« ネーミングライツ | トップページ | タイトル変更のお知らせ »

2012年6月25日 (月)

がんばれNHK


baseballbaseball


月曜日の朝の話題と言えば・・コレ!

 「平清盛」

って、誰も話題にしてないか・・・。

clover
かく言う、おたまも昨日のテレビ見てないです。へへ。
でも、土曜日にやってた、予告編みたいなのは見ました。番宣のために番組ひとつ作っちゃうなんて、さすがNHKです。

土曜スタジオパークも、松ケンの息子、平重盛役の窪田正孝さんをゲストに招いて、まあ「平清盛」の宣伝でした。

おたまね、この窪田正孝さんって、いい役者さんだって思いますねんよ。ゲゲゲの女房に出てはるときは西のほうの言葉のアクセントが気になったけど、そのあと、なんだっけ・・ガラスの心を持ったようなイマドキの若者の役をされていて、いいなあと思いました。目の奥にキチンとしたものを持ってる感じです。

clover

でね。
これだけNHKが苦労・努力されている、崖っぷちの「平清盛」。番組編成委員でもなんでもない、おたまがやきもきすることも無いけど、色々胸を痛めていますねん(なら、見ておあげ・・)

おたま、思いますに・・一番の(不人気)の理由は
 「きちゃない」
やっぱり、ウチの人(兵庫県知事)の言うこと一理ある

あんな、土蜘蛛みたいな無精ひげはないやろ。

次に、「わかりにくい」
ドラマやねんから、物語やねんから、そんなに史実に基づかなくてもええやん?

きちゃない。といえば・・

たとえば、雷さまにあんな「汚れ」させられる?
新・平家物語(1955年・大映・監督/溝口健二)の平清盛・市川雷蔵の美しさは、今もって忘れられないと近所のおっちゃんが言うてはりました。

吉川英治の原作では、清盛の生みの母は「祗園女御」になっています。木暮実千代さんが好色でどんならん(どうにもならない)そのお役を演じはったそうです。
テレビでいうたら、松ケンの実母は松田聖子ちゃんやった・・ってことです。

歴史的事実として、父は白河院(伊東四郎)で決定ですが、母は判っていません。

白河院は忠盛(中井貴一)が六波羅付近で功をあげたとき、褒美として祗園(聖子ちゃん)をやる。と言った。このとき、祗園は身ごもっていて、生まれた子が男ならやる。女なら返せといったが、生まれたのは男子であった。

この子が清盛ではなかったか!ということが、おたまの虎の巻に載っています。
しかし、実際に下された女というのは、祗園の妹であろうともいわれているのです。で、父親は白河院ってか・・。ようやる!
拝領妻というのは、男性にとって気を遣うものやったでしようね。
面倒くさかったやろうね。お察しします。

という風に、事実は検証されていないのだから、NHKのいう史実に基づいたというのも、「そんなにがんばらんでも・・」っておもいます。

娯楽番組やからね。

でも、これじゃいかんということで、大幅に内容変更を考えてはるみたいやね。
起死回生策として(あくまでも。おたまの独断です)
松ケンの奥さんを起用する・・建礼門院のポストあいてます。
予定には無かった、人気者・源義経を登場させる・・ジャニーズ系がいいなheart01今一番人気といえば・・ア・ラ・シ・・ってとこかしら。

clover

そうなったら、見てもええな。
って、思います。
もう、終盤やけどね。



|

« ネーミングライツ | トップページ | タイトル変更のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさんが気にしてるので、一度見てみました。見ていられません。
歴史物なのに、ロマンが感じられない。
あんまり苦悩した顔のアップばかりで、息苦しいのです。
館内の場面まで曇ってるというのは、どんなもんでしょう?
白内障かと我が目を疑いました。
う~んやってる人もやり切れんでしょうね。
マツケンが悪いとは思えないけどな。
女優陣が薄っぺらやわ。あ~、イライラする!

投稿: ばんび | 2012年6月25日 (月) 14時12分

そうなったら わたしも見てもいいかなぁheartヽ(*≧ε≦*)φてへ

投稿: si. | 2012年6月25日 (月) 14時25分

「平清盛」見てますよ(^O^)/

ケンイチくんは演技派だと思っていたのに、
大河ドラマではあまり輝いていないのが残念です。

まわりの俳優さんたちが上手すぎるのがいけないのかなぁ?

デスノートのL役は良かったのにな~

投稿: リトルボニー | 2012年6月25日 (月) 20時22分

おたまさんNHK好きだね
たまにはレッドカーペットとかも見たほうが幅が広がるよ
私はウエストの幅が広がって困ってます

投稿: poo | 2012年6月25日 (月) 21時00分

baseballばんびさん
薄っぺらな女優って「学芸会」みたいな深キョンのことでしょうか。
「キョン」と名乗っているだけでも、立腹しておりますのに。
あ。おたま、自分では「キョンキョン」にそっくりというか、生き写しだと思っています。
はい。どなたからも、一度たりとも言われたことはございませんが。

baseballsiさん
は~い。siさんゲットしましたよ~
きいてますか~NHK~
もちろん。「にの」希望なのね。
一応、申請書出しておきますね。

baseballリトルボニーさん
初コメ。おおきにheartです。
ケンイチ。ゼンゼン・ワルクナイ・ムシロ・イイ。
骨太ないい演技されていますよね。だから気の毒ね。個々の役者さんもいいのにね・・。
おたまも、Lには衝撃を受けましたぜ。

baseballpooさん
やっぱり?
やっぱりNHKが好きだったのね。
清盛見ないで、日曜美術館見てるもん。
レッドカーペットって。国会中継のこと?
皇室アルバムのこと?

う~~ん。わっかんない・・おたま。
スギちゃんが過労で倒れたことなんて知らないし・・。

投稿: おたま | 2012年6月26日 (火) 10時25分

遅まきにごめんね。

息子(6年生)がね、最近社会の歴史で鎌倉時代とか習っていて、
平清盛にはちょっと興味があるんですが、
こないだ 眼科のなが~い待合時間に、
テレビで その番組が始まって見てました が、

いきなり「死罪に処す」って言葉から始まって
いろんな役者さんがわーわー怒ったり泣いたり、
息子は引きまくってました(笑)
家では見たことがなかったですが
おたまさんの 不人気な理由にうなずいてしまいました。

投稿: てんちゃん | 2012年6月26日 (火) 11時53分

う~ん。そうかな?
私は小雪が出たら、見たくないです。いかにもって感じじゃないですか?
それなりに面白いと思いますよ。嫌いじゃないです。そんなひともおります(笑)

投稿: Ryoko | 2012年6月26日 (火) 23時17分

baseballてんちゃん
おお、てんちゃんのコメで、おたま開眼しましたよ。すっかりわかりましたよ・・。

NHKの「平清盛」って歴史の授業をめざしてるんだわ!しかも小学校の!
時間が無いから、大急ぎで、なにもかも、正確っぽく、言ってしまってるので、全然、おもしろくないし、わかりにくいんだわ。

きっと、脚色(嘘ついたら)したら、視聴者がモンスターペアレントになるとおもってんじゃないの?

「死罪に処す」って信西がいうのでしょ。
あの、船底を這い回っていた信西がなんで、こんな偉そうなことをいえるまで上り詰めることができたのか・・
それは、後白河の乳母が信西の身内だったからに他ならない。彼女を足がかりに後白河をまつりあげ、権力を増大させていった。逆にいえば、「乳母」ってそれだけ力を持っていた・・・
そんな、おもろいハナシを、小学校の授業でやってほしい。
息子ちゃんには年号なんておおざっぱでいいので、興味を持てる糸口があったらいいのにね。

baseballRyokoさん
う~~ん。やっぱり「あざとい」作戦だわね。
事実、この声はあがっているらしいですよ。この先、内容の大幅変更は間違いないけど、モメにもめてガイドブックも出せない状況(某筋から聞いた)です。
正直、おたまも小雪起用は引く(笑)

投稿: おたま | 2012年6月27日 (水) 08時28分

清盛はここではみんな見てる。だって、そこの放送しか入らないからね。
おたまちゃんとかメタボさんの解説見て、やっと、なんとなくわかる。
俳優さんたちのことは全然わからないので、人気者なのか名優なのかもしらない。
こっちが年をとりすぎているのはよくわかるけど、出演者がどうも子供に見えて嫌だね。
清盛さんて、汚い人だったの?あのころの人って、みんなすぐ怒鳴るの?すぐ泣くの?

投稿: こく | 2012年6月27日 (水) 21時12分

baseballこくちゃん
今の日本人って、きっと「重い」のがしんどいんだと思う・・。
重い話。重いドラマ・・・。
いろんなことがあって、今も色んなことが続いてるからね。


平清盛、脚本はもっと、面白くできるのに・・って思うけど、きちゃないと言われる映像もふくめて、決して悪い出来ではないですよね。

投稿: おたま | 2012年6月27日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/45854803

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれNHK:

« ネーミングライツ | トップページ | タイトル変更のお知らせ »