« 素直になれない | トップページ | イ・ビョンホン »

2013年5月17日 (金)

カラスのかあさん



あたしが病魔に冒されている間に、
確かにあったはずだ

 「母の日」が・・・・

うやむやにされては、たまらん。
無かったことにしてはいけないのだ。

とは言うものの

4240

 

男前で賢い明星次男坊殿下からは送られて来ました

 

 

 

00458_2   

 

お母さん。いつもありがとうこの部分は印刷してある
その下に、信じられない悪筆で
いつまでも元気で美しく!」
と書かれたカードが添えられていますねん。

思えば、彼が物心ついたころから「世界で一番きれいな人は誰あれ?」

「それは、お母ちゃん」

と答えさせていた。

 

幼児虐待やな

 

刷り込みは成功していましてん。小学生まではね。
しかし、子どもって知恵がついてくるもんやね。
困ったことです。
そのうち、疑問を持ちはじめる。
「美」の基準と。母の「年齢」

 

母は23歳と信じていたのは小学3年生までやった。

 

・・・・・・・・・

 

お花が届いたよ、ありがとうとメールをいれようとしたけど、
イヤ。待てよ。
この、カラスがコールタールを飲んだような声をきかせて、同情を引いてもらおうと思い立ちました。
「おたまちゃん。大丈夫?死んだらあかんで~」
と、飛んで帰ってくれば、しめたものです。

気持ちはわくわく。声はダミダミで電話をしました。
「ぼじぼじ。おばなあじがどう」もしもし。お花ありがとう

すると、カラス声で返事が返ってきました。
「どどいだ?がばいいやど?」(届いた?可愛いやろ

 

ひぇ~~ 明星ちゃん、風邪引いてはる~~

 

カラス vs カラス

 

「熱はないの?病院行ったの?ごはん食べてるの?」と矢継ぎ早に質問(カラス声で)
「うん・うん・うん」と子ガラス、返事。

返事をするのも面倒くさいしんどいんやわ。

なんて、不幸な 親鳩・こばと
ちゃう。ちゃう。カラスの親子

あれから、こちらもしんどくて、連絡していない。
まあ。元気になって東京の空を飛び回っていることだと思います。
カア。カア

 


 


 

|

« 素直になれない | トップページ | イ・ビョンホン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスのかあさん:

« 素直になれない | トップページ | イ・ビョンホン »