« 連休2日目 | トップページ | 連休3日目 »

2013年2月11日 (月)

箱膳


baseballbaseball


今日のお花
 
0_002_copy 
ポピー/七色の恋 カスミソウ/清い心

clover
子どものころ、近所に「竹屋さん」がありました。
↓参考。こんなに立派じゃなかったけど・・
Mei_163_copy_2 長~い、建物の端っこの3畳くらいの土間で、おじいさんが胡坐を組んで、竹を割ったり編んだりしておられました。

下校途中の小学生がいつも2・3人しゃがみ込んで、作業を眺めていました。

clover

おじいさんの仕事を見るのも面白かったけど、もっと興味をもったのは、通りに面した格子を通して見える座敷でした。

エアコンなんて無い時代です。夏は開け放題!
ここの、夕飯時間は早いらしく、よく目にしました。

竹屋さんの食事風景は静かで、どことなく厳かでした。

5・6人の大人がそれぞれの膳を前にしています。
箱膳です。

めいめいの前にお膳があり、食事がすむと箸を箸箱にもどし、お茶碗とともにその膳(箱)の中にしまいます。

いかに、おたまが古い奴だとしても、日本住宅公団には、あこがれのダイニングキッチンが導入され、
都会では「椅子に腰掛けてごはんを食べる」らしいことは、知っていました。

いうても福岡市内、
まだまだ、どこのおうちでも「ちゃぶ台」でした。

そんな時代に「箱膳」です。

clover

身分の上下によってお菜が変わるので箱膳になったと聞いた事があります。

お年寄りから、
お父さんと長男だけが尾頭付きが載っていた。とか、
おみそ汁に卵を落としてあるのは、お父さんとお客様だけだった。とか
聞いた事があります。

そういえば、母がよく言っていました。
おじいさん(おたまの)は食べる物で人を差別しなかった。家の人も職人さんもみんな同じものを食べた。それは子ども心に「偉いなあ」っておもっていた。って。

おじいさんは商売をしていたので、常時、色々な人が家に居たようです。

clover

おたまね、最近。朝ごはんだけ「お膳」で食べてますねん。
ホンマは箱膳で食べたいのだけど、持ってないので
昔、東寺さんの骨董市で買ったミニミニちゃぶ台を出してきてね。

高さ30センチくらい。

色んなものが載らないので、その上にお盆を置いてます。

(一人暮らしって気ままでしょheart04

キチンと正座をすると、背筋が伸びます。
お茶碗を手に取る。置く。お箸を取る・・
所作がなかなかイケテます。(自分でいうか)

パン食は難しいと言うことに気づきました。
たとえば、マグカップ。ひとつとって見ても、何かへんなのです。

お湯飲みを持てば、自然に左手で湯飲みの底を支える形になります。
それは、飲み易いということもありますが、再びお膳に戻すとき、膝の辺りまでその形を持続して「お膳に」もどす・・・

それが、マグカップでは何か変なのです。

わけのわからんことを言うてますか?おたま。

解っていただかなくて結構です。
別に怒っていませんannoy

器を大切にする所作がマグカップでは無理ということがわかりました。

clover

ということで、最近ず~っと「朝粥」です。
ちょっと飽きてきたけどね。



|

« 連休2日目 | トップページ | 連休3日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

箱膳で食べたら、ご飯におみそ汁と漬物だけでも
豊かな食事に感じられそうですね。
フローリングのリビングに塗りのお膳を
重ねて置いているお宅にお邪魔したことがあるのですが、
なんか、かっこよかったです。

投稿: リトルボニー | 2013年2月11日 (月) 16時53分

朝粥はどうかわかりまへんけど、古の教えには納得いくものが多いです
ただ理不尽と決めつける輩が文化を壊していってしまってるのでしょうね
私は嫌いではないですよ

投稿: poo | 2013年2月11日 (月) 21時52分

baseballリトルボニーさん
生活様式が変わるにつれて色々なもの(気質やお行儀)なども変わっていくようです。
膝の辺りまでしか高さの無いお膳で「犬食い」なんか絶対できませんものdog
洋風化してしまった生活に、ちょっと「和」を取り入れると、逆にモダンで新たな発見があるかもしれませんね。
ちなみに、うち、フローリングにお膳です。カッコイイですか?ヤッホ・・
友人は刑務所みたいやと言いますが気にしなくていいですよねhappy01

baseballpooさん
ご賛同ありがとうございます。
昔の親は食事のときのお行儀についてうるさく言ったものです。
見習わなくっちゃと思います。
グッ坊。拾い食いしてますねん。

投稿: おたま | 2013年2月12日 (火) 09時27分

箱膳いいっすね。なんてったて、片づければ、空間が有効に使えます。洋風は、家具がで~んといつまでもそこにありますから。
 重厚な家具がある部屋とな~にもない座敷。どっちも欲しいheart01

投稿: campus cat 55 | 2013年2月12日 (火) 15時38分

baseballcampus cat 55さん
ちゃぶ台も布団も、畳んでしまっていましたね。限られたスペースを広く使う工夫だったのですね。
座布団を出せばソコがお客様のおもてなしのスペースになる。特別な場所になる。
ソファに
同じ条件で座るのとは「おもてなし」の気持ちが微妙に違うようなかんじです。
和の道具って見直す価値があるかもしれません。

投稿: おたま | 2013年2月13日 (水) 09時16分

子供の頃 大きな水屋の中に箱膳が入ってました。
行き遅れと云われた当時29才の叔母が、
ガサガサとそのお膳でお茶漬けをかっこんで出掛けてました。
憧れのカウンターキッチンにして、みんなで夕食 
大皿料理置きにくい 鍋物不向き、
何よりキッチン側から見ると 
森田義光監督「家族ゲーム」のポスターみたいで、止めました。

投稿: youko | 2013年2月13日 (水) 16時44分

baseballyoukoさん
叔母様というのは、原節子さんのことですか?映画で見たことあります。
立ったままお茶漬けしてはりました。
前、このブログに書いたような・・・・
原さんそのとき、えらい怒ってはりましたけど、美しい人は怒っててもお茶漬けでも美しかったです。

家族ゲーム見てませんねん。でもポスターか何かの印象が強く、光景はよくわかります。youkoさんちも渋い家庭教師を雇うべきやったかも知れませんね。

投稿: おたま | 2013年2月15日 (金) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/49330383

この記事へのトラックバック一覧です: 箱膳:

« 連休2日目 | トップページ | 連休3日目 »