« 子どものころに・・ | トップページ | 宿題 »

2013年5月26日 (日)

さよなら五月


baseballbaseball


一年で一番美しい五月も残すところ一週間。

おたま、まだ柏餅食ってないよ。
グッ坊に兜飾りも出してやらなかったよ。

10日位前からホトトギスが鳴いています。うるさいannoy

もう、夏は来ぬ・・なんだ。

こんなに季節が早く過ぎると、心が落ち着かないわ。
尻は重いのに、心ふわふわ

clover

なんで「五月」やねん!
風邪引いて寝てた!ちゅうねん

え?何に怒ってるかって?

今月の兼題が「五月」ですねん。

 「切れ切れに海みえ五月の車窓かな」 おたま

先月、姫路に行ったときの風景。
アカン。誰もが作りそうな句やなdown

clover

 「潦ビルを映して五月来る」 おたま
 (ニハタズミビルヲウツシテゴガツクル)

にわたずみ(にはたずみ)とは水たまりのことです。

「水たまり」が怖いという友人がいました。
子どものころ、雨の降ったあとの水溜りを覗くと、青い空や白い雲が映っていて、自分がそこに落ち込むのではないかと思ったといいます。

空と同じ距離だけ深い奈落がある。

子どもの発想は自由!
おたまの頭はトンチンカン!

clover

008

久し振りに公園まで歩いて見ました。

モッコウバラが満開です。

007 プラタナスの根本に咲いているのは、一八(いちはつ)に似ていますが、外来種のようです。

公園はここを真直ぐあるいて、いきます。

clover

clover

clover

二年前の春、近くの老人施設の入居者さんたちが、この公園でお花見をされていました。

 「花の下明治の人の座り胼胝」
 「ふらここの三人あわせ二百歳」

おじいさんと孫らしき小学生の女の子がやってきました。
 「じいさんの逆手懸垂はなふぶき」
 「夕桜逆上がりしてみせくれし」

女の子は覚えたての逆上がりを嬉しそうにしていました。

clover

もうすぐ行く今年の春・・・
この公園に来るのも久し振りです。
季節は足早に去っていくのではなくて、受け止める自分がいなかっただけかもしれません。

 「白つめ草不意に光れば雀発つ」 おたま

なんでもないことでも、一瞬の発見はいたるところにあるのですから。



|

« 子どものころに・・ | トップページ | 宿題 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/51772349

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら五月:

« 子どものころに・・ | トップページ | 宿題 »