« 切なさと心細さと | トップページ | 京都山科疎水の桜 »

2013年4月 3日 (水)

火中の栗


baseballbaseball


あさってのことが考えられへん。
なんか、もう一日単位でしか生きられん。
特に今週は。

夜寝る前に、明日の持ち物を点検する。

ゆうべは、資料・筆記用具・Sさんに頼まれていたコト。
      不二家アーモンドチョコレート30個入り×1

今晩は、 花・線香・数珠・カメラ・ぐるナビコピー
       先輩に頼まれていたモノ。

明日帰ってきたら、 句帖・筆記具・季寄せ・カメラ
             朝日友の会会員証

・・・・を、お忘れなく揃えておかねばなりません。

小学校のとき朝起きてから時間割をしていた人間とは思えない。

人って成長するもんやね

clover

117_copy

今日はちょっと面白かったです。

滋賀の三偉人って知ってはります?
雨森芳洲・中江藤樹・浅見絅斎

今日は、この中の雨森芳洲の交隣提醒(こうりんていせい)をお勉強してきましてんよ。

これは、芳洲の、朝鮮外交のノウハウの手引書みたいなものなのですが、なにしろ、鎖国といわれる時代。彼は日本初で唯一の外国との架け橋となった国際人だったといえます。

もちろん、原文はよう読みません。読み下してもらっています。
揺れている「竹島」問題を考える時、歴史的事実をふまえることは、とてもたいせつなことです。

交隣提醒のなかに「竹嶋(この字)の事起こりて」ってすでに書いてあるのね。サンフランシスコ条約のなんて、ずーっと後の話なのです。

行き着くところは、芳洲が「無学・無識」と切り捨てた「ヒデヨシ」にたどりつきます。

clover

韓国・日本両方の立場に立てる「先生」の講義で、大変良かったです。
意見交換も自由な雰囲気で楽しかったです。
色んな考えを聞かせてもらうのは勉強になります。

ただ、おたまは、この件については少数派に属するみたいでしたよ。

「棚上げ」で解決はしない。ってみんな言うんだけどね。
問題の先送りはいけないって言うんだけどね。

有利な言い分を述べ合っている現状を打破するためには、時間がかかるし、なにより歴史認識は共有できないでしょ。
認識と事実はべつものだし、事実を学ぶほど、「日本に不利」って気がしてくるのですよ。

韓国の中学、高校の教科書も見せてもらいました。

林子平の地図も載ってます。資料としての価値がどれほどのものか分からないけど、間違いないのは、この教科書で学ぶ若者が増産されていくってことです。

勉強会は
「雨の森芳洲が生きていたら、どのように言うでしょうね」
で、しめくくられました。

彼は「(相手国)におもねるのではなく、認めさせるのではなく、火中の栗を拾え」と言っています。

clover

今年はおたまちゃん、軸足を「滋賀」に移していることはお話したと思います。
ふふ。ご大層でんな

芳洲を生んだ「近江」。
また、行かなくっちゃね。



|

« 切なさと心細さと | トップページ | 京都山科疎水の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

bus 何を隠そう私は(隠す意味ないけど)雨森芳洲庵へ行ったことがあります。
別にお勉強しに行ったんじゃないけど…
名古屋からバスツアーが出ていて
琵琶湖のほとりで昼食
長浜の盆梅(咲いてない)をちらみして、
古い建物見て、最後が芳洲庵でした。
朝鮮通信使の話を長々とされて、
バスのお客さんに不人気でした。
もう20年くらい前かも…。
でも強烈に覚えています。
町並みはきれいでしたね。
水路に鯉が泳いでました。

投稿: ばんび | 2013年4月 4日 (木) 19時07分

baseballばんびさん
ぶぶcoldsweats01
本当の偉人というのは、時として為政者にとっては都合の悪いひとかもしれません。
権力に逆らう(たとえば権力の世襲の反対とか)発言も多いです。
中江藤樹の儒教の精神などは、時の権力と結びついた(利用された)ために有名になります。
二宮尊徳などもそうですよね。
そういう意味で芳洲はマイナーな人かもしれません
ノテウ大統領が天皇に謁見した時(これは歴史的な出来事です)
雨森芳洲の言葉を引用して演説しました。
「両国は精神の交わりを結ばねばならぬ」と
韓国の人がこれほど尊重している日本人を日本人が知らないのはとても残念なことです。

私も、何を隠そう、早春に芳洲庵の里へいきました。
小学校には「挨拶をしましよう。芳洲先生がみておられますよ」みたいな標語が掲げてあったり、郷土の誇りとして語り継がれています。鯉が泳いで水のきれいなところでした。
 

それにしても、なかなか渋いバスツアーでしたね^^。

投稿: おたま | 2013年4月 4日 (木) 20時26分

ダンボのコメントは何時も1拍遅れます。
歴史については苦い思い出があるからです。
小学校・中学校で「皇国史観」を叩き込まれました。
建国は西暦600年以上も前。神話を歴史的事実のように教えられました。
そして、純粋な少年少女はそれを信じて、日本は神の国と思いこんだのです。
だから、歴史ほど為政者の手で捻じ曲げられやすい教科(あえて学問とは書きません)はありません。
今の火事になりそうな問題は、三つの国の政治家は手を出さず、考古学者や歴史学者が何百回でも議論し決着つけて欲しいと夢みるダンボです。

投稿: osダンボ | 2013年4月 6日 (土) 00時00分

baseballダンボさん
グローバルな視点に立ち公平で先を見通す力のある人ばかりが政治家だったらいいのですが・・・
そんな人なら、政治家にはならないかdown

投稿: おたま | 2013年4月 6日 (土) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/51059104

この記事へのトラックバック一覧です: 火中の栗:

« 切なさと心細さと | トップページ | 京都山科疎水の桜 »