« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

学習



新しいレースのカーテンに替えましてんよ
(知ってる!)

でも、そのカーテンで、ワタクシがジュディ・オングごっこに明け暮れていることはご存知ないでせう・・・

そんな、GWも、もう半ばでございますね。
昨日は、宮崎産のイサキを食しましたのよ。旨かった。

話は支離滅裂ですが、人生ってやっぱり一生涯「勉強」やと思いますねん。
で。
つのだ☆ラッコ様他の方が奨めてくださった「画像編集ソフト」にチャレンジしてみましたの(イエィ

春駒ちゃん(まだ使ってます)にjtrimをぶちこんで差し上げました。

0161
画像を360×270に縮小

 

0162
位置を指定してキリトリなんてのもできちゃうよ

 

0163
右下の看板部分をブロック処理してみました

どげん?どない?どぎゃんね・・?

嬉しい。楽しいYOOOOO

いろ~んなことが出来そうなので、ゆっくりと覚えていきたいです(一年一組・おたま)

前のソフトは画像が五枚一度に処理できてたの。
好きだったの・・
でも、仕方ない・・
逃げた女房にゃ未練はないわ。

アタクシ、涙を拭いてがんばる!

写真は先週の姫路市内・某所
探検してきましたの。
楽しかったよ。
名物・しょうが醤油で食べる関東煮、食べました。

 

又、ご報告いたしませうね。


 


 

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)



ちゃんとしようよ!

と、思うからブログの更新ができません。

 

何を?ちゃんとかというと、画像の貼り付けです。

昨日も、一昨日も、其の前も、書くことてんこ盛りなのに
折角なら、写真を・・なんて思うからね。

エミリーが
「いつまで生きるつもり?」と聞くので
つらつら考えて答えました。
「少し前までは100歳までって思ってたけど、近頃は(もうそろそろエエかな)って思う」

たぶん「今」が満足なんやろね。

まあ、自分としては、(死ぬ)スタンバイOKみたいな感じやねんけど

人に対しては
例えば、この前みたいにベベちゃんが手術をしたと聞けば、「長生きしてや」と思う。

人にそう思えば、あちらもそう思ってくれているみたいで
「おたまちゃんだけは、長生きしてほしいわ」と言ってくれる。

で、わたしら最近そんな話ばっかりしてます。

ははは。可笑しい。

「欲を持て」

って、もちろん「欲張り」な面はもってますねん。
でも、「欲」に対する強い意志がないので、人間成長しないんやろね。

↑↑「ちゃんとしようよ!」というのも
「欲」のひとつなんだけど、その「欲」が希薄なんやわ。

なんだかんだ言ってるけど、結局は「なまけもの」ってことかな。

連休初日、朝早くから、息子の電話。
「連休ですわ」

「知ってる」っちゅうねん。

・・・・

一応、こちらの予定を言っておきます。
おじいちゃんの祥月命日にお寺さんが来はる。
「王になった男」見に行きます。
中国史の勉強会に行きます。
・・・・・

 

「あとは、空いてるねんな」

 

 

  こわい

 

庭の草を抜きたい
ホットカーペットを仕舞いたい

こんな、ちいさな「欲」を達成していくのが幸せっていうものやろな。

多少の難はあるけど、自分が産んだ息子と
大食いのヨメと
完璧にお可愛らしいグッ坊が、

頼みもしないのに来てくれる・・

 

これは、「与えられる」ことやから、「欲」に結びつかないんやろな。

自分の幸せのために「やってあげたい」という「欲」に切り替えればいいんやね。

「また、来るんかい!」って思ったらあかんのです。

 

んな。あほな・・・

おお。脳天が堂々巡りしながら。

 

あの一家がそろそろやってくる時間です。

みなさま、ごきげんよう。

 


 


| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

その時の絵



べべちゃんと、年に一度は旅行しようね。
ということになっているけど

去年は母が亡くなったり、彼女の娘の出産などで機会をのがしてしまった。

その前は東日本大震災で落ち着けなくて
その前は共通の友人であるMちゃんが不慮の事故でなくなって・・・

今年はね!と伊豆方面の旅を計画していましてん。
彼女の希望は「観光は二の次でいいからゆ~っくり。ま~ったりしたい」ということでした。

そんな希望を出すくらいだから、やっぱり疲れていたのかな?
三日前、電話があり「実は先週、心臓系の手術をしてきた」といいます。

3日間の入院だった。旅行にはいけるから・・

「え~っ!もう何で知らせてくれないの」というと
急なことだったし・・・・、ということでした。

旅行の打ち合わせをして電話を切ったのだけど
昨夜遅くに電話があり「やっぱり行けなくなった・・」

昨日の朝、息子さんが事故で入院したとのこと、小さな二人の孫をご主人と二人でしばらく預かるそうです。

術後の弱った体力で大丈夫かなと、思います。

ポジティブシンキングが服を着てると言われるおたまに、輪を掛けたようなノーテンキなベベちゃんですが、声に元気がなかったです。

旅行なんて、いつでも行けるよ。

うちの、おばあちゃん(姑)がよく言ってた。
「その時その時の絵を描くしかない」って。

再びベベちゃんから電話。
「Mちゃんの命日やな」ってY君から電話があったとのこと。
Y君とは三人でMちゃんちにお参りに行った。
もう、あれから二年です。

今度、食事に行こう。ってY君が言ってたよ。
そのとき、K郎も連れてくるって・・・
おたまちゃん達に会いたがってるって・・

ギャ~~。出た~~。
曰くつきのオトコ、K郎。

ベベ子はK郎君が好きだったんだ

懐かしいなあ・・・

もう、「思い出話」の絵を引っ張りだしてくる年になっちゃたのね。
いかんですわね。

で、どうするの?べべちゃん。
一泊旅行はムリだけど食事なら出られるとのこと

「今日からダイエットとお肌のメンテナンス頑張るわ」

よかったベベちゃんに目標が出来て。

 

 


 


 

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

出会う



先日、中国史の勉強会で神戸方面に出掛けました。
二ヶ月ほど前に入られた男性も参加しておられました。

電車の乗り換えの時、S夫人(お世話をしてくださっている方)が「おたまちゃん。あの方俳句をなさってるそうよ。おしゃべりして御覧なさい」といわれ紹介して下さいました。

「○○です」と名乗られた時、まさかと思ったけど
「○○△△さんですか?」とお尋ねしたら
「そうです」とのこと。

え~っ!こんなところでお出会いするとは・・と、しばし絶句致しました。

俳誌や新聞の投句欄などでよくお見かけするのですが、住居が近いので印象に残っていました。
どんな方かなあ・・と思っていました。

かなり前にブログ記事にしたかと思うのですが、
子どものころ一冊の本に出会い、作者はどんな人だろうとずーっと思い続けていた人と、今から10年位前に偶然にも接点を持つことができました。

其の方(詩人)とは今でも交流が続き、お手紙や詩集や絵本などを贈っていただいています。

出会いの不思議というか、思い続ければいつかは会えるのだと感じたものです。

あれはもう、遠い昔のような・・昨日の出来事であったような・・12月の暮も押し詰まった日でした。

「私は・・・又・・会えますか?」と質問しました。
一瞬「?」という表情をしたあと、当方の目をのぞき込み、柔らかく笑って「ああ。そういうことね」と応えたその人は、相手の心、あるいは当人が自覚していない心の奥を読むことの出来る人でした。

「貴女が望めばね。」

・・・・・・・

「貴女は○○をし、△を選択し、それを続けてきた。だから私に会った。それは貴女がそれを望んだから・・」

・・・・

一番会いたくて、会いたくない人。
生きる意味と歩き方を教えてくれた人。

まだ、会えないなと思う自分と、
会えるようになりたいと思う自分がいる。

10年。20年スパンで物事を考えられなくなってきた。
一年前に母が亡くなってから、より顕著である。

残り時間を考えだしている。

 

なんてね。けふの記事
わけわかめ。でそ?


 


 

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

ぴんぽ~ん

 



ぴんぽ~~ん
ばんちゃん(カメラ付きドアホン)を覗くと、メガネを掛けたご婦人二人がぬっと顔をだされた。

「本日は、日常生活をどうすれば心おだやかに過ごせるかというお話にうかがいました」

 げ!

この方達、なんで
息子に金を出させることに失敗してくよくよしている」
ことを知っておられるのだろう。

まるでおたまの心を見透かしたようなグッドタイミング。

BUT ばっと 黄金バット (古過ぎるオヤジギャグ)
「どうすれば、心おだやかになるか」は本人が一番よくわかっております。

①息子に金をもらう
②息子に金をもらうのをあきらめる
③起きたことを忘れる

この三つのうちのどれかだよ。

で、インターホンの人には「自分で頑張ってみます」とお答えして帰っていただきました。

ぴんぽ~ん
先程とは違う、メガネの女性。今度は1人です。

「小学校のPTAからきました」

 げ!

今更、会長になれってか!そんなわけはない。
「こどもをまもる 110番のおうち」の継続のお願いと、聴き取りでした。

おたまんちね、110番のおうちなんですよ
かっこいいでしょ。

悪漢から子どもを守りますねん。
誰が?って・・この、おたま様でんがな。

助けを求められたときのために、やっぱりラジオ体操やらなきゃね。っと決意を新たにしました。(ひゅーひゅー)

ぴんぽ~ん。ぴんぽ~ん

 げ!

ガチャピンや!
どんぐりマナコでばんちゃんを覗いています。

「お茶しない?」

と、有無も言わさず入ってきたよ。
東京は、おされな自由が丘の老舗のお菓子持参です。
なんていうお菓子?「ここん」

え?巨根

お嬢様、ガチャピンに通じるわけもないギャグが素通りしてゆく。ぴゅ~~

「ここん」はフランス語で繭のことだそうです。
ああ。まぎらわし!と思っているのは、おたま様くらいのものでせうか。

おかげで、「相棒」(再)見損なったよ。
一応、テレビはつけたけど、ガチャコがトンチンカンな質問ばかりするので(あの人きっと、犯人だわ。え?殺したの?とか)

集中して見られなかった。

も~~う

↑やっぱり、心穏やかに過ごせる話。
聞くべきやったかな・・でへ



| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

非常累了(とてもつかれた)



あ~~~・・疲れてる(その1)

最近(いうても昨日からやけど)朝のラヂオ体操してますねん。
あれって・・しんどいね。

「今日も一日元気にお過ごし下さいって体操の先生が仰るけど

  無理 !!

もう・・朝から、くたくた・ヘロヘロや

しかも、今更やけど、あたくし「ラジオ体操第2」が出来ないことがわかりました。
そうそう。テレビ見ながら体操してる人がいますが、それは邪道です。
あれって・・・ラジオ体操ですから・・。

で、お手本の人が朝礼台に立っていないので、全然出来ませんねん。ハハハ。

福岡市立小学校ではラジオ体操第2はならいませんでしたっ!(大いばり)

あ~~疲れてる(その2)

愚かなる息子に春駒(おたま’s PC)が喘いでいる話をしましたの。
「おたまちゃん。そら、あかんで・・。寿命やで。ようモッタほうや。そういうのはある日突然、別れも告げずに去って行く薄情なオトコみたいなもんやで、買い換えた方がええな」

と、申しました。

で、もう、あちくしもゴジャゴジャと言うのは嫌いなのでストレートに

 

 「買うて!」

 

と申しましたの。

すると、愚かなる息子は「○○(近所の電気量販店)に行って型番チェックしてネットで最安値を探してあげる」しかも「引っ越しも全部してあげる」といいます。

いやいやいやいや・・
そんなこと、言うてるのと違いますねん。

MONEYは? 銭コは? 支払いは?・・

 

「善は急げ」とせかされて電気屋に連れて行かれました。
当店イチオシと書かれた派手なフキダシみたいなのがくっついてるパソコンの前で、スマホだかなんだか知らないけどを、グジャグジャいじくっていた、愚かなる息子が「さすが○○電気やな、最安値やわ、これにしとき!」とぬかしました。

「入荷待ち」って書いてあるのに、調べてもらったら在庫が一台ありました。
それって、電気屋の「よく使う手」じゃないの?

え~~??今日、買うの?
しかも、この流れ・・まったく、愚かなる息子が銭コを出す雰囲気ではありましぇん。

こっから先は、話したくもないけど
結局、今、あたしの隣にダンボールに入ったままの四角いものが鎮座ましますねん。

今度、来たとき(愚かなる息子が)アンジョウやったげるわ!と言ってかえりました。

もう・・・いらんわ!

 

だって、春駒ったら、やけにサクサクと働くようになりましてん。
おしゃべりも止みました。

あたくしとて、好きで春駒を手放すわけではありません。
もう少し、傍にいたかった・・・

あかん。あかん。
元カレにしがみつく、情けないオンナになり果てるのかっ!
その前に、春駒って男子やったっけ??

こんなことでは、再婚なんて出来はせぬぞ。おたまっ!

ああ。なんかもう支離滅裂や。

 

つかれta///\\\444&&&


 


 

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

冬のバーベキュー



いや いや いや いや  
もう、信じられへんわ・・・何もかも・・

わが家から10km北に住むイサオちゃん家。
今朝の気温は0℃やった・・

冬かっ!

本日のお昼間の予想最高気温11℃

・・・なのに
イサオ家よりさらに10km北上した場所で

いや いや いや いや なんでやねん
まさか、まさかの

 

   ≪バーべキュー大会≫

 

おたまちゃん、(BBQ)あんなに嬉しそうやったやん?
それって、二年前の夏の話やし

ホンマ、年寄りの思い付きには付いていけないわ
とかなんとか、言いながら、思いっきり椎茸食べてやりました。
おかげで、なんか・・・気持ち悪い
椎茸って食べ過ぎたら気持ち悪いよね。

 

 「佐保姫の震へてゐたるバーベキュー」 

 

佐保姫というのは淡い霞の衣をまとった、春をつかさどる神様です。春の季語になっていますねんよ。

昨日は我々が長い間指導を受けていた俳句の先生の一周忌でした。
東京ではどっかのホテルの会場で追悼俳句大会がありました。

当初、東京に行くつもりにしていたのだけど・・
諸般の事情でなぜかこんなところでバーベキュー大会
しかも、寒さにふるえながら。なんでやねん。

代表幹事おたま様が何度「え~~。本日は○先生のご命日でありますので・・」と言っても、みんなバーベキューに必死やねん。

ひと段落ついて、場所を移して句会。

この日の兼題は「大根の花」「花大根」です。

実は先日、京都山科で「諸葛菜」を見てきたので有利だったよ
130404015_convert_g

 

諸葛菜(しょかつさい)はディープな三国志好きにはタマラン花です。
で、花大根とも呼ばれますが、正確には「大根の花」とは全く別のものです。

そんなこと、どうでもいいじゃない。
「諸葛菜」で出してやったさ。ハハハ。

 「廃家より人出で来たり諸葛菜」 

さらに、BBQのあと句会場に行くまでに詠んだ

 「県道直下三角畑の大根花」

これも、けっこう点が入っちゃったよ

そんなこんなだったけど、
句会の最後にイサオちゃんから
「先生へ黙祷を」のご提案があり、皆さん神妙に黙祷。

さすが、イサオちゃんやわ
「献杯」を忘れて、真っ先にビールを飲んだこと。ふかく反省するのでありました。

アレから、一年になるのね。
私ら、あのとき何も知らずに宇治の花見で遊び呆けてました。


 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

おしゃべりな真珠



ついに「春駒」(おたま’sパソコン)がしゃべりだした。

電源をいれるとムギ~ウッと叫んだあと
ブオンブオン・ジャロジャロジャロとしゃべりだす。

ここまで書いて、やはり詩人というのは凄い!と思った。
「ゆあーん。ゆよーん。ゆやゆよん」だもんね。

そういえば、銀次郎(冷蔵庫)も突然死する前、不気味な音をたてていたっけ。
クリケット(洗濯機)なんてゴットンゴットンガラガラガラと身を震わせながら、お陀仏した。
地獄の断末魔だにゃ。

来年4月でXPのサポートが終了するそうやね。
現役引退か・・・

その男前っぷりにあこがれていた○ikoさんがPCの不調をきっかけに、ブログを更新されなくなって一年になります。

ファンだった自称30代エロ男さんも子孫繁栄の悲願を達成することなく「ふぇいすぶっく」に移行されました。

この人フツーじゃない!と尊敬していた男子は日本に帰国されてからの更新が無く、もう二年・・・

 

エトセトラ・エトセトラ・・・・

明日の悲しみを知らない
 あなた おしゃべりな真珠
 ほほえみ かなしみ 夢を見る
 あたし おしゃべりな 真珠
    (安井かずみ)

 

・・・・・・・・

どっしょかな???

ここらが引き際かな・・

春駒といっしょに、あたくしのPC遊びも、おしゃべりも・・・
なんて考えてます。

ま。息子のどっちかが
新しい、パソコン買ってくれたら
話は別だけどね。

 

母の日も近いしね。

 



| | | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

本願寺伝道院あたり



京都といえば神社仏閣をすぐに連想しますが
魅力的な近代建築の宝庫でもあることをご存知でしょうか。

016_copy_2 仏壇屋・仏具屋・・お線香の香り漂うこの界隈に溶け込んでいるような、いないような・・・

 

洋風でもありイスラム風でもあり、なんとな~く和風でもあり・・・

 

明治の建築家・伊東忠太の傑作といわれる
「本願寺伝道院」です。

 

もともと、門徒のための銀行(保険)だったもので現在は布教師の養成施設として利用されています。

 

 

018_copy近づくにつれ、魅力的な意匠、斬新なデザインに惹き付けられます。

 

窓枠のラインひとつとっても見入ってしまいます。

 

  021_copy

 

 

 

どうしても写真に入り込んでしまう、電線や柱上遮断器も込みでアート。

 

様々な動物の彫刻。
外観だけでいくつみつけられるでしょう。

 

 

022_copy 年配のご婦人が熱心に写真を撮っておられました。

 

この様に周囲は本願寺さん関連のお店がたくさん並んでいます。

 

 

近くをぶらりと歩いてみます。

古いものが取り壊されるようです。
024_copy
滅びの美学といえば・・・桜・・武士道・・と短絡的に考えがちですが、本来は仏教思想の無常観に基づくものです。
滅びゆくものみなうるはし・・なんてね。

025_copy こんな建物をみつけました。

(たぶん)七条新町の交差点あたり。堀川通りの東側です。
一階は牛丼屋さんです。

元は何のビルだったのでしょう。

あまり、美的ではない幟が立っていますが、このように店舗として利用され
壊されず、滅びず、維持されているのはうれしいことです。


 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

京都山科疎水の桜



恒例の京都山科へ墓参り兼お花見に行きました。

 

 「琵琶湖より都へ着きし花筏」 おたま

 

桜と水はよく似合います。

昨年は理由は覚えていないけど墓参り中止。
2010年、2011年とブログで記事をアップしていました。
定点観測みたいでおもしろいです。
2010年は満開の桜で、2011年はつぼみ固しです。
確か、「花冷え」凄く寒かったのを思い出しました。

Aちゃんが亡くなってもう何年になるんやろ・・
七回忌や。十三回忌やと言っていたのがついこの間のことのようにおもえます。

Aちゃんと一番中の良かったNちゃんが、「吉行淳之介が死んで、Aちゃんも死んで、今年は大切な人が二人いなくなった」っていう手紙を呉れたことを覚えています。

今、調べたら1994年没ということですので、なんと、もう19年まえになるのですね。

Aちゃんの墓は桜の名所、山科疎水のすぐ脇にあります。
多いときで6・7人。少ない時は1人。必ず命日には誰かがお参りに行っています。

「Aちゃん。早くに死んでしまって・・・あほ・・」
と数年前までは皆で言っていましたが
最近は、「あのときのAちゃんはじたばたせずに立派やった」という感想に変ってきました。

それぞれが、「死」というものを近くに感じだしたからでしょう。

Aちゃん。Nちゃんは同い年。私より6歳年上です。
今回参加の他の人も、全員先輩になります。

歳の差っていつまでたっても、縮まらないので、いっつも「パシリ」やらされますねん。
ま。いいけどね。

今年は「どこかランチの店」を調べておきなさいという課題がでました。

「ビーフシチューの店」へいきました。
001_copy

 

 

 

 

 

 

 

熱っついもん食べて冷たいビールっておかしいやろ・・と
散々言われましたが、かまへん。かまへん。決めたモン勝ちや。

食事の最中に1人のケータイが鳴り、朝、デイサービスに送り出したおばあちゃんの様子が急に悪くなったとのこと。食事もそこそこに帰っていかれました。

みんな、親世代の介護問題を抱えています。

「おたまちゃんはええなあ。お年寄り全員、送って。」

「ついでに、夫も送って・・・」と思いましたが、これについては、「羨ましい人」と「そうではない人」に別れるみたいです。ぷぷ。

桜は満開でした。
「昔はよかったけどね」という発言が出たら年を取った証拠よ。って誰かがいいました。

006_copy

疎水はすっかり護岸工事されていて、昔の風情はまったくありません。
風情がなくなったのか、感動する感性が鈍くなっているのか・・・

「あ。咲いてる」ってなものです。

でも、古いお友達とこうして一年に一度会えるのは「Aちゃんの人徳やな」それも、桜の一番きれいな頃にね・・・

毎年毎年同じ話をして今年の墓参りをおわりました。

011_copy

 

 

 

 

小さな小川に諸葛菜がたくさん咲いていました。



| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

火中の栗



あさってのことが考えられへん。
なんか、もう一日単位でしか生きられん。
特に今週は。

夜寝る前に、明日の持ち物を点検する。

ゆうべは、資料・筆記用具・Sさんに頼まれていたコト。
      不二家アーモンドチョコレート30個入り×1

今晩は、 花・線香・数珠・カメラ・ぐるナビコピー
       先輩に頼まれていたモノ。

明日帰ってきたら、 句帖・筆記具・季寄せ・カメラ
             朝日友の会会員証

・・・・を、お忘れなく揃えておかねばなりません。

小学校のとき朝起きてから時間割をしていた人間とは思えない。

 

人って成長するもんやね

 

117_copy

今日はちょっと面白かったです。

滋賀の三偉人って知ってはります?
雨森芳洲・中江藤樹・浅見絅斎

今日は、この中の雨森芳洲の交隣提醒(こうりんていせい)をお勉強してきましてんよ。

これは、芳洲の、朝鮮外交のノウハウの手引書みたいなものなのですが、なにしろ、鎖国といわれる時代。彼は日本初で唯一の外国との架け橋となった国際人だったといえます。

もちろん、原文はよう読みません。読み下してもらっています。
揺れている「竹島」問題を考える時、歴史的事実をふまえることは、とてもたいせつなことです。

交隣提醒のなかに「竹嶋(この字)の事起こりて」ってすでに書いてあるのね。サンフランシスコ条約のなんて、ずーっと後の話なのです。

行き着くところは、芳洲が「無学・無識」と切り捨てた「ヒデヨシ」にたどりつきます。

韓国・日本両方の立場に立てる「先生」の講義で、大変良かったです。
意見交換も自由な雰囲気で楽しかったです。
色んな考えを聞かせてもらうのは勉強になります。

ただ、あたくし、この件については少数派に属するみたいでしたよ。

「棚上げ」で解決はしない。ってみんな言うんだけどね。
問題の先送りはいけないって言うんだけどね。

有利な言い分を述べ合っている現状を打破するためには、時間がかかるし、なにより歴史認識は共有できないでしょ。
認識と事実はべつものだし、事実を学ぶほど、「日本に不利」って気がしてくるのですよ。

韓国の中学、高校の教科書も見せてもらいました。

林子平の地図も載ってます。資料としての価値がどれほどのものか分からないけど、間違いないのは、この教科書で学ぶ若者が増産されていくってことです。

勉強会は
「雨の森芳洲が生きていたら、どのように言うでしょうね」
で、しめくくられました。

彼は「(相手国)におもねるのではなく、認めさせるのではなく、火中の栗を拾え」と言っています。

今年はおたまちゃん、軸足を「滋賀」に移していることはお話したと思います。
ふふ。ご大層でんな

芳洲を生んだ「近江」。
また、行かなくっちゃね。

 



| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

切なさと心細さと



グッ坊を見ていて思うのだが
人間が最後に獲得する感情って何だろう。

彼の目の前にスプーンを持っていくと大きな口をあける。
もぐもぐ食べては、にこにこ笑う。
ベルトで固定された椅子ごと持ち上げるような勢いでピョンピョン跳ねる。
両手両足をバタバタさせ「喜ぶ」

ママが余所見をしていたり、おしゃべりをしていて、スプーンの運びが遅れると、「ガー」とか「アー」とか言って「怒る」

自分自身の感情の中で「切ない」と思った(たぶん初めての)日のことを覚えている。

123_copy

担任が男の先生だったので4年生のことである。
その日は遠足だったが、あいにく途中から雨が降ってきた。

雨宿りと昼食のため、近くにあった大学の講堂を借りることになった。
担任の先生の母校だそうだ。
福岡学芸大学(現・福岡教育大学)。

先生の年齢から考えると前身の師範学校を卒業されていたのかもしれない。

私たちは木の長いすにお弁当を広げた。
正面の舞台で、男女の学生が演劇の稽古をしていた。
なにか、深刻なお芝居だった。標準語を使っていた。

其の時の気持ちをどう表現したらよいのかわからない。
「切ない」というのが一番近いと思う。

ああ、自分もいつの日か、あんな大きなお姉さんになるのだろうか。
あんなふうに、博多弁ではない言葉をしゃべるのだろうか。

それは、切なさというより、自分の未来に対する心細さのようなものだったかもしれない。

 

同じような頃だったと思う。
千代町の電停で市電を降りるとき、前にいたお姉さんのかごのようなバッグの中から「週刊雑誌」が覗いていた。(日本の女性週刊誌の創刊は1957年だそうだ)其のことが、わたしの胸を切なくさせた。理由はたぶん上と同じ。

また、ある時、友人三人でバスに乗った。後部座席に大学生のお兄さん、お姉さんがグループで座っていて、ひそひそと我々小学生の値踏み(?)が始まった。会話の中に「エキゾティックな顔立ち」という言葉がでた。それは、ナオミちゃんのことなのだけど、アタシはずーっと「エキゾティック」のことを考えた。
自分もおおきくなれば、そんな難しい言葉を使えるようになるのだろうか・・
胸が締め付けられるように切なかった。

この、三つのできごとは、なぜだか、いつまでも覚えている。

それなりの年頃になった頃、
自分が思い描いていたお姉さんではない
あまりの幼さにがっかりしたものだ。

ワンピースの裾をふわっと広げ、横座りする
そんなエレガントのかけらもない娘になってしまった。

調べてみたが学芸大学は現在の、九州大学、箱崎学舎にあったようだ。
あの日、どこへ遠足に行く予定だったのだろう。


 


| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

今日から始まる



196_copy
究極のエロティシズムはチラリズムだと
10代のあたくしに説いてくれたおじ様がいた。


そんなにパンパンに咲いてしもうたら・・アカン。

 

叶姉妹の爆乳が100人全員そそられるってわけではないのです。

何を言ってるんだろ・・。

色々、思うわけですよ。
4月1日だからね。

1年365日のうちで、この日ほど特別で意味深い日はありません。
しかも、月曜日やし。

どっしようかな~~~
とっかかってしまえば、突っ走るしかないからなあ。
NHKの朝ドラ

前回は一度だけ見て、ヒロインの叫び声に
(いまどき女の子風に言えば)無理!と思って、見ませんでした。
フツー、幼稚園生以外、あんなに叫んでしゃべらへんで。

今回、宮藤官九郎だからね。クドカンではずれはないかもね。
しかも、キョン×2ですものね。

あたくしね、この世で小泉今日子が一番可愛いと思っているのです。
それだけでなく自分にそっくりだ!って思っています。
「そっくり」というのは正確ではありません。
「自分そのもの」って感じ?むふふ。

いえね。かつて、一度たりとも人様から

「似てる」と言われたことはありません

ありませんが、テレビにキョンキョンがでてくると、「自分に似てる」というより「あっ!私が出てる」と思いますねん。

いえいえ。ビョーキとちがいますよ。

なんかね・・・。もう・・そう思えてしまいますねん。

 

だって、めっちゃ。可愛いでしょ

キョンキョンってアイドル好きで男を見る目はないかもしれん・・でもいいんです。可愛いから。

ひっちゃんにも、「ね。ね。わたしキョンキョンにそっくりやろ?」と、言い続けました。職場の人たちにも、思い込ませ。
通夜や葬式のとき、若い男前たちが「キョンキョン~~」と言ってハグしてくれました。

どないやねん。

ああ、そんなことは、どうでもいいのです。

今日から、朝の新番組スタートです。
見ました。

東北弁に字幕スーパーが入ります。
ええなあ・・・方言って。

と、いうことで今日から、半年間の朝の方針が決まりました。

で、。桜やったね。

今週は、好むと好まざるとにかかわらず、桜を仰山、見ることになりそうです。
できたら、叶姉妹っぽくないのがええなあ。

 


 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »