« 拾わない | トップページ | イブの夜 »

2011年12月21日 (水)

前世の母娘


baseballbaseball


実家のタンスの引き出しをあけ、
頬被りに唐草模様の風呂敷を広げ
病院に持っていく母のパンツを物色していたら

ヌッと老女が入って来た。
満面の笑みですhappy01
(あっ!玄関開けっ放しやった・・)

「おたまちゃん。
M子ちゃん(母のこと)入院してるんやてsign02いつから?」

「もう、2週間かなあ」
「ああ、あと二週間で退院なんや・・」

話がちぐはぐだけど、放置!pouch

clover

Fおばちゃんは、母より4歳年上の90歳です。
とても元気そうhappy01
出戻ってきた娘さんお手製のモコモコした可愛い毛糸のセーターを着ておられる。

それで、おたまの手を取り

「ワタシなあheartheartheart
  やっぱりおたまちゃんが一番好きやねん
happy01

そんなこと、コクられても・・・

「K(ご子息)と結婚して欲しかってん。
M子ちゃんにも頼んだけど、まだ高校生やからって断られてん。
それからKは海外に行ったからなあ・・」

clover

だいいち、肝心のK兄さんをよく知らないし・・。
おたまが中学の頃、すでに大学生だった。
勉強が良く出来て、大きい会社のえらいさんに、ならはったのは近所の評判で知っているけど。
K兄さんだとて、たぶん「あそこの女の子」くらいの認識だったと思います。

でも、Fおばちゃんは、きっぱりと言い切る。


「二人が、結婚してたら、幸せやったのに!」

ちょ、ちょっと待って!Fおばちゃん!
おたまの結婚生活・・・・

  heart04 結構幸せやってんけど・・・heart04


若干、未亡人になるのが早かったかも知んないけど、

でも・・・

K兄さんの 
     
バツ2 と一緒にしないで!

clover

それから、Fおばちゃんは、おたまをハグし

 「私ら、前世で母娘やったかも知れんなあ」

と言って泣きます。

涙を拭い、ポケットから取り出した飴ちゃん2個を、おたまに渡し、

「おたまちゃんに会うのは、コレが最後かも知れんなあ。私ら一回一回が最後やねん・・・」

と手を振りながら帰っていかれました。

clover

いつも、こうなのですbleah

おたまが実家に戻ると(車でわかるらしい)
ヌッと現れ

三益愛子と松嶋トモコになって

泣き別れですわsweat02



|

« 拾わない | トップページ | イブの夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/43456474

この記事へのトラックバック一覧です: 前世の母娘:

« 拾わない | トップページ | イブの夜 »