« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

ではではでは。



そんなわけで
本年のブログ納めです。

昨年は「こがらし」の句で締めましたの。
そんな心境だったのでしょうね。オヨヨ。

母が亡くなり、子に子が生まれ「行く川の流れは絶えずして・・」を実感した一年でもありました。

 

 「春の灯に選るや遺影の一葉を」 

 

最後の大仕事と思っていた母の見送りを極めて楽に済ますことが出来たのは幸いでした。
すっかり忘れてたけど、去年のブログを読み返したらベベちゃんにメタンコお世話になったこと、みんなが何くれとなく優しくしてくれたことを思い出しました。

ブログにUPしていないのもあるけど、マメに歌舞伎を見ました。
これも幸せなことでした。
来年は「初春」も「二月花形」もチケットを取っていません。なぜか、気がすすみません。気の向くままでよろしいのです。

寒さのせいか直感が冴えています。
昨日もスルメを三回見ました。全く意味不明でしょ。ハハハ。

 

 「擬宝珠の葉を打つ雨や訃を受くる」 

 

尊敬する大切な方との別れもありましたが、新しいお友達もできました。


 「目印の団扇小さく振りて待つ」

 

句のうまい下手じゃないねん。
日記だから・・・(といいわけ)
大阪駅からの小さな旅。とっても楽しかったよ。

来年も大きな予定と小さな予定が少し決まっています。
自戒をこめ今年の締めはこの句にしませう

 

 「花見舟思ひのほかの速さかな」 

 

ぶひっ!

 

では皆さま。よいお年を~~

 

 


 


 

| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

反省



「雷を怖がる」
これほど無意味なことはない。
なぜなら、雷が鳴った(落ちた)のはすでに「終った」ことなのだから・・

わが師ゾウグォンウーは「振り返り」を良しとしなかった。

・・・・

私が無反省な人間であるのはこの教えに因るところが大きい。なんちゃってね。

うそうそ。ちゃんと反省もします。
サルには負けられん。

 

(今日のお花)
007_copy_2
グラジオラス/愛の祈り
ロベヤシ/勝利

今年のお正月に立てた10の誓い。
さてさて、ちゃんとできたかな?10点満点で採点

①ゆっくり食べる(10点)
  まだ、食べてるの?ってよく言われるもん。
  それって、だらだら食べてるってことか?

②10:30に寝る(5点)
  なかなかね、難しいのよ・・ついついね。

③一日5分ストレッチ(7点)
  朝、ねぼけながらやる。よく忘れる。

④お不動めぐり満願(2点)
  あと三つなんだけど開扉日とスケジュールがあわず
  ついつい後回し。

⑤※※公園一周(0点)
  誓いを立てたことさえ忘れてた。

⑥三味線、一曲仕上げる(0点)
  誓いをたてたことさえ忘れてた。
  皮が破れてるんじゃない?怖いよ。

⑦旧交を温める(0点)
  そんなこと誓ってたんだ・・・

⑧⑨⑩・・公表できない。ふふ・・(全部0点)

・・・・・・・・・・

ということで、二割四分

まあまあの打率じゃないの????

 

コラッ!  反省しましょう!!

    


 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

12月のおでかけ



ということで昨日、ひろし(人の夫)は忘年会だったので、ガチャピンは心置きなくお出掛けしました。
夕方から出掛ける夫のために、昼食と三時のおやつを用意して・・これはレンジでチンしてね・・食べる前に手を洗ってね。と手紙を添えて・・・

ホンマに夫というのは手の掛かる生き物やね。

奥さま方の多くは、ご自分が遊びに行く時、カレー・おでん・カレー・おでん・・・を用意して凌ぐ。
さもなくば、デパ地下で調達して大急ぎで帰宅。

さっきまで悲恋映画にうっとりしてたのに、すぐに現実に引き戻されるのね。

夫よ!たまには、飯でも作って待ってろっ!

夫の調教不足は貴女の罪。今更おそいけどね
こういうのを四字熟語でどういうのかね・・

 

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・出てこないのでやめとく。

ほんま。自分の食べることくらい自分でできないと・・本人のためになりません。

 

ウチの、ひっちゃんですか?
大笑い!
おコメも研げなかった!
エエねん。男前(自称)やったから。

国立国際美術館にエル・グレコ展を見に行きました。
私は、絵画が好きなわけでも、美術に造詣が深いわけでもなく、朝日友の会に入ってるから無料
それだけの理由で美術館や展覧会はよく行きます。

エル・グレコはマドリードのプラド美術館で沢山みたことあるのですよ。
でもこの時は、頭(アタクシの)がおかしかったから、よく覚えていません。
じゃあ。今と一緒やねってほっといてくれる?

なぜ、あたまがおかしかったか?
夫と旅行予定だったのが夫はスペインでは無くて天国に行ったので、
亡くなってすぐに息子たちと行きました。夫の写真に、あちこちの名所旧跡をみせてあげたわ。

小さい頃、教会のマドレーにイエス様やマリア様の御絵を沢山貰いました。

その頃からの素朴な疑問なんだけど、

「受胎告知」の時はまあ、わかるけど、「磔刑」の時のマリア様・・・・ってメチャ若くてきれい。んなアホな。年とってない・・・それはないで。
まあ、マリアさまだからね。

信仰心のないあたしでも最後の「無原罪のお宿り」には圧倒されました。
だって、でかいんだもの(そこかいっ!)

あと、色々な場面(マリアが従姉エリザベートを訪ねるとこや、厩の場面など)でクリスマス会でやる劇の脚本を書いたことを思い出しました。
あたくし、当時五年生。
天才だったのかもしれない。

梅田までぶらぶら戻り、ヒルトンプラザの「エルメス」「シャネルブティック」を覗く。
「フェラガモ」もいっとく?
とガチャピンにきいたら「どうせ、買うわけないんでしょ」とご無礼な返事。
それもそうだな、無駄な時間を遣っちまったぜと

本来の目的。改築された阪急大阪本店へ。

巨大吹き抜けホールで大阪桐蔭高校の吹奏楽部がコンサートをやっていました。みなさんサンタやトナカイの服装で(今朝の新聞によると)176名の生徒さんたちです。

とっても可愛くて、お上手。

隣にいたおっちゃんが「この子ら金取れまっせ」
↑↑ あきんどか!おっちゃん。

それもそのはず、全国大会で数々の賞を貰っている名門だそうです。

置時計が壊れているので、おされなリビング用品売り場で手にとっていたら、またもやガチャ子が「100円ショップにあるんじゃない?」と言う。
それもそうだな。むだな時間遣っちまったぜ。

夜ご飯は、ちょっとこぎれいなお店で。
お酒をいただきたかったけど、一人で飲むのもねえ。

心にもなかったけど「甘いもん行っとく?」ときけば
もう、おなかいっぱいと首を横に振るガチャピン。
腕が(イヤ、胃腸が)落ちたもんだ。

お土産は「八天堂」のクリームパン三個でした。


 


 

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

勝った



今年も終わりだからね
ちょっと、お買い物したり、美味しいもの食べたりしようよ・・・

と、ガチャピンが言ってきました。

げ。

彼女はホントに箱入り奥様で、夫君のヒロシ(呼び捨て)が「おたまちゃん。コイツ、どっかに連れてやってくれよ。友達いねえんだよ。」といつも言ってる。
(そんなこと、ないねんで)

以前はよく遊びに行ったけど、ヒロシ(呼び捨て)が退職して家に居るようになってからは、何となく誘い辛い感じでね。
というのも、ヒロシ(呼び捨て)はいいんだけど、彼女がどうも夫のことが気になって外出できないの。
自分がお茶碗とお箸を持たせないと何も出来ないと思っている。

子どもがいなくてずーときたからかなあ。

そんなことだから、絶対に自分が先に死ねないと思ってる。
それで、未亡人になったら田舎に親の家が残ってるから、そこで「おたまと一緒に」暮らすことに決まっている。(らしい)

やだよ~~。


で、明日は大阪に行くことになりました。
大きくなった阪急百貨店と閉会まもなくの美術展に行って、
何か美味しいもの食べて、ちょっとお買い物をします。

なかなか、「どこにも出掛けない!」というのは難しいものです。

 

今日は、家で暮らしました。
リンゴをたくさん煮ました。
これが、なかなか使い勝手がいいのです。
パンに塗ってシナモンシュガーをかけてトーストしたり。
紅茶にポトンと落したり、ヨーグルトに乗っけたり
サツマイモを煮たのとあわせてパイシートに包んで焼いたり、
もっと簡単に春巻きの皮に巻いて焼いても簡単なおやつになります。

 

 「唄ひたくなりたる冬の林檎かな」 おたま

 

お昼から、テレビです。
高校講座「世界史」トルコ革命とパレスチナの分割

旅行に行く前に見たかったな。
国を持つということが本来部族主義でやってきたアラブ人の真の希望であったのか、なんてね。アラビアのロレンスの立場がないっちゅうねん。
よその国が大きなお世話しすぎだったかもね。
利権に基づくヨーロッパの矛盾した外交は中東の歴史を複雑に分かりづらくしてきて今日に至る・・。

という、内容でした。勉強になったわ。

そのあと、洗濯物を取り込んで庭の掃除をして家の用事をしたら、3:55ですわ。

「相棒」をみる。

ちゃかちゃかと夕飯の用意して、食って、今ですわ。

 

うん。今日は「勝ち」やな。
楽しかった。

 

お風呂にはいろ~っと


 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

スートします



072_copy_2 こういうものに
でくわすから、
街歩きは楽しい

昨日、「ずっと家に居たい」って言った舌の音も乾かぬうちに、これですわ。

・・・・・・

スートします


しかも、「有ります」

「あります」でもなければ「アリマス」でもない。

これは、その「有るもの」が
いかに価値あるものかをあらわしています

そこらへんに、転がって「ある」のではないのです。
うやうやしく「有る」神々しく「有る」という意味です。

さらに、「有ります」の下の読点「。」に注目したい。
言い切っています。
堂々と宣言している感じが見事です。

そして、鉄壁の「スートします」

とどめのセロハンテープ遣い。

もう、なんか涙で目が霞みます。

068_copy 日本三大名湯に挙げられる有馬温泉は泉質がよく、太閤さんに愛された温泉として知られています。

069_copy 太閤さんは10回くらい来はったらしいね。

おたまは、それ以上は来てるな。
別に競争してるわけやないよ。

事実を言ってみただけです。

ちゃっちゃと来れるところに「有馬温泉」があるって嬉しいことですわ。

ええ。三時半には家に帰りますねん。
すぐにおコメを研いでおいて、
3:55から「相棒」の再放送ですわ。
ホットカーペットつけてね。

大体見たことあるけど、大体忘れてるから又見ますねん。

これが、おいらの勝ちパターンさ。

こんな、お出掛けなら・・まあ。いいね

073_copy_2 

どうよ。
鎮座まします
「有馬サイダー」

欲しくば、ボタンを押せ!

ってか!!!

誇り高く気高い
「有馬サイダー」

感動のあまり買うのを忘れたので、
別のもの飲んでスートしておくことにいたしませう。



| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

寸前



ブログを10日やそこら(もっとか?)休んだからと言って

リベンジにトルコに行った・・・

選挙違反取締法で逮捕されていた・・

ボケた・・・

 

    しどい!(by 江戸っ子)

 

いやだねぇ。
美しいと、こんな言われ方をするものやねんね。

 

   つらいわ!

 

でも、「呆けた」というのは強ち間違いではない。

   「強ち」って「あながち」って読むねんよ。
   勉強になるやろ?このブログ。
   おたまも、さっき辞書引いたとこやねん。
   アホ同志、仲良くしような

固定電話が掛かり・・固定電話にかかってくるのは、オール電化のお奨めか、年寄り!なんだけど。

やっぱり、熟・熟女からでして。

「おたまさん?明日おいでになる?お預かりしている物、お持ちしてもいいかしら?」

かような、上品な言い草はヅカマダムだ。
それは、分かる・・。貴女が誰だかは・・
が、「明日」が何なのか!わたしゃ「どこへ」行けばいいのか!「お預かりしている物」が何なのか!

「はぁ~~?」なんて、ギャル(死語)語で返事はできない。
しかし、巧みに敵をかわしながら探りを入れるようなテクニックももちあわせていない。基本、ストレートな女だ。

「でへへ。明日って何でしたっけ?」

ま、こんなことの繰り返しでね。
毎日、生きてますねん。
イエイエ。元からこんな人間と違いますねんよ。

それはもう、「あんたは国家公務員か!銀行員か」と言われる位(ウソ)キチンとした、立派な人間だったのですがね。

・・・・

でもね、それでも地球は廻ってるからね。
よろしいのではないでせうか。
今のところ痛い目にあってるのは本人だけですし。

決して「呆けては」いません。

寸前 であるのは 認めるけどね

寸前・・・・ホンの少し前。
      一寸は3.030303センチメートル

 

         ≪短っ!≫


 


| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

わたしの未来もあらいでか。



ノロウィルスにやられていたわけでもなければ
選挙戦に出馬していたわけでもなく
収獲(何のやねん!)に忙しかったわけでも
ないのですが・・。

更新が滞っちゃったな。

 

「誰かが死なんと更新せんのかいっ!」って
さん。何をぬかす 仰いますことやら・・おほほ。

 

毎日やってきていた豆腐やさんが、急に来なくなると
最初の二・三日は気がつかないんだけど
あんまりこないと、
「あれれ。どしたんだろ・・」

って、豆腐の角に頭をぶっつけたのか・・とか
隣の荒物屋の奥さんと逃げたのか・・とか

妄想して心配になってきて、
そのうち、本当に来なくなると
「やっぱり、死んじゃったんだ・・いい人だったのになあ・・お揚げさんも一緒に買ってあげたらよかったなあ・・」
とかしみじみしてしまうのね。

それが、おなじみさん ってことやわね。

 

さん!

 

そんな感じですか?

ありがとね。
おたま、豆腐を売り歩くよ

ということで、明日は「投票日」やね。

長男一家は自分の市区町村で期日前投票を済ませて、この土日も我が家に来ています。

「そこまで、してくれんでもエエのに・・」

いえ。投票でなく、「ウチに来る」ということ。

立派な国民や!

ま。グッ坊の将来が掛かってるからね。

私は、ちゃんと明日いきますよ。

将来があるからね

 

 


 


| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

悼・中村勘三郎

 



ブログを初めて3年が経ち、前回で記事数が777件になりました。

カウントはされているものの、実はこの中に「下書き」のままUPされていない記事が一件あり、それに気がついたのは昨日のことでした。

2011・9・27・19:27
「人情話文七元結」

たぶん、書き始めたものの、どうしても気持ちがすすまなかったものと思われます。
久し振りでみる中村勘三郎の舞台は精気がなかった・・・

 

歳の暮れ。どうやって年を越そうかと相談中の母娘。
これ以上の貧乏はないと思われる長屋に寒風が吹き込む。
そこに、主人である左官屋の長兵衛が博打で負けて身ぐるみ剥がされた姿で戻ってくる・・・・

最初の登場だけで、舞台の空気を作る勘三郎はさすがだと思いました。
しかし、舞台は磐石ではなく、「大丈夫」かなと思わせました。

 

そんな印象から、記事も書けなかったのだと思います。

中村勘三郎というより、ベビーギャングの頃から愛されたカンクロチャンとして「中村勘九郎」という名の方が親しく感じます。
新勘九郎の襲名も見届けられましたが・・

惜しい。

歌舞伎ではこれからという年代に差し掛かったところなのに・・

何でもこなせる器用さゆえに、優等生過ぎると贅沢な「不満」もありましたが、これから、先代勘三郎に負けない味わいを出していく人だと思っていたのに本当にざんねんです。

最後に観た舞台が彼に最も似合う人情噺であったのがせめてもの慰めです。

 

下書きのままだった記事をここに載せて
777回目UPということにしておきましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この演目を今は無い道頓堀・中座で見た記憶がありますが番付によれば、そのときのお久は今回と同じ芝のぶになっています。

強い印象として残っているお久は、だからたぶんテレビで見た、平成9年1月歌舞伎座だったのでしょう。

それは、中村勘太郎のお久でした。ちょうど変声期だったのでしょう、年頃も役と同じくらいで、その可憐さ、けなげさが忘れられません。
カンクロチャンは良いお子に恵まれなさったと思ったものでした。

前置きがながくなりましたが、
9月4日、新歌舞伎座・昼の部へ行ってきました。

休演が続いていた勘三郎、久々の舞台でございました。

今月初め(9/4)に新歌舞伎座に行きました。

記事にしておこうとおもいつつ・・・
今日になっちゃた。少しうろ覚え。

しばらく休演していた中村勘三郎の復帰ということで
出し物は「人情噺文七元結」(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

年越しもままならない貧乏長屋に、


 


| | | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »