« カラスのかあさん | トップページ | 日曜日の思惑 »

2013年5月18日 (土)

イ・ビョンホン



おたまがまだ健康体だったころ・・
それはこのGW前ということですが
映画をみてきましてん。
思えば、この時すでに「エヘン虫」が喉の奥にくっついていたかもしれません。

映画は「王になった男」(2012・韓国)
主演はイ・ビョンホン様です

韓国映画、特に底辺社会の病理的な部分を描き出した作品には「す・凄い」「う・うまい」「つ・辛い」・・・・へなへなとへたり込みそうになる秀作が多くあります。

「チェイサー」「息もできない」「カエル少年殺人事件」・・

韓国映画のレベルの高さを知れば、言うたら悪いけど、言わなきゃ分かってもらえないから言うけど、日本映画の浅いこと。浅いこと

で、この「王になった男」はそういった(作品への)期待はしてなくて、ただイ・ビョンホンの演技を見て見たいと思っただけです。

単純な二役ではなく、片方にそっくりな片方がその片方になり、そして成りきってゆくという複雑な役柄です。

おたまね、韓流イケメンスターがむしゃぶりつきたいほど好きなわけでもないざんすのよ。
でも、イ・ビョンホンsiはいいです。特に目がよございます。目の奥に哀しみがある。うんうん。いいよ。

彼はこの映画の公開に先立ち、過去のうつ病と現在もパニック障害であることを告白しています。

何かがあって、人は深くなっていくのだろうし
男の顔が作られていくのでしょう。

43歳
男の美しさの基準からいえばピークは過ぎたなと思いますが、
そんなこと、なにをえらそうにきれいなだけの未亡人おたまがぬかしてるねん。っちゅう話ですわ。
ファンの皆さまカミソリの刃を送って来ないでね。

ブログ「男の顔」カテゴリー久々の更新です。
いい顔の男がすくなくなったのでねえ。
なかなか、書けんですわ。



|

« カラスのかあさん | トップページ | 日曜日の思惑 »

男の顔」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、風邪の方は如何ですか?
文面を見る限り、いつも通り意気軒昂とお見受けしますので、バイ菌の方が恐れをなして逃げ出すと思いますよ。

うばゆりもちょっと体調を崩しています。
春になって突然動き出したので体力が付いていかないのです。
おたがい、余生?を楽しみましょうね。

投稿: うばゆり | 2013年5月18日 (土) 21時23分

おたましゃんが韓流の追っかけって・・・なんかそのままやん~
43で既に男の美しさのピークが過ぎてるのか・・・
何年前になることやら・・・

投稿: poo | 2013年5月18日 (土) 21時49分

84才の伯母は、イビョンホン大好き。ビョンさまと呼ばれます
上半身裸の写真は恥ずかしくて見られない。
歯の見えた写真はイヤ。
年末にカレンダープレゼントしたら
今日は夢見られるように抱いて寝るとおっしゃられました。
怪我で入院中もDVDでビョンさま三昧。
勿論待ち受けもビョンさまです。
未亡人おみさ34年
伯父は毛の先ほどもビョンさまには、似てませんでした。

投稿: youko | 2013年5月18日 (土) 22時49分

おばちゃん、ほんまはしんどいねんね。無理したらあかんよ。グッボーももう重いやろ?
美人薄命ってゆうから。お互い気をつけよね(笑)
イ・ビョンホンさんもヨンさまもケ大好きや!
メガネの似合う聡明そうな男子好みです。
ハグしてもらったら病気治ると思うわ。。。
しゃーない、夢で見るか。。。

投稿: ケセラ | 2013年5月19日 (日) 22時00分

うばゆりさん
もう、余生は堪能しました。遊んでばかりも飽きてきました。
働け!と?
たぶん役に立たないと思います・・

なんて、病後すっかり弱気です。

うばゆりさんは、都会に戻っても素敵に暮らして行かれると思いますが、自然やお庭や猿と別れられるのかしら・・
って心配しています。

pooさん
心配しないで!
ピークを迎えないままの男なんてザラですよ。
いいの。いいの。
poo氏はそれで・・・

youkoさん
ビョンホンsi、本望だと思います。
おみささんも、奈良の大仏さんにうっとりしてるより、うんと健康的ですわ。
ガンバ!

投稿: おたま | 2013年5月19日 (日) 22時06分

ケセラちゃん
ゲ。かぶった・・・

おたま、メガネフェチですねん。
ヨンさまが日本上陸するず~っと前から。

ただし、聡明さは期待していなくて、「うそつき」っぽい人が好みです。
屈折してまっしゃろ。

投稿: おたま | 2013年5月22日 (水) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イ・ビョンホン:

« カラスのかあさん | トップページ | 日曜日の思惑 »