« 前世の母娘 | トップページ | 電気 »

2011年12月23日 (金)

イブの夜



ウワサを信じちゃいけないよ。
そう、思うようになったのは

 

 サンタクロース

 

あんたのせいだよ!

 

「ちゃんと聞こえてるよ。
君の心の声」

な~んて、あんた確か言ってたよね。絵本の中で

ワタシのココロはウブなのさ・・
いつでも楽しい夢をみて・・・

みんなみんな・・・夢やったんや・・

裏切り者の髭おやじに見切りをつけ
いいもん。自己調達するもん。と泣きながら
歳末大売出しの市場にアルバイトに行ったのは、高校一年の冬休みでした。

欲しかったものは
SONYのテープレコーダーです。
カセットとちゃうよ!あたしそんなに若くない。
オープンリールデッキっちゅうやつや。
大きさは・・そうね30×30×10位
やたら、重い。

その頃の話をしようかねぇ・・・
やけにしみじみしたイブの話なんやけどね。
どっこいしょ。

アルバイト先の八百屋の大将は30歳くらいの独身で弟夫婦と三人で店を切り盛りしていました。
弟はとっても若かったし、奥さんは17歳でした。
大根や白菜を扱う手はあかぎれで腫れてたっけ。
よく考えると二歳違いなのに、すごく年上に思えました。

わたしと、もう一人、高3.男子君がアルバイトに来ていて、よく考えると奥さんより年上なんだけど、私たちは「お姉ちゃん」と呼んでいました。

ちなみに、高3・男子君が欲しかったのは「スキーの板」です。

アルバイト期間中にクリスマスがあって、夫婦は私たちを自分達の家に招いてくれました。
家というか、部屋です。
市場の近くのアパートの2階の六畳一間っきりの部屋でした。
ちゃぶ台以外は家財道具が無くて、鳥取県から駆け落ちしてきたのがミエミエでした。
お兄ちゃんが買ってきたケーキにお姉ちゃんがロウソクを挿して、あたしが火を吹き消して、食べて、トランプをしました。

なんだか、とっても、しみじみしていました。

帰り道、高3・男子君は
去年、お母さんが病気で死んだこと、わたしと同学年の弟がいるけど、自分より頭がいいから、大学へ行かせてやりたいと思っていること、なんかを話してくれました。

つい、身の上話をしてしまうくらい、本当にしみじみした夜でした。

高3男子君とは一度、定期券売り場でばったり出会って、「又今度ね」と言ってさよならしたっきりです。
お兄ちゃん、お姉ちゃんとも、会うことはありませんでした。

市場の在った場所は、今は大型スーパーになっています。

念願のテープレコーダーを買いました。SONY専用マイクなんかも買っちゃって、テレビのスピーカーの近くに持っていって、来日したPPMやジョーンバエズを吹き込んで、英語の歌詞を覚えました。

Gone The Rainbow をシュルリラルウと歌いながら、
いつか・・・Buttermilk Hill というところへ行って見たいものだと思っていました。

 

おしまい。

 


 


| |

« 前世の母娘 | トップページ | 電気 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

そうかいそうかい
あたしゃ、そのころ、●●高校のジョーン・バエズと言われてたからさ。アッこれnantei
さんに笑われたんだったわ。
いま、その頃の曲をギターで、やってる。
先生に、よく曲を知ってますね、なんていわれるけど、ア~タ、私を誰だとおおもいかい?ってね。
一緒に年末どんちゃん騒ぎをやりたいね!

投稿: こく | 2011年12月23日 (金) 06時11分

こくちゃん
そうかいそうかい。荷馬車に乗せられてたのがこくちゃんだったとはね・・・
ドナドナドナ♪
アノ頃は小林旭の渡り鳥以来のギターブームだったですからねえ。猫もおたまも持ってましたよ。弾けないけどね。
こんど、おせーてね

投稿: おたま | 2011年12月23日 (金) 09時05分

え~、生まれて2度目の書き込みです、、。
ソニーのオープンリールのテープレコーダー、まだ持ってます?
私のはまだ物置にある筈です。
オベンキョウのために買ったはずですが、やっぱり歌ってました。思い出のサンフランシスコを歌ってたのはあの頃だったかしら。吹き込んだテープは恥ずかしくなって始末しましたが。

もう一つ、オリベッティのレッテラブラックっていう英文タイプライター。どちらもかれこれ半世紀たちますが、捨てるに忍びなくて。

そうだ、ギターもその頃のが押入れにまだ、、、。アルハンブラの思い出を弾きたかったような記憶だけはあります。今でもまだ弾けませんけど。

投稿: ばのじ | 2011年12月23日 (金) 17時49分

ぱのじさん。
テープレコーダーは実家の納屋にあると思います。
おたまなんざ、下のパートを吹き込んで、高音を歌って、二人ジョンバエズをやってました。(あほやがな!)

タイプライター。端までいくとチンっていう、インクリボンで手が真っ黒になるアレですね。英文タイプだと今のキーボード操作に役立っているではありませんか!
おたまなんざ・・・
これも実家にあると思いますが、持ってるのは「菅沼の和文タイプライター」しかも手動式!たまたま貰ったもの。
何の役にも立ちませなんだ。

ギターはたしか友達の弟にあげたような覚えがあります。向いていませんでした。

投稿: おたま | 2011年12月23日 (金) 21時24分

いいお話でした。
しみじみしました、おたまさん。

投稿: ももち | 2011年12月23日 (金) 21時31分

ももちさん
ありがとう
この頃(ぱのじさん↑がアイ レフト マイハート イン サンフランシスコ ♪を歌っていた頃)
若い夫婦も、高校生兄弟も、家族が「肩寄せて」暮らしてたって思うのは懐古趣味かしらね?
クリスマスケーキも「バタークリームケーキ」がほとんどで、飾りの薔薇の花なんかカチッカチでした。しみじみ。

投稿: おたま | 2011年12月24日 (土) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イブの夜:

« 前世の母娘 | トップページ | 電気 »