« 女子会 | トップページ | ガンバレ父さん »

2012年6月 3日 (日)

気の置けない・・


baseballbaseball


今日のお花
002_copy
しゃくやく/はにかみ

全部咲いたら見事やろうな。
どこが、はにかみ やねん!って感じかな。

clover

固定電話が鳴って、
また、外壁やらオール電化のご案内かしらねえ。
テレアポさんをいっちょう揉んでやろうかい・・
と受話器を取ったらムーチョでした。

「ワ・タ・シ!今、顔洗うたとこ!」

ホンマに、この人唐突やわ。時計をみると九時半。

「顔洗いながら、おたまちゃんのこと思い出してん。○○まで出て行くから、出てけーへん?」

○○とはおたまの直近の乗り換え駅です。
彼女は大阪市内に住むので、我が家のほうに向かって来てくれるというのです。

「ワタシ、270円。そっちは?」
「310円」

これは、○○までの電車賃のハナシです。

ムーチョの会話についていける、ワタシはエライと思います。

clover

○○にて集合。

「お昼は?」
「まだやねん。ふふふ。」
「ふふふふふ。いっとく?」
ふふふふ。そやね」

ということで、ほとんど、おっさん化している二人は、まっぴるまの居酒屋さんへGOnote
地元の強みで、おたまがご案内します。

「おじさん、なにがいい?」
「太刀魚のエエのん入ってるで」
「じゃ、塩焼きで・・」

ムーチョは麒麟。おたまは「秋鹿」。

clover

「気の置けない人」を「油断のできない人」という意味に捉えているひとは50%もいるそうですが

「遠慮や気遣いをする必要がなく、心から打ち解けられる人」というのが本当の意味ですねんよ。

ムーチョは、そんな人。
「この前、いつ会った?」
「天満宮でお月さん見たやん・・」

一年半ぶり、ということになります。

別に会話って無いんやけど、お互い、へらへらしながら、どうでもいい話をします。

clover

ちょっとぷらぷら歩いて、コーヒーショップに入りました。
ムーチョの最近の口癖は「どうせ、死ぬんやし・・」

にっこにっこしながら・・。のたまふ。

「ムーチョから学ぶこと多いわ」というと
「褒めてくれたから」と言って、リュックからワインを二本取り出しました。
なにゆえ、今日はリュックスタイルなのかが始めてわかりました。

clover

四時半に駅で解散。

「310円やろ?悪いな・・」
「おたまちゃんも、色々忙しかったけど、体に気ぃつけてな」

と言って帰って行きました。

ああ、母のこと言ってるんだ。それで会いにきてくれたんかあ。

「気の置けない」に「気遣いをみせず」ってことも加えておかなきゃね。



|

« 女子会 | トップページ | ガンバレ父さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

泣けてまうがな…

投稿: ばんび | 2012年6月 4日 (月) 06時36分

何か胸がじーんとしました。
ご無沙汰している友人に私も久しぶりに会いたくなりました。

投稿: スマイル | 2012年6月 4日 (月) 09時06分

ええ友達ですね
昼間から開いてる呑み屋があるのがうらやますぃ
おたまさんのブログからは言葉など他にも学ぶべき事が多くて気に入ってます
お○ちゃんの知恵袋ってとこですわ 感謝感謝

投稿: poo | 2012年6月 4日 (月) 10時07分

ムーチョさん、いい友達(ですよね)ですね。
こういう気遣いの出来る人ってそうそういないですよsign03
気の置けない人ってカッコイイshine

投稿: kimi | 2012年6月 4日 (月) 17時00分

baseballばんびさん
ワイン二本、重たかったです。
なんなら、宅配でもエエのに・・
と、サイテーなおたま。
泣いてちょうだい。

baseballスマイルさん。
私達も又会おうね。

baseballpooさん
あ?滋賀県にはないんや・・
せっかく引っ越そうと思っていたのに考えなおそうっと!
○人ホームとちがうよ。ふふ。

baseballkimiさん
人の出会いって不思議ですよね。
ふと、会いたいと思う人。会ってホッとする人。そういう友人が居るのは幸せだし、自分も友人にとってそういう存在だったらいいなあと思います。

投稿: おたま | 2012年6月 5日 (火) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/45502392

この記事へのトラックバック一覧です: 気の置けない・・:

« 女子会 | トップページ | ガンバレ父さん »