« きのうは節分 | トップページ | 目標にむかって »

2013年2月 5日 (火)


baseballbaseball


今朝の朝刊「武士のサムライ」の読者投稿欄を読んで

 ドデンimpact

しました。

投稿者は93歳の男性。
標題は「60年前の恋思い 死にきれぬ」

・・・・・・・・・

60年前に恋心を抱いた女性の安否をどうにかして知りたく、
執念で余命を持たせている次第である。

と結んでありまするのじゃ。(なんで、日本昔話ふう?)

heart

ええなあ~~~

死ぬ間際(失礼!)まで

   煩悩まみれheart04heart04

clover

思えば、このおたま「恋」とは遠いところで生きてきた。

それは、惚れられてばかりの
MMK(モテテ・モテテ・困る)女の

宿命といえばそれまでだ。

clover

六年生の林間学校。
クラス女子が輪になって「好きな男の子」を白状するという場面。
それまで生きてきてあんなに困惑したことはない。
だって・・・好きな男の子なんていないんだもん。
ああ、無情にも順番が廻ってくる。「いない!」といえばヒンシュクを買うにきまってる・・・・

「ゆ。ゆ。ゆうじ君」

おたまは、幼稚園から仲良しだった子の名前をだした。
10人並んだら後ろから三番目くらいのポジションの子だ(背の順じゃないよ)

一斉に視線があつまる。しばしの静寂。
誰かが言った「おたまちゃんって、変わった趣味やね」

clover

不器用な女ですから・・・(by おたま)

生まれ変わったら「恋多き女」になってみよう。
面倒くさそうだな。
やっぱ。やめておく。

友人エンジェルは年に1・2回

「ああ。恋がしたいわ~~」と絶叫する。

決まって、年末だ。

あ~た。まだヤル気!?
と、思いつつ、彼女の持ち続ける「ピュア」な部分がうらやましい。

clover

ああ、投稿の93歳紳士ですが、
人ごとながら、大願成就させてあげたいものです。

もし、「彼女」が亡くなっておられたとしたら・・
この紳士はきっと富士山に登って「花火」を打ち上げるのだろう。

プラトニックラブの極致といわれた「天の夕顔」のやうに。

(どんだけ妄想するねん)



|

« きのうは節分 | トップページ | 目標にむかって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんばんは。
恋してると、心も体も若くなるもんね!
恋はずっとしていたいと思う。
片思いの恋でいいから、ときめいていたいなぁ~heart04

投稿: ユッキー | 2013年2月 5日 (火) 18時53分

恋と言えば松山千春の名曲
二十歳代のころからの私の十八番です
まぁそれはおいといて
若い頃に芽生えた淡い恋心
それも知らぬとは残念な・・・
まぁ恋愛禁止の時代だから仕方なかったのかな??
年を重ねるごとに消えていくというか語るのもこっぱずかしくなる青春という言葉
でもそれ以上に年も経ち熟年になるとなぜか思い出さされるその言葉
充実してたおたまシャンには必要ないのかな?
後悔してる人ほどその言葉は重いのかもですね
ところでさっき置いといた松山千春の恋我十八番という話はまた今度~

投稿: poo | 2013年2月 5日 (火) 18時55分

未練でしょうか?
似たような話がございまして、86歳の介護施設入所中の老婆に年賀状が来ました。
「あなたに頂いたハンカチは今でも大切にしまってあります。」という文面。
翌年「覚えていますか?お元気ですか?忘れたことはありません」とありました。
返事出したらどうですか?って聞いたら、
「初恋の相手だって勝手にあちらが思ってるだけだから,放っておけばいい」
と言われました。今年は来ませんでした。

投稿: ばんび | 2013年2月 5日 (火) 22時16分

baseballユッキーさん
よろしうございますわねheart04
ユッキーさんのような愛のある方とめぐり合いたいものでございますわ。
ウチのひっちゃん(夫)も愛の人でしたわ。

baseballpoo氏
辛くてひどい目にあったの?
痛いの痛いのとんでけ~~

千春を歌うときは、やっぱりウン○座りしながら?
動画にUPしたらおせーてね。

baseballばんびさん
恋は誤解の積み重ね。錯覚の所産。

人は、特に殿がたはこの理に目を瞑ろうとする。
ロマンティストといえば聞こえはいいけど、勝手に神格化されても、おたま困るのよ。

・・・・・
あっ!いけない。
ばんびさんへのお返事のつもりが
おたまから世の殿方へのコメントになっちゃたわ。

投稿: おたま | 2013年2月 6日 (水) 12時12分

ダンボ爺に某会のアラ80の爺様たちにもてるとコメ入れましたら 同輩として
そのくらい(60女)ならいけるかも(何処へ?)って、想う趣旨のレス頂きました。
今年も新年会で81と80からいっぱい頬笑み頂きました。
会も盛り上がり 「私、生まれ変わったら妻にはならんと研究者になりたい」
元教授爺「その時は、僕の研究室に来なさい」
酒のコップで、ビーカーの振り方を手を添えて教えてくれはりました。
糞石の研究がしたいとは、まだ伝えてません。

投稿: youko | 2013年2月 7日 (木) 17時42分

baseballyoukoさん
ナハナハナハ。
「そのくらい」のカテゴリーにおたまもはまりますかしら・・
うれしい~~。
たとえば男はあほうどり♪
御詠歌イヤ。ララバイでも歌ってあげたい。

投稿: おたま | 2013年2月 8日 (金) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/49195541

この記事へのトラックバック一覧です: :

« きのうは節分 | トップページ | 目標にむかって »