« ケ・セラ・セラ | トップページ | おじいちゃんの葬式① »

2012年1月18日 (水)

荼毘


baseballbaseball


母が亡くなりました。
本日荼毘に付して参りました。

生前の話の通り、通夜、葬式はせず、
骨も拾いませんでした。

さばさばと、彼女らしい終わり方です。

俗世の垢まみれの娘は、極楽行きのパスポート(朱印帖)をもたせ、ユニフォーム(朱印の法衣)を着せました。
(だって、あの世に行く時着る物がない!って言うから、お四国回ってもらってきたんだもの)

さらに、クリスチャンの兄は友人の牧師を呼んできてお別れの祈りを捧げてもらいました。

ウワサには聞いていたけど、アンパンマンにそっくりの牧師さんで

このシチュエーション(和洋折衷?)とアンパンマンに
もう、本当に我ながら情けなくなるけど・・笑いをこらえ切れませんでした。

こういうのを、直葬(じきそう)っていうらしいです。

clover

これからのお葬式を考えておられる方のために
って・・・・大きなお世話やね。

自分の覚え書きのためにまた少し、書いておきます。

clover

葬式(?)ってこれでいいんや!
と、ちょっと、目からうろこでした。

息子達も、同意見でした。

良い、お別れが出来たとおもいます。



|

« ケ・セラ・セラ | トップページ | おじいちゃんの葬式① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご愁傷様でした。
そうですか…
うちの父親も一年前…
同じです、父の希望で、遺骨もありません。
それを半年くらい経ってから、母親が「喉仏の所の遺骨だけでも貰っておけば良かった…」と言いだして…。
でも、そんな事言っても遅いしcoldsweats01
そう、いくら考えても無理なことは無理でして…
良いじゃないの、お父さんの希望なんだから…としか返事のしようがありません。
私も寂しいなぁと思いますよ、何もないので。
お母さんと共に、アンパンマンの牧師さんは、きっとおたまさんの記憶の中にとどまって、事あるごとによみがえると…

投稿: のんぷーたん | 2012年1月18日 (水) 17時23分

お母様のお見送り、私も見習いたいです。ご本人の意思を、きちっと受け止めて差し上げて、いいご家族だなあと、変な言い方で失礼ですがうらやましく思います。自分の母や、主人の両親はきっと無理ですが、自分の時こそと、思いを新たにしました。
おたまさんいいお母様に産んでいただいて良かったですね。このような素敵なお葬式の記事を読ませていただいて、本当に感謝します。お母様どうか安らかに、あちらで楽しくお過ごしくださいませ。

投稿: ばんび | 2012年1月18日 (水) 19時27分

残念でした。
穏やかな時には、このまま時がとまってしまったらいいのにと
きっと思われていたことでしょう。
そしてここ数日は、緊張して心もこわばっていたことでしょう。
どうか無理をなさらず、心を自由に過ごしていてください。

それにしても、あの、雪辱に燃え圧倒的な強さで駆け抜けた
箱根駅伝をお母様は見れてよかったですね。

投稿: てんちゃん | 2012年1月18日 (水) 21時45分

お母様がお亡くなりになったのですね。
ご愁傷様です。
よくお母様の話し相手になり、面倒をみられていたおたまさんです寂しくなりますね。

私は母を亡くして半年たちます、この頃やたらと母を恋しく思い出します。

お母様の希望通りのお別れが出来て良かったです。直葬ですね、覚えておきます。

投稿: スマイル | 2012年1月18日 (水) 22時09分

おはようございます。

日記を読ませてもらい、最後の言葉にすべてが集約されてる気がしました。

合掌

投稿: beso | 2012年1月19日 (木) 07時00分

心よりお悔やみ申し上げます。
おたまさんやお兄さん、ご家族がめいめい一番いいと思うやり方で見送られて、
お母様もきっと穏やかに旅立たれたことでしょうね。

投稿: ヨシコ | 2012年1月19日 (木) 08時44分

baseball皆々さまへ。
まとめてのお返事お許しください。

こうやって、お声を掛けていただきおたまは、幸せ者でございます。ありがとうございます。

club

ワタクシは、母を愛しておりませんでした。
そのことを母に言ったことはありません。

孝行は尽くしたと思っています。
私自身がそう思えるのだからそれでいいと思っています。


母がいて、私がいる。

これは事実です。

火葬の扉が閉まるとき「ありがとう。さようなら」と言いました。

club

そんな気持ちだから、「こんな送り方」なのではありません。コレは、母の希望でしたし、しみじみとした、良い葬送だったと思います。

コメントにて心を寄せてくださった皆様に本心を言っておかなければ、申し訳ない気がして書きました。
ご不快になられたとしたら、お許し下さい。

投稿: おたま | 2012年1月20日 (金) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/43790076

この記事へのトラックバック一覧です: 荼毘:

« ケ・セラ・セラ | トップページ | おじいちゃんの葬式① »