« 河内山 | トップページ | 体重計 »

2012年7月24日 (火)

河内山(松江邸)



ハイ。わたくし「波路」(米吉)と申します。

本当は「お藤」っていうんだけどね、「波路」って名で松江藩18万石、江戸屋敷で腰元やってま~す。
実家は上州屋っていう結構デカイ質屋です。

なにも、キャリアを積みたくてお城に奉公にあがったわけじゃないの。
私たちエエとこのお嬢さんにとって「お城ツトメ」はステータス。お嫁に行くまでにちょっと箔をつけなきゃ・・ってくらいの気持ちだったのよ。

それがさ・・ほら・・
ここの、ぱっぱらぱ~のお殿様・松江出雲守(歌昇)に横恋慕されちゃってね。も~う困ってるわけ。

心配したパパが「娘を家に帰してくれ」っていったら、軟禁されるは、刀はふりまわされるは、も~わけわかんない!

そこで、援助を頼んだのが河内山宗俊(染五郎)という御数寄屋坊主。
ところが、この方の評判がねえ・・・。
ま、一応、大名の横暴に腹を据えかね、世話になっている上州屋への義侠心も、あるには、あるんだろうけど、どうもパパから二百両もせしめたらしいわよ。

御数寄屋坊主というのは、江戸城内の茶道一切を取り仕切る役職のことでございまして、ゆうても「幕府直属」の役職やからね、結構、政治力も握っていたみたいですね。

(松江邸書院)

で、この茶坊主、河内山が「宮様の使者」に化けて松江邸に乗り込むわけです。徳川の菩提寺の門主は代々皇室の出で絶大な格式を持っていたそうですよ。

・・・・

好色殿様をだまくらかして娘を奪い返し、そのうえ
「相成るべくば山吹のお茶を一服所望いたす」

なんてね。
大人なあなたなら、お分かりね。山吹のお茶ってキャッシュのことよ!
お殿様のこ乱行を内分にしてあげるからって、ワイロをせしめます。

やった!まんまと成功しちゃった!

(玄関先)

ところが、ちょっと待った!の掛け声が。
「とんだ所に北村大膳」
北村さんという、松江藩の重役(吉之助)に呼び止められる。実はこの人河内山とは顔見知り。の正体バレバレ・・
あっ!北村と(来た)を掛け合わせてあるねんよ。
しかし、河内山少しも騒がず。悠然と笑い飛ばして去るのでありました。

みどころは、河内山という人物像に尽きるやろね。
ほぼ、河内山の一人芝居だから・・。

堂々とした「ワル」の押し出し。豪放ぶり。
といっても、そこはお数寄屋。上品なワルじゃないといけない。
そして、心底には権威(大名家)に向けられた反骨心を持っている。

きのう、このお芝居の初演日を書きましたでしょ。このオハナシは江戸の末期、斜陽の武家社会に対する庶民感情を代弁している。

大名ナンボのもんじゃい!だまくらかせるし、笑い飛ばせる権威ってなーに?
それを、河内山宗俊が芝居で実現してくれた・・。

「馬鹿め」

花道での最後の高笑い。
溜飲の下る思いだったのではないかと思います。

で、今回の芝居やけど

染五郎の河内山。スケールの大きさ、風格の点から申せば、やはり物足りない。
東叡山寛永寺の使僧。何事の登場かと、家臣が案ずる緊張感の中の花道の出。こいつ・・悪いやっちゃで・・という期待感が薄い。貫禄不足は否めない。

見どころ最大ポイント、
本性を暴露する玄関先の啖呵。
え~~この人、そうやったん?と、

書院での高僧成りすましと、玄関先の伝法の落差がもっと大きいくらいが、ど素人おたまには好みです。変わり身のメリハリっていうのですかね。
裾前をはだけた瞬間にワクワクさせてくれなきゃ・・
いや。そういう意味でなく、次の啖呵のことです。

ま、ゆうても御数寄屋坊主の品位。あまりにエグイこともできないでしょうがね。

この場面は、正体ばれて、いわゆる捨て身の駆け引きをしていくわけだけど、一か八かの緊迫感があまり感じられなかった。
落ち着き払っても内心ドキドキだったはずじゃないの?

予定調和はおもしろない。

では、次回はもうひとつの「碇知盛」をご案内。
って、また予告してもうた!

天衣粉上野初花・河内山
河内山宗俊・染五郎  松江出雲守・歌昇
宮崎数馬・
隼人 腰元波路・米吉 北村大膳・吉之助
高木小佐衛門・
錦之助



|

« 河内山 | トップページ | 体重計 »

映画・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

なるほど~染五郎だったんだ。
ちょっと細いよね。
腹芸というか、もう少し年取ってからおやりになったらいいのかも。
生で観るのとテレビじゃ随分ちがうでしょうけどね。
もっぱらEテレに頼ってます。

投稿: ばんび | 2012年7月24日 (火) 01時07分

1780円で扇風機買ったよ
強中弱とタイマーしか付いてなかったんだよ
だけど安いからオッケィ~ ムフフ

投稿: | 2012年7月24日 (火) 15時34分

こんにちは。
またまた、面白かったです!って、小学生なみの感想文ですね(´,_ゝ`)
染五郎は、声について言われていますね。姿はいいと思うんですが!
しかし、27%ってどこから出た数字ですか?
(笑)

投稿: Ryoko | 2012年7月24日 (火) 19時08分

ばんびさん
そのEテレなんだけど、芸能花舞台が去年の秋からだったかなあ、今みたいに変わったでしょ。すごく、頭にきていますのよ。
舞台中継(録画)を見られなくなったのは、松竹の利権からみなんだろうけど、結局は歌舞伎ファンを増やせないということにつながってるのにね。ぷんぷん。


名前はないけど、poo氏がpuuを買われたのですね。
おめでとう。
早速「われわれは・・」やっておいて下さいよ。

Ryokoさん
染五郎さん、今回の昼の部のほう、少し喉を痛めておられたような感じがしました。
ノビシロのたっぷりある方なので楽しみです。
27?ま、そんなトコじゃないの?

さん
コメ確かに拝受しました。

投稿: おたま | 2012年7月24日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内山(松江邸):

« 河内山 | トップページ | 体重計 »