« 面白い話 | トップページ | 月見れば・・・ »

2011年9月19日 (月)

ワケアリ・垣間見る


baseballbaseball


「ワケアリ」と聞いて
割れせんべいを想起した、あなたは・・あ・お・い

「ワケアリ」といえば、そりゃあ!
ナニでしょう・・

clover

0000000957031
↑大沢家政婦紹介所の石崎秋子さん

ほどではないけど、コレだけ生きてりゃ、色々と垣間見ちゃうわけですわ。
平凡な未亡人おたまでも・・・
clover

    「病室の四人四つの秋灯」 おたま

   (ビョウシツノヨニンヨッツノアキトモシ) 季語・秋灯

アレは、三年前。

おたま、どってこと無い手術で入院していましたの。

数日後、向かいのベッドに
アラカンレディが入院してこられました。
病院と自宅が近いらしく、下校途中の可愛いお孫ちゃんがいつもランドセルしょって、お見舞いにやって来ました。
その子のママらしい、娘さんやら、も一人の娘さんやら、息子さんやら、お婿さんやら、入れ替わり立ち代りのお見舞いです。

もちろん、ご主人様も。

と、思い込んでいたら・・・

「ご主人様」は他の家族が(どうも)知らない「パパ」だったのです。

clover

別にさ。聞き耳たてているわけじゃないけど
きこえちゃうんだもん。

clover

おたまったら、家族ご一同とパパが鉢合わせするんじゃないかと、ハラハラハラハラ・ドキドキドキドキで、自分の体どころじゃなかったです。

ところが、彼女の治療がこの病院の手に負えないことが判明して急遽、大きな病院へ移ることになったのです。

「えっ!今すぐですか?」

「はい。救急車で行ってもらいます」
「ご家族にはこちらから連絡します」

「えっ~~」

clover

よっぽど、カーテンをひきちぎって

「この、おたまにまかせなさい!あの方には必ずおつたえしますぅ~~」と言ってあげたかった。

でも、そんなこと、言えるわけないし・・・

おたまも、翌日退院だったし・・・。

clover

お二人は、その後、いかなる運命を辿られたのでしょう。

あの、バブリーな不動産屋風のパパの声が耳に残って離れません。

 「も~~心配したがな~~
   どこに、行ってしもうたんやろって~~~」

24金のブレスレットが目に焼きついています。

  ・・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・

「見たんかい!」

はい。カーテンの隙間から・・・eye



|

« 面白い話 | トップページ | 月見れば・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/41616286

この記事へのトラックバック一覧です: ワケアリ・垣間見る:

« 面白い話 | トップページ | 月見れば・・・ »