« アジャパー | トップページ | 不思議・体験 »

2011年8月16日 (火)

お盆


baseballbaseball


今日のお花
11815_006_3 ミニ胡蝶蘭

clover

花言葉
やってくる幸せ
変らぬ愛

clover

clover

 

ああ、やれやれ。

ひっちゃんご一行様が帰っていきましたよ。
茄子の牛に乗ってね。

苧穀(おがら)を盛大に焚いて見送りました。

こういう場合は「いってらっしゃい」というのでしょうか
「また来てね」というのでしょうか。

浄土真宗はそもそも「お盆」「お彼岸」という概念がないのです。
お盆でも特別なことはしなくても良い。といわれます。
そのわりには、おじゅっさん。忙しく走り回っておられます。

でも、セレモニー好きのひっちゃんのために、一応、おばあちゃんがやっておられたように、お盆を過ごします。

「盆の棚姑せし通り整へり」 おたま

13日は、お仏壇をきれいに掃除して、盆提灯をだします。
盆棚には、蓮の葉っぱの上に載せた、お野菜。乾物、果物、お菓子、お酒やジュース類、など、(後で自分の食べたいもの)をお供えします。
「お迎え団子」は基本的におたまが食べたいものにしています。
往路の胡瓜の馬。復路の茄子の牛も作ります。

おじいちゃんには、皮付きピーナッツ。
おばあちゃんには 乳ボーロ
ひっちゃんには 満月ぽんとセブンスター

を、忘れてはいけません。
セブンスターって420円もするのね。ビックリしました。

それで、涼しくなってから、お墓に行き、掃除とお参り。
家に帰って、迎え火を焚きます。

ここらあたりでは、門口に「盆提灯」はだしません。
新興住宅地だからね。

子どものころの博多では、玄関に盆提灯を出し、仏さんが飲みに来るからといって、門口に打ち水をしました。

3日間、我が家に滞在していただいて、15日の夜に「送り火」をします。

以前は行政の方で特別に「盆飾り」の回収をしてくれましたが今はありません。「川に流さないで下さい」ということだったのでしょう。

だから、今ではどうしても処分出来ないものは半紙にくるんで、お塩で清めてゴミに出します。

clover

今年から、新妻・真綿ちゃんが参入したのですが、
けな気にも、「長男のヨメ」と思ってか、真剣に取り組んでいるので、
「テキトー。テキトー。決まりごとなんか何もないから」と言っておきました。

だって、おたまも、おばあちゃんが居る頃は「おまかせ」でな~んにもしなかったもん。

 「盆の月増えし家族と見てをりぬ」 おたま

clover

真綿ちゃんは2連休しか取れなかったので、最後の一日は長男が一人で垣根の剪定と、換気扇の掃除をしてくれました。

おたまは、ヨボヨボのばあさんのふりをして任せておきました。

ついでに網戸の張替えもして欲しかったけど、
これは、秋にでも、
又ヨボヨボのふりをして、頼むことにします。



|

« アジャパー | トップページ | 不思議・体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヨボヨボのふりなんかしなくったって、
むすこからみたら、よぼよぼなのさ。
自分で思っているより、ずっとお婆さんだと思っていますよ息子は。

投稿: こく | 2011年8月16日 (火) 08時35分

baseballこくちゃん。
え~~~!「ふり」をしなくてもOKなの?
まだ、逆上がりくらいは、やって見せてあげる自信があるんだけどな。

baseballshadow
ハイハイ。どうせそうですよ。コラッ!

投稿: おたま | 2011年8月17日 (水) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/41216663

この記事へのトラックバック一覧です: お盆:

« アジャパー | トップページ | 不思議・体験 »