« 南イタリア②よう似た話 | トップページ | 南イタリア③・パレルモ »

2011年11月 3日 (木)

小春日和


baseballbaseball


いや~。それにしても
生ぬるい毎日ですわねぇ。
こういうのを、小春日和っていいますねんよ。

冬がやってくる前の、
ほっとするようなつかの間のぬくもりsun
庭にやってくる雀をゴム鉄砲で打ち落とし、焼き鳥にしたら、さぞかし美味しゅうございましょうrestaurant

clover
そんな、穏やかな昨日、電車で実家に行ってきました。

おたまの実家は大阪府の京都寄り、淀川の流れに沿った、いわゆる北河内地域にございますの。
根っからのここいらのガキは「ダ行」と「ラ行」が使い分け難いらしく、

「よろがわのみるのんれはらららくらり」

なんてことを、申しますのよ。

正しくは「淀川の水飲んで腹だだ下り」
「だだ」というのは、めったやたら、ストレートにモロに辛抱タマラン。というような意味でしょうかねえ。

clover

博多育ちのおたまも、実は

「かろのうろんやれ、うろんくうて、のろにひっかかっておろろいた」

としか、言えませんので
まあ、「目く●、鼻●そを笑う」って所でしょうかしら
お~ほほほほbleah

ああ、これですか?正しくは
「角のうどん屋でうどん食うて、喉に引っかかって驚いた」

うどんをのどに引っ掛けて死ぬのと、泡洗顔で溺れ死ぬのとだけは、どちらも避けたいと、おたま、いつも思っていますねん。

clover

そうそう、実家に帰った話でしたね、
地元の駅もエライ様変わりでね。川が無くなってロータリーになってますねん。
駅前にコンビニなんか、出来ましてん。

ばったり、K子ちゃんに逢いました。
色が白くてきれいな子やったのに・・・
                
(心の声byおたま)

「きゃ~。おたまちゃん。全然変ってないやん。」
という、彼女の(心の声)までは聞こえなかったけど、30センチくらい顔を近づけてチェックしよったで、K子!

 「幼な名で呼びとめらるる町小春」 おたま



|

« 南イタリア②よう似た話 | トップページ | 南イタリア③・パレルモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アタチが子供のころ、
しゃくえんしろって、あさししんぶんかってきた。  なんていってました、
待ち合わせ場所が、日比谷か渋谷か!電話じゃちょっとわかりにくい時もあったわね~~。

小春日和 間違ってました。真冬の春みたいな日だと思ってました。
おしえてもらって、よかったわ。

投稿: こく | 2011年11月 3日 (木) 20時34分

baseballこくちゃん。
じゃあ、表彰状はショーショージョーっていうんだ。
正直爺さんは拍子木爺さんっていうの?

小春っていい言葉ですね。
「生きるの大好き冬の初めが春に似て」
         池田澄子
小春日和って言葉は入れていないけど小春のある日を詠んだ句です。
おたま、この句大好きなんですよ。

投稿: おたま | 2011年11月 4日 (金) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/42827322

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和:

« 南イタリア②よう似た話 | トップページ | 南イタリア③・パレルモ »