« たこ焼き | トップページ | 願い事 »

2013年1月16日 (水)

命日


baseballbaseball


言いたかないけど
なら、わざわざブログに書くなよって話だけど

今日は母の亡くなった日です。

一年前のきょうだったんだ。

clover

ずっと前から読んで下さっている方はご存知だと思うけど、母には墓も戒名も遺影もまして遺骨もありません。

こういうのは、なんだろね。

で、今日と言う日をどう過ごそうかと思いつつ今13:23分なんだけどね。

ヨメ真綿嬢と一心寺さんにでも行こうかと言ってたんだけど、別に一心寺さんに遺骨を納めたわけでも供養してもらってるわけでもないので、おかしなハナシやよね。
グッ坊も病み上がりだから外へつれだせないしね。

clover

で、明日は出掛けるんだけどジョルダンで乗り換え検索したついでにブログ又、かいてるの。

アクセス検索って良くわからないんだけど、なんとなく見てたら
「おそろしやの鐘が鳴る」ってワードで入ってきている方があり、自分の書いたことをすっかり忘れているもので、記事を見にいったの。

つまらんこと・・書いとったわ。
申し訳ない。

でね、何となくその前日の記事が気になってみて見ました。
http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-d145.html

三年前に母はこんな風に言ってたんやね。

clover

あれは、亡くなる直近の思いつきじゃなかったみたいね。

人はある年齢になると、自分の死に方とかに思いを馳せるんやろね。

面倒くさい生き物やね。

clover

おたまは、ふくちゃん(愛犬)みたいに死にたいと思っています。

日当たりのいい昼下がりに、庭でみんなに囲まれて
静かに静に息が消えていくの。

「ふくちゃん!ありがとう!」

って言ったら最後の力を振り絞ってしっぽを振ってくれたっけ・・

clover

おたまには、尻尾がない。
どうしよう・・

そんなことかんがえて・・今日はおわるのかな。

「さういへば母の命日日脚伸ぶ」 おたま



|

« たこ焼き | トップページ | 願い事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年、直葬という事を教えていただきました。
お正月の箱根駅伝をご覧になれるかどうかというお話の後でしたね。
大変感銘を受けまして、自分の時はぜひそうありたいと、もしもノートに記してあります。
子どもの頃飼っていた犬が“ふく”でした。
しっぽは降りませんでしたが、すぅっと息が止まったのを覚えています。

投稿: ばんび | 2013年1月16日 (水) 14時50分

今日がお母様の命日だったのですね。
きちんと覚えていてお母様の話をお嫁さんとしているだけで天国で喜んでいらっしゃいます。
私もおたまさんの愛犬ふくちゃんの様な死に方がしたいです。
苦しまずに皆に見送られるなんて幸せです。
最後に「ありがとう」とみんなに言えたら最高ですね。

投稿: スマイル | 2013年1月16日 (水) 20時26分

こんばんは。

今日は、おたまさんのお母さまの一周忌でしたんですね。
いろいろと思い出されることがおありでしょう。

どうぞ、思う存分、想いをはせてくださいませ。


おたまさまには、何の関係もありませが、
私の実父は、その前の月。
12月4日に他界しておりまして、私は
ココログのみなさんのブログをあまり拝見していなかった頃でありました。

たいへん失礼をしていたと思われます。
ごめんなさい。


偶然なんでしょうか、なんなんでしょうか?


わたくしの父の遺骨は、まだ実家にあります。

私の兄は父よりずっと先に他界して、
その奥さんが、
お墓を作るという考えを持っていなかったため、
一心寺さんに兄の遺骨は分骨という形ではありますが、納められているようです。


一心寺さんのこと、わたくしはあまり知らないんです。
おたまさんの中で、一心寺さんって
どういうイメージなんですか?

ちょっと、教えていただきたいです。
ダメですか?

投稿: mito | 2013年1月16日 (水) 22時27分

辛気臭いぞおたましゃん
もっと楽しい事を考えてワクワクして過ごさなきゃ早く年とっちゃうぞ~
そんなじゃ草葉の陰から怒られちゃうよ

投稿: poo | 2013年1月16日 (水) 23時02分

おたまさんの母上は言うまでもなく凄いけど、その遺志を貫くおたまさん家族も凄いと思います。

ダンボなんか、こうしてこうしてこうなってと死後のプランを言っても、
「死んだもんは何にもできひん、まあ私らにまかしとき、突然死はアカンで!嫌にならん1週間だけ看病させて死にや」と、娘達は取り合ってくれません。
こうなった、唯一テルテルに顔舐めてもらいながら旅立つのが夢です。

投稿: osダンボ | 2013年1月17日 (木) 10時22分

インフルから復活間際でコメントしてます。電話やメールは感染気にしないでいいからいいですねえ。
 お母様の命日でしたか。しかし、潔いですね。
 私自身どう遺言書こうかと迷っています。骨は残さなくていいというのは決めています。でも、「処分してもらうように」は1っ歩も2歩も突っ込んでます。そこまで考えてなかったのでなんか目からうろこって感じです。
 遺族としては、どんな感じですか。って、そんな感じのようですね。

 まだ、1親等を亡くしてないので、実感わかないというか。考えさせられました。

投稿: campus cat 55 | 2013年1月17日 (木) 15時16分

baseballばんびさん
何も残さずに死ぬと言うのが最も自然なことなのかも知れませんね。

baseballスマイルさん
ふくちゃんの死で初めて「喪失感」というものを味わいました。
今でも、いつも傍にいてくれるような気がします。
色んなことを教えてもらいました。

baseballshadowさん
死んだら仕舞いやし、残った人で気の済むようにしたらいいと思います。
葬儀や供養は結局、残る人のためにあるのだから・・・
死ぬ人の希望と残る人の希望を早めにすり合わせておかなければいけませんね。

baseballmitoさん
一心寺さんは宗派を問わず墓を持たない沢山の方が永代供養をされていますね。

うちは長男系なので墓があるのですが、夫の父が亡くなったとき「喉仏」は自分の家の墓に「胴骨」は一心寺に納めました。
なぜ、そのようにしたのかというと、当時親族で一番発言力があった大伯母がそうしなさいと言ったからです。
浄土真宗では分骨してひとつは自家にひとつは阿弥陀様の元にという考えだとそのとき聞かされましたが、それなら、西本願寺に納めるべきだと後になって、お寺さんに叱られました。
そのように、葬儀のこととか納骨とか供養なんて判っていないことのほうが多いのだと思います。

遠慮の無いところで個人的な意見を述べさせていただくにはスペースに限りがあります。

一心寺に行けば懐かしい人に会える。そういう気持ちで皆さんお参りされているのだと思います。

baseballpooさん
そだね。そだね。poo氏の言うとおりだよ。
って、364日はワクワクして楽しく暮らしてるから、大丈夫だよ。
ありがとうね。

baseballダンボさん
そうですgood
死んでまで、自分の思う通りにはなりませぬ。残る人に逆らってはいけません。
うちの場合は双方の意見が合致したので良かったのです。
一週間は身を投げ出して好きなようにやらせてあげてください。それが子孝行です。
他力本願。仏にすべてをゆだねる。
な~~む。

おたまですか?
思うとおりに死んでやるぜ!

baseballcampus cat 55さん
インフルエンザ大変でしたね。
もう大丈夫ですか?

人を送ると言うことは、遺体を処理することではない。
このことをキチンと判っていれば、骨を拾おうが処分しようがどちらでもいいような気がします。(残る人にとっては)

全て残った人に課せられる気持ちの持ちようだと思います。
私の場合は「母の意志」という後ろ盾(?)がありますので、これでいいのだとスカッとしておりますです。


投稿: おたま | 2013年1月21日 (月) 19時12分

coldsweats01

そうなんですね。
お墓を持たない方達が、お頼りするお寺といういろあいが、あるところなんですね。
少し理解した気がいたします。

ありがとうございます。
 
 
 
 
 

 


    scissors

投稿: mito | 2013年1月21日 (月) 21時45分

baseballmitoさん
何も遣っていません
全然大丈夫ですよ(変な日本語)happy01
うちは墓があるので仕方ない?ですが個人的には「墓はいらんな~」って思います。

投稿: おたま | 2013年1月22日 (火) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/48780394

この記事へのトラックバック一覧です: 命日:

« たこ焼き | トップページ | 願い事 »