« 向源寺・十一面観世音菩薩 | トップページ | Remember »

2013年3月 9日 (土)

あなた


baseballbaseball


もしも私が
家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう

note

037_copy 大きな窓と

039_copy 小さなドアと

030_copy 部屋には
古い
暖炉があるのよ

note

うふっhappy01

真っ赤なバラと白いパンジー。

bud

パンジーならば鉢植えですわね。
じゃ、薔薇も鉢であわせなきゃね。

ここは、パンジーじゃなくて白いマーガレットだったら、薔薇と一緒に花瓶に挿せると思うけど、パンジーって言っておられるので100歩ゆずりませう。

note

子犬を飼うのですよ・・・。

マルチーズがいいやろね。
色はやっぱり、「白」。
毛がモコモコしてね。

名前は・・・・「てるてる」・・そらぁ・・あきません!
いかにも食いしん坊みたいやからね。

「ボニータ」ってどうよ。ちょっと小粋でしょ?
でも、彼女(明子さん)の趣味に合わせて「ショコラ」で手を打つか。

note

さらに、「レース編み」が始まるわけですわ。

もちろん「白」

老眼鏡なんか掛けるわけないっしょ。
夢見る乙女ですからね。

047_copy

ほんとに、可愛らしいお家ですことheart04

もしも私が
家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう

note

小阪明子さんの作られた「あなた」は彼女の確かな歌唱力も魅力で、
レコードの売り上げ200万枚という大ヒット曲となりました。

1973年。明子さん16歳のみぎりでございました。

結婚生活は夢に溢れ、白い小さなお家はハートマークが飛び交う幸せの象徴。

ふふふっ ≪甘い!≫

1973年。
この頃のかわゆい乙女心が偲ばれるではございませんか。

note

男に隷属するな。
人は女に生まれるのではなく女になるのだ

女性の経済的・精神的自立を目指すような「女の子」は少数派だったかもしれません。
なんてね・・・・遠い目・・・

note

はい。はい。はい。はい。

お遊びはそこまで。

この歌ですが・・・・・・・

ここにきて思わぬどんでん返しが待っておりますです。

それが私(明子さん)の夢だったのに・・・

あなた。あなた。
いとしいあなたは~~いまどこに~~~

coldsweats01ぷぷぷぷ。

そんな、歌やったんやdown

(3月○日。おたまとエミリーの郷土館見学を終ります)



|

« 向源寺・十一面観世音菩薩 | トップページ | Remember »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

食いしん坊テルテル?
間違い違いますが、おたまさんの記事になったら、読む人多いし可哀想…>_<…
ええんです。食いしん坊やから賢いんです。

投稿: OSダンボ | 2013年3月 9日 (土) 18時06分

いや〜ん素敵なおうち。
おたまおばちゃんのおうちかと思った。
確か、チャーリーで108煩悩の数だけ部屋を毎日浄めてる印象が強いのですが。。。(笑)
こんな素敵なおうちにテルテルは似合いませんね。
フレンチブルドックに似た?草加せんべいをパリ!パリ!って美味しそうに食べるエミリーさんって勝手に想像してるんですけど。。。
滋賀の旅人には一緒されないんですか?
エミリーさんにも、ガチャピンさんにも、パタリロに似た真綿嬢さんにもいつか会ってみたいですわ〜♡
おいしいもん用意しときます〜。撮影後の。。。(笑)

投稿: ケセラ | 2013年3月 9日 (土) 22時59分

初めてお邪魔いたします。
よろしくお願いします。

とても軽快で楽しい口調に魅せられて読ませていただきました。

この歌って、そういう歌だったのですか。
初めのほうはなんとなく覚えているというか、思い出したといいましょうか、
しかし、<思わぬどんでん返し>は、全く覚えがありませんでした。
楽しかったです。
また寄せてください。

投稿: 吾亦紅 | 2013年3月10日 (日) 10時57分

何処の郷土館なんやろ

投稿: poo | 2013年3月10日 (日) 16時44分

baseballダンボさん
はい。ウチの嫁真綿嬢、食いしんぼうで大食いです。
賢いか?それは分かりませんが・・

baseballケセラちゃん
エミリーはパグ飼っています。
犬と飼い主って似るらしいですね。
犬もオバサン化しますね。
何か二人(一人と一匹)そっくりです。

baseball吾亦紅さん
初めまして。コメントありがとうございます。
世間の片隅でひっそり暮らしています。
趣味は妄想です。
「きれい」しかとりえの無い未亡人ですがよろしくお願いしますhappy01

baseballpooさん
おいどんの町ですばい。
大正時代の建物で、東京帝大出の化学博士のお邸だったそうですばい。

投稿: おたま | 2013年3月10日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/50658641

この記事へのトラックバック一覧です: あなた:

« 向源寺・十一面観世音菩薩 | トップページ | Remember »