« 「愛」あればこそ | トップページ | 拾わない »

2011年12月17日 (土)

鍋焼きうどん


baseballbaseball


先日の朝刊「武士のサムライ」で
「うどん」と「そば」とちらがお好き?というアンケート結果が載っていました。

僅差で「うどん」に軍配があがりましたが
これら、ふたつは国民を国論を二分するといってもよろしいのではないでしょうか!!

どちらも好き
それはそれで、貴方様の人生です。
それもよかろうと存じます。

clover

もうかれこれ二十年もまえのことですが
大阪のとある、お蕎麦屋さんに入りました。
当時の職場に近く、よく利用しました。

お蕎麦屋さんだけど、うどんも美味しく、行くと交互に注文していました。

昼時には少し早く、店内は空いていました。
二人向かい合わせの小さなテーブルに案内され、おたまは、可愛らしくちんまりと座っておりますと、一人の男性客が入ってこられました。

これからの混み具合を考えて、店の人は「相席」でお願いしますと言い。男性はおたまの向かいに座りました。

その人は、和服でした。
内気なおたまは足元のあたりしか見ていなかったのですが

「鍋焼きと熱燗」

という、ナイスチョイスに、思わず顔をあげますと
なんと、その方は、

古今亭志ん朝さんでした。

clover

ささ。それからですがな・・・
人様をジロジロ見るものではありませぬ、とばあやから躾られておりましたが。

なにせ、所作が美しい。
お猪口に注ぐ手元。箸の割り方。
寄席のかぶりつきで超一流の落語をタダで聞くようなものですわね。

志ん朝師匠はゆったりと、熱燗とうどんを楽しんでおられました。

トンビのコートを着ている男性なんて「只者ではない」と早くに気づくべきでした。小さな鞄を持っておられたので東京へ帰られるところだったのでしょうか。

clover

昨日ね、たまたま大阪でお蕎麦やに入ることになって、
(中ノ島のイルミネーションを見る吟行でしてん)

皆はお蕎麦&ぬる燗だったけど、おたまは

「鍋焼きと熱燗」

をオーダー。

「うち・・・うどん置いてないですっ!」
っていわれましたけどね。



|

« 「愛」あればこそ | トップページ | 拾わない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は江戸っ子なので何と言っても蕎麦ですね。それも更科か二八の蕎麦が好きです。
30年前に転勤で名古屋に越したら、きしめんとうどん屋ばかりで寂しかったのを覚えています。
冬になると鍋焼きうどんも美味しいですね。

投稿: スマイル | 2011年12月19日 (月) 10時55分

baseballスマイルさん。
やはり、東の蕎麦、西のうどん。でしょうかね。
おたまは、「博多うろん」です。
讃岐うどんのようにこしのあるのではなく、ひにゃふにゃと、頼りないうどんなのですが・・・。

投稿: おたま | 2011年12月20日 (火) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/43407715

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋焼きうどん:

« 「愛」あればこそ | トップページ | 拾わない »