会の一つの行いなんだとも思います。
でも、中には、忘れることが出来ず、許す行為もできない人が、いると思います。他人を許す事の出来ない人に、心の弱い人が多いとも言われています。逆に、許すことの出来る人は、強い人だとも言われています。

私自身、心の弱い部類に属していると思いますので、これから、忘れることにしようと考えます。

例えば、昨晩の夕食何だったかを忘れるように!
??? 意味違ってましたcoldsweats01

投稿: OJIN | 2013年6月11日 (火) 06時03分

えぇーと
まず丸丸が?
三角が…
四角がおたましゃんでしょ
星が誰だっけ
わかんないや

次からは丸三角四角じゃなくて動物シリーズにしてくださいな~

ところで何故おたましゃんがAさんのけつの穴が小さいことをしってるの?
怪しいな

投稿: poo | 2013年6月11日 (火) 10時33分

おたまさんエライ!
そんな相手と会うだけエライ!
おたまさんは、謙虚だけど、◯◯氏より人間性で絶対的優位にある自信をもっている!
だから会える。
会見終えたら、おたまさんの魂が清まっていますように。

投稿: OSダンボ | 2013年6月11日 (火) 16時01分

私は、「まあいいか」ということばが好きです。

 許すとか許さんとかいうても、どうなるもんでもないことが多くて。

 許さんとか言っている人が、実は自分の精神を傷つけて病気になってしまいました。そういうのを見ていると、自分の健康のためには(他人に対して)いつまでも怒らないことが結局自分のためということを学んできました。

 最近教会(キリスト教)に行き始めた友人が言っていましたが、人には「許す」という行為は認められていなくて、神のみができるんだって。

 深く考えもせず、そうかもねえと思とります。

 でも、韓国ドラマで、「私を決して許さないでください。」とか「殺してください。」とか言うのにえらくびっくりしたおぼえがあります。

 

投稿: campus cat 55 | 2013年6月11日 (火) 16時28分

baseballOJINさん
忘れようとして思い出せないお年頃なので、そこのあたり全然OK(へんな日本語)です。
人間は努力せずとも「楽」に生きる方法を持ち合わせているのですね。神様の粋な計らいかしら・・

ただ人間の持ち合わせている「忘却」という力にまかせるだけでは「修行者」おたまの修行の道が閉ざされるわけで、ギブミー煩悩なんてね。ちょこっとは思います。

baseballPOOさん
「ケツの穴」って書いて「人間」って読むんだよ。
こんなこと、駅前留学では習わないな。ごめんごめん。
ケツの穴は大事だね。

何べん言わせるねんannoyケツの穴って!

baseballダンボさん
なんか、もう全然腹が立ちませんねん。
特に歳を経るごとにひどくなってきています。
腹が立たない人生って、面白くもなんともないですよね。
丸くなったらもう、仕舞いやな・・ふ。
↑心底思ってませんけどねhappy02

baseballcampus cat 55
ぷぷぷぷぷcoldsweats01
王様私を殺して下さい・・・しょっちゅう言うてますよね。
私を許さないで・・・もね。
「恨」の文化ですからね。そこが情にも力にもつながっているのでしょうね。

許せるのは神様だけなのですね。おたまもそう思います。

五臓と感情はつながっていて「怒」は「肝」につながっているって習いました。
怒っちゃいかんですね、やっぱり。

投稿: おたま | 2013年6月11日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/51950591

この記事へのトラックバック一覧です: 笑って許して:

« サインはピース | トップページ | 飲み会再開 »