« 禁句 | トップページ | 応援 »

2012年2月12日 (日)

松竹座二月花形歌舞伎



いやねえぇ。久々の「歌舞伎カテ」でございますがね。
前回のUPから今日まで観るには観ていたのですよ。

ブログに書くのが面倒くさくって。
それだけ、興奮度が低かったということだけど、
・・・たとえば。

しばらく休演していた勘三郎の復帰舞台「文七元結」。

年越しもままならない貧乏長屋に勘三郎が登場した瞬間に「世界」を作ってしまうところなど、さすがと思いましたが、やはり元気がなかった。

芝のぶの可憐さ、扇雀のはじけっぷりなど、楽しかったのではありますが・・・

ということで、今回は松竹座2月花形歌舞伎に「おおさわぎ」をして行ってまいりました。

「おおさわぎ」した手前、ちょっと書いておきましょ。

「花形」はこれからの歌舞伎を担う役者の、ある意味「実験」の場であっても、それはそれで、お客さんは納得してるから、エエとは思うのですが、
おたまなんて、器量のちっちゃい人間は、やっぱり元を取って帰りたいんですわ。チケット代と観終わったあとの満足度がトントンかそれ以上やないと、やっぱり「な~んや」ってことになります。

夜の部
「義経千本桜」すし屋
「研辰の討たれ」

の二本でした。作品解説はいつものように「歌舞伎ビギナーの為のおたまちゃん講座」を後日、開くことにいたしまして、本日は感想のみ。

染五郎・愛之助・獅童の三人が今回の柱でした。

染五郎、観るたびにあ~んなこと、こ~んな面を見せてくれ、しかもソレがただの器用さだけでない深みがあり結構だったと思います。期待たがわずってとこです。

愛之助、がんばれ!とおたまは声を大にして言いたい。真面目な優等生は安心できるけどオモロナイ。誠実すぎる。もっと、遊びなはれ、女も泣かしなはれ、それもこれもみ~んな芸のため。声もいい。姿もいい。なのに・・もっと大きくなって欲しいです。若干期待はずれだったかな。

獅童、がんばれ!と声を掛ける気になれない。申し訳ないけど。この方は歌舞伎と違う分野で素材を生かされたほうが良いのではないかと思っています。飄々とした可笑しみのある役どころなら良いかも知れませんが、おたまの考えと松竹の方針は違うようで、大きなお役を貰ってはりますなあ。
期待していなかったし、というところでは期待はずれではなかった。

観客もずいぶん変わりました。
「大向こう」のピントハズレほど芝居の邪魔になるものはない。
ピタリと決まった時の小気味よさ、
これぞ歌舞伎の醍醐味とおもわせるものです。
今日は、二度ほど椅子からずっこけそうになりました。

若いお嬢さんが増えましたねえ、っていうか、おたまが年を食ったのね。
かようなお年頃の頃は「歌舞伎」など敷居もお値段も高くてなかなかいけませんでしたけど、嬉しいことだと思います。
着物を召されてる方も増えてきて、「お芝居を観る」ことを楽しんでおられるようです。

いや~。カーテンコールですかあ・・・

好みですが・・・

どうなんでしょ。

「現代っ子」だの「飛んでる」だの言われて参りましたが、「くゎ~!時代が・・ちゃう!」と思ってしまったおたまでございましたよ。



|

« 禁句 | トップページ | 応援 »

映画・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

初コメ、失礼します。
いやはや、まさに同感。
おっしゃるとおりでございます。

若かりし頃は、よく長老に「六代目は~」と
言われましたが、
近頃は自分がかつての長老のように…。
芝居がイマイチだと、ついつい出てしまいますねぇ。
「松禄はよかったよ~」

投稿: Unit fun | 2012年2月12日 (日) 17時01分

Unit funさま
コメントありがとうございます。
言いたいことを言い過ぎてしまったかと・・(反省はしておりませんがね)

も少し大きな人間になりたいです。ハイ。
育ててやろう・・くらいの気構えがあればよいのですが、気が短くていけません。

投稿: おたま | 2012年2月12日 (日) 17時12分

歌舞伎って高いですよね。だから今日は違う世界へ来たっていう気分を味わって帰りたい。
できれば通し狂言とかやってくれないかしら。
ぶつ切れだと、しっかり勉強していかないと意味がわからなくなっちゃうし。
今の若い人が円熟味を出すころは、生きていないだろうし、生の舞台を観に行きたいけど、
これはっていう組み合わせじゃないですよね。
下手な人が目立っちゃうのがつらいですもん。

投稿: ばんび | 2012年2月12日 (日) 23時24分

ばんびさん
名優ぞろいの時代に自分が遭遇するのは幸せなことでしょうね。
それは叶わないこと、なんじゃかんじゃ言いながら見ますがね。

通し狂言は力のある人しかできないですね。歌舞伎は同じ演目を違う配役でやるという楽しみもありますので、当たっても外れても、ソレを楽しむくらいのゆとりを持たなければ・・(と、反省)

投稿: おたま | 2012年2月13日 (月) 17時36分

おたまさま
ワンダフルな感想参考になります。
明日、昼の部遊びに行ってきます

投稿: kimi | 2012年2月24日 (金) 17時44分

kimiさん。
コメントありがとうございます。
いや~。どうしましょう。
おたまの、たわごとが観劇の邪魔になったら・・・
千秋楽間じかで、出演者のみなさん。大いにはじけはると思います。
楽しんできてください(今更、ナニを言ってんの!だけど)

投稿: おたま | 2012年2月24日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松竹座二月花形歌舞伎:

« 禁句 | トップページ | 応援 »