« カリフラワー | トップページ | ミセスT »

2012年9月 5日 (水)

勉強会


baseballbaseball


今日は月に一度の「三国志」の勉強会でした。

おたまね、三国志なんて、何の興味も無いねん。

電車でバッタリ再会した婦人に「中国史」の勉強してるからおいで・・・
って誘われましてん。

5001_copy

実はこの方のお世話で、25年以上も昔、中国語を勉強していました。

「おたまちゃん。チーコン(気功)してるんやろ。なら、中国語勉強しなきゃ!」って誘われたのです。
ご主人が長年、交換教授として北京大学におられた関係で、また、ご自分も日本語を教えていた関係で留学生のお世話を、本当によくなさっていました。

当時の中国人留学生といえば、全員が国費留学生で、中国13億人のうちの超超エリートの方達が「先生」になってくださいました。

国立大学を出た人は卒業後決められた期間は国家機関で働かねばならないそうで、たぶん、今頃は国の中枢におられるのでしょうね。

clover

7・8年は勉強したと思います。

しゃべれる?

「NO,」です。

以前、広州のホテルでボーイさんに「トイレットペーパー」をお願いしたら、うやうやしく「スリッパ」を持って来て下さいました。

「飛行機」が「北京」にしか聞こえないらしく中国人女性を路頭に迷わせました。

慣用句は若干通じるようで、上海でトイレを探していた明星氏には、一瞬だけ尊敬されました。

石の上にも三年といいますが、その倍以上かかってもモノにならなかったです。

おたまが中国語を辞めたあとも、先生が何人か代わり最後の先生が帰国されるまで、10年以上続いていたそうです。

clover

5_002_copy

それで、この「三国志」勉強会は、10名ほどのグループなのですが、当時の中国語仲間が集っています。
みなさん、お年を召されました。
一番お若い方で、70歳だそうです。

既に8年かけて「三国志」を読んでこられたそうで、おたまが参加したこの春の時点では諸葛孔明もとっくに死んじゃってて、司馬一族も滅んでました。

しかしながら、三国志は蜀の滅亡までを抑えなきゃ!
国が滅びるときの悲しさ、
窮地に追い詰められた時、人はどう行動するのか・・
治乱興亡の歴史は、いかような人間ドラマで締めくくられるのか~~~

って、まあ、みなさん熱いこと。

たまには、先生の声が子守唄になってウツラウツラされる方。
耳が遠くなって、ずっと、耳に手を当てて、聞いておられる方。

独り言のつもりが、耳が遠いせいで大声になり、「殺し合いばっかりやな」とか「裏切り者やな」とか合いの手がはいります。

勉強会というより、月に一度、ここに来たら仲間に会える。
それを楽しみにしておられるようです。

clover

げ。「三国志」やったん?
と、思ったけど。

なんだか、ほっこりした雰囲気のこの教室が気に入っています。



|

« カリフラワー | トップページ | ミセスT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

漫画の三国志が全巻あります。
もちろん読み(見)ましたがそりゃややこしくって
三国志の読書会なんて、中国史の勉強会なんて……
考えられません。難しいでしょうね。

参加に意義があるんですから楽しんでください。
わからないとこは漫画でチェックして
英語授業で使う本は、日本語訳を買ったみたいなもんで
す。

投稿: ちがや | 2012年9月 6日 (木) 21時09分

バス停で京都大学に行きたいと云う、中国人女子大生に会いました。
同じ方向だからといっしょのバスへ 
彼女は筑波大の留学生 友達は京大にいるとの事 賢こう同志やなあcatdog 
降りる時 はりきって「 再見」といったら
「ありがとうございました。さようなら」と返されました。

投稿: youko | 2012年9月 6日 (木) 22時41分

三国志 嫌いじゃないけど、面倒くさかったので横山みつてるの漫画を先に読んじゃいました。
何かの教室に通うっていつかやってみたいのですが、自分の時間を作るのへたくそで…。

投稿: ばんび | 2012年9月 7日 (金) 02時22分

baseballちがやさん
なんでも、登場人物は1000人以上いるそうですね。
よく、8年間もかけて勉強するわ!っておもうでしょ。おたまもそう思うけど、面白いらしいです。
今から8年間勉強せえと言われたら・・・断るけどね。

baseballyoukoさん
キャンパスが郊外へと移っていくけど、京都はやっぱり「学生の街」ですよね。
最近、ヤサカはんでフィンランドからの留学生に話しかけられました。(日本語で)
「おお。ムーミン!ムーミン」としか言えなかった・・。
国際人への道は遠いっす。

baseballばんびさん
先生というのが(詳しい素性はわからないのですが)退官教授らしくて、「ぜいたくな勉強会」と言われています。
先生が一番熱心で、楽しそうです。
無料です(会場費のみ)
ほとんど、「紙芝居」のノリです。
漫画より、面白いかもしれません。

「勉強」というのは「オモロイコト探し」のような気がします。

投稿: おたま | 2012年9月 7日 (金) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/46961659

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:

« カリフラワー | トップページ | ミセスT »