« 命名 | トップページ | 半日休暇 »

2012年3月 2日 (金)

訃報欄


baseballbaseball


芸能人とか、有名な人が亡くなったというニュースって
ある種の感慨をもたらせます。

自分が生きた時代とその人を重ね合わせるねんね。

だから、そんな人の訃報って昔の「はやり歌」を思いがけなく耳にするのに似てるかも知れへんね。

clover今日のお花
120201020_convert_20120302111846
ポピー/なぐさめ

clover

楢崎弥之助氏 
福岡の名門修猷館から九大を卒業後、松本治一郎の秘書を経て、1960衆議院に初当選。

日本社会党の元気な時代を担ってきた人だ。
子どもだった、おたまの周囲が特に政治色があったわけでもないけど、
ナラザキヤノスケという名前はよく耳にし、覚えている。

いつまでも、博多訛りの抜けない人って、おたまは無条件に信頼してしまう。

米倉斉加年(ヨネクラマサカネ)さんも、そうやね。
民芸の俳優さん(今は違うかな?)として演出家として、いわば「言葉」を生業にしてきたのにゴッツゥ訛ってはる。
あっ。米倉さんは生きてはります。

ナラザキヤノスケさん。91歳だったそうです。
選挙カーに手を振っていたランドセルのおたま・・。

clover

デイビージョーンズ
も~うっannoyデイビー、なんでそんなに早く死ぬのん!

66歳。心筋梗塞。

「デイドリーム・ビリーバー」だって「モンキーズのテーマ」だって、あの頃の歌は、歌えるぞ!英語の勉強はしなくても、英語の歌詞は一生懸命覚えたなあ。

デイビーを最後に見たのはNHK教育テレビ。
「天才少年ドギーハウザー」に「デイビージョーンズ」の役でゲスト出演してました。
ちなみにこの番組って意外な人がゲストで出てきて楽しかったな。美少年時代のデカプリオとか・・

その時・・1990年代でも、デイビーはまったっくデイビー坊やで、嬉しかった。

・・・・・

何を見ても、何を聞いても、何をしても楽しかったあの頃。
やってくる将来への不安をごまかすように、ゲラゲラ笑ってたteenagerのおたま。



|

« 命名 | トップページ | 半日休暇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

各界の名物のような方が亡くなると、自分が子供だったのに、
その頃の声や容貌をはっきり思い出せる。
そんなインパクトの強い方ばかりでした。
世界は大人中心に回っていて、
子供はその周りで大人のまねをして、所得倍増だの、安保反対だのって叫んでた。
今の子ども達の記憶の底に残っていく大人って、いるかしらね。
デイビー…66歳なんて、
モンキーズショー毎週見てた。ビートルズより身近でしたね。

投稿: ばんび | 2012年3月 2日 (金) 14時17分

こんばんはー

米倉斉加年さんの読み方がやっとわかってよかったー^^
なんて読むのかなーってずっと思ってたんです~happy02

忌野清志郎のあの曲shineがモンキーズのカバーだったと今日のスッキリ!で初めて知りました^^

投稿: si. | 2012年3月 2日 (金) 20時51分

baseballばんびさん
そうそう。アンポハンタイって言いながら、おしくらまんじゅうして遊びました。
むしろ、今より当時の総理大臣の名前よく知ってるですね。

baseballsiさん
清志郎さん、歌ってましたね。
そっかあ。清志郎さんで知ったんだ・・
今のCMでも、よく古い曲が使われていてドキッとすることがありますよ。

誰が、古い女やねん!
あっ。自分で言うてしもた。

投稿: おたま | 2012年3月 3日 (土) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/44336536

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報欄:

« 命名 | トップページ | 半日休暇 »