« ワケアリ・垣間見る | トップページ | 荒療治美容法 »

2011年9月20日 (火)

月見れば・・・


baseballbaseball


先人の残したことわざで
「いやーっ、まったく、おっしゃる通り」
ガッテンボタンを連打したくなるのは・・・・・

 「暑さ寒さも彼岸まで」

ではございませんか?

「彼岸」というのは仏教用語で、このことわざをいいかえますと、「サマーヒートもウィンターコールドも黄道と赤道の交差点を太陽の中心が通過する、この日くらいのことまでなんですよ」という意味です。

clover

 「カーテンのそよぎに目覚む今朝の秋」 おたま

「今朝の秋」って立秋のことなんですよ。
今年は8月8日が立秋でした。

あーた。8月8日ですよ。
思い出しても御覧なさいな・・・

思い出せないか!
昨夜、食べたものさえ思い出せないのに・・・

ま・とにかく、クソ暑い頃ですわ。

clover

俳句の歳時記は旧暦を元に作られていますので、現実とはおおきな季感のズレが生じるのでございます。

それで、新たなる新暦(太陽暦)にあわせた歳時記を作ろうという話が持ち上がっています。

おたま、これに 「反対」ですねん。

むしろ、この国の暦を

「陰暦」にもどしていただきたい!

野田新政権に強く望むところでございます。

clover

この件に関するおたまの主張を述べはじめると、4・5日かかるので止めておきますが、

月の満ち欠けで農作業の段取りをきめていた農耕民族の血が濃厚にさわぐのです。
(ちょっと、しゃれが、はいりました。拾うてや)

天の理(ことわり)にしたがって、時を刻んでいたものを、人間の使い勝手で一年を12ヶ月に割ってしまった・・・これが誤りの全てです。

お月さんに従って暮らす・・・

「明るくなったら起きて働いて、暗くなったら寝る」

こんな人間らしさを取り戻すには「陰暦」に戻すしかありません。

いるもの、いらないものがきっぱりと見えてくるはずです。

無駄な電気はいらんのです。

clover

そんなことを、無駄に電気使ってPCしながら
考えております。

おはぎ、たべよ~っと。



|

« ワケアリ・垣間見る | トップページ | 荒療治美容法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つい4.5日前 藤村原作の映画 夜明けまえの中に百姓は陰暦で農業をしているからと主人公がお上に訴えに行く場面を見たばかりです。毎年 桃の花が自然に咲くのを見ると 新暦の暦とのずれを感じます。

投稿: youko | 2011年9月20日 (火) 20時59分

「テルテルが騒ぎ目覚める今朝の秋」リメークダンボ。
正真正銘「秋の朝」秋も春も立つことなく(>_<)
陰暦戻し結構ですね。おたまさん狩猟民族や思ってたらええこといわはります、陰気に傾くダンボにピッタリ?
違います。
節句の行事の時差にまだ腹立ちますね!
オヤ立った?

投稿: OSダンボ | 2011年9月21日 (水) 06時34分

baseballyoukoさん
月の運行にしたがって暮らすのは先人の知恵ですね。
朔(新月)を1日とし、望(満月)へと移る・・・
キリストの割礼日を1月1日にしたグレゴリオ暦を使うのは、本当に近年になってからなのです。

baseballダンボさん
結局は人間が自然(月)を軽んじてしまったということではないでしょうか。
乾坤一擲、宇宙の理を忘れて・・
んな・・大層な!

baseballshadowさん
あなたの、人生の何のお役にも立ちませんがこれからも、よろぴく。

投稿: おたま | 2011年9月22日 (木) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/41746908

この記事へのトラックバック一覧です: 月見れば・・・:

« ワケアリ・垣間見る | トップページ | 荒療治美容法 »