« 不思議・夢 | トップページ | ほおずき »

2011年8月22日 (月)

親衛隊



確か、6年生の時だったと思います。
当時、博多人形のような可愛い顔して、博多に住んでいました

言うとくけど
博多福岡は違います!そこんとこ夜露死苦

同じクラスのM子ちゃんが
「こんど、知り合いのお姉さんが歌手になるので応援してね」といいました。

教室の真ん中に女子が集まってきました。

お姉さんは19歳で、宝塚の生徒さんだったけど、渡辺プロから「ボサノバ娘」という歌でデビューをするのです。

私達は、M子ちゃんが貰ったサインをパラフィン紙に写し取り、サインの練習をしました。
上手になった子から黒板に書いていきました。

写真でお姉さんの着ているワンピースの真似をして
パニエ(スカートを美しく広げるための下着)の代わりに、新聞紙を入れてスカートを広げました。

お姉さん直伝の「マッシュポテト」という踊りをM子ちゃんから教わり、教壇の上で踊りました。

みんな、真剣でした。

教室はしばらく、お姉さんの話題で持ちきりになり、私達の力で何とか盛り立てねばと話し合ったものです。

その後、お姉さんは、
今では、オールデイズなどといわれますが、60年代に流行った「洋楽ポップスに日本語の歌詞をつけた歌」などを歌い

中尾ミエ・伊藤ゆかり・園まりの三人娘+アルファの
アルファみたいなポジションだったので

なんとか、「園まり」あたりと入れ替わってもらえないかと願っていましたが、
「こんにちわ赤ちゃん」という歌でビッグタイトルを手にされ、天皇さんの前でも歌いました。

その後の活躍は周知のとおりです。

「梓みちよさん」

我等、5年4組の女子は(きっと今でも)あなたのサインが書け、「マッシュポテト」が踊れます。

M子ちゃんの真似をして(きっと今でも)「みっちょちゃん」と呼んでいると思います。

夕日で真っ赤に染まった放課後の教室で、
貴女の成功を祈り、
サインの練習をし
新聞紙のパニエをガサガサいわせながら、
トランス状態で踊り狂った日々を

 

懐かしく、可笑しく、思い出しています。


 


|

« 不思議・夢 | トップページ | ほおずき »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

興味深く読みました。
子供のときにテレビの「ザ・ヒットパレード」を見ていた僕としては、ブログ記事を「宝塚の生徒さんだったけど」あたりまで読んで、どこかで聞いたことのある人物の話だと思ったのですが、そこからは思い出せなくて、そう「梓みちよさん」でした。

子供のころの僕に絶大な影響を与えているいとこ(本人はそのことをまったく自覚していない)が、梓みちよとダークダックスの出演しているテレビ番組のファンで、僕もその番組で唄っていた梓みちよをよく見ていました。
「 ♪ ねんねのねむのき子守唄・・・」と、美智子妃殿下の作詞された歌を番組で唄ってました。その歌と映像を記憶しています。

ところで、やはりおたまさんはtwitter(いまさら)には食指が動きませんか。思うにtwitterは日本人に合っている気がする。無料(笑)なのだから、おたまさんも試すだけ試してみたら?

最近、僕がネットで読んで感心したtwitterについて書かれた記事。
http://blog.tatsuru.com/2011/07/31_1658.php

投稿: ふぁらんくす | 2011年8月22日 (月) 10時33分

懐かしいな~~あの時代!
時代に乗り遅れがちの私でさえパニエ、はいてましたもん。それも3枚くらい。
お決まりのポニーテールもしてましたわ。
電車やバスに座るとき、ガサガサって、両脇に抑え込んでね。
ウエストはサッシュベルトして。
親友のおばあちゃんが、まあ、この子はお腹にワカメまいてるようだ、って!!

ねえ、私も、ツイッターあるのよ。だれもみてないけど。

投稿: こく | 2011年8月22日 (月) 21時39分

ふぁらんくすさん。
そうそう、小島正雄さんが司会をされていた番組ですね。ダークダックスといい、上品でしたね。

twitterですが、内田樹のブログ「お気に入り」に入れているのに読んでいませんでした。
たぶん、twitterを始めたら、ブログをやらなくなると、思います。
試すだけ試してみてたぶんハマルでしょうね。

一人だけチェックしているのが、「横尾忠則」のtwitterです。物足りないので「日記」も覗いたら、これがおもしろいので、こんなスタイルもいいなと思っています。

投稿: おたま | 2011年8月23日 (火) 09時30分

こくちゃん
知ってるよtwitter。でも全然更新してないじゃん。もっとつぶやいてちょ。

若かりし頃の、こくちゃん。
ぜ~ったい。カワイカッタ(過去形)と思います。ブイブイやってたのでせうね。

投稿: おたま | 2011年8月23日 (火) 09時36分

親衛隊といえば21日に行った平原綾香のコンサート。
親衛隊?のすぐ後ろの席。ペンライトは持ってないし、立ったら膝痛いし、お祭り男のダンボももっぱら観察側に・・・綾香の親衛隊は中年男性が圧倒的に多い、
若向けしない歌、だからダンボの胸にもギンギン響くんだな~と決めつけました。
懐かしい「梓みちよ」さんが出てきたので「こんにちわ赤ちゃん」を「こんにちわテルちゃん」にして歌おうと、インターネットカラオケを開いたのですが、「みちよ」さんの歌は11曲あっても「赤ちゃんは」なし。ガクッ

投稿: osダンボ | 2011年8月23日 (火) 11時16分

ダンボさん
そうなんですか。中年男性ねえ・・。
AKB48じゃ疲れますものね。
でも、ペンライトで立つのですよね。
お金払ってて、席に座らないんですね、わからんです。

投稿: おたま | 2011年8月24日 (水) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親衛隊:

« 不思議・夢 | トップページ | ほおずき »